iPadやiPhoneのBluetoothキーボード

Bluetoothキーボード

iPadやiPhoneでBluetoothキーボードを使うと長文入力がだいぶ楽になります。

修飾キー

修飾キーとは^ Controlなど、通常のキーと同時に押すことで、入力される内容を変化させるキーです。

iPad/iPhoneの修飾キーはMacと同じですが、AndroidやWindowsとは異なります。

iPad / iPhone / Mac Android / Windows
^ ControlCtrl
⌘ CommandWin
⌥ OptionAlt

iPad/iPhoneだけでなくAndroidやWindowsにも使えるキーボードの中には⌘ Commandのような刻印がないものがあります。

そうしたキーボードでは上の表のようにWin⌘ Commandになります。

修飾キーの配置を変更する

打ちやすいキーボードでも修飾キーの配置が気に入らないことはよくあります。

そんな場合は修飾キーの配置を変更できます。

変更するにはBluetoothキーボードが接続された状態で「設定」-「一般」-「キーボード」-「ハードウエアキーボード」を開き、「修飾キー」をタップします。

ハードウエアキーボード

「修飾キー」画面で変更したい修飾キーをタップします。修飾キー以外にCaps Lockも変更できます。

修飾キー

割り当てるアクションをタップします。「アクションなし」を選ぶと修飾キーが無効になります。

修飾キー
スポンサーリンク

日本語配列と英語配列

日本で売られているキーボードには大きく日本語配列(JIS)キーボードと英語配列キーボードがあります。

日本語配列と英語配列ではアルファベット(A〜Z)と数字の配列は同じなのですが記号の配列が大きく異なります。

iOS(iPhone/iPad)がサポートしているのは英語配列のみで日本語配列はサポートしていません。

iPhoneにApple純正以外の日本語配列のキーボードを接続しても英語配列と認識されます。

具体的に何が起こるかというと日本語キーボードの各キーの刻印どおりの記号入力ができず、英語配列での記号が入力されます。

例えばiOSに接続した日本語配列キーボード(Apple純正以外)でSHIFT + 8で記号「(」を入力しようとします。

しかし、実際に入力されるのは「*」です。

そのため、普段、会社や自宅で日本語配列を使っている人が英語配列を使うと記号の入力で混乱してしまいます。

また、日本語配列キーボードに刻印されているJISかなでの入力も基本的にApple純正以外ではできません。

ただ、こちらについてはJISかなでなくローマ字で日本語入力する人がほとんどですので問題にはならないと思います。

日本語入力と英語入力の切り替え

英語配列のキーボードには日本語配列にあるような「かな」や「英数」といったキーがありません。

ではどうやって日本語入力と英語入力を切り替えるのかというと標準では Control + スペース です。

Control + スペースで下図の「設定」-「一般」-「キーボード」に設定されているキーボードが順番に切り替わります。

キーボード

Caps Lock言語切り替え

ただ、これには2つの問題があります。

  • Controlスペースの同時押しは煩雑。
  • Bluetoothキーボードで入力できない絵文字にも切り替わってしまう。

そのため、Caps Lockを押すたびに英語入力と日本語入力が交互に切り替わる設定もできます。

設定するにはBluetoothキーボードを接続した状態で「設定」-「一般」-「キーボード」-「ハードウエアキーボード」から「Caps Lock言語切り替え」をONにします。

Caps Lock言語切り替え

日本語配列を使いたいなら

前述の通り、iOSではApple純正以外の日本語配列がサポートされないため、日本語配列キーボードの選択肢は多くありません。

  • Apple純正の日本語配列キーボード
  • エレコムのiOSモード

Apple純正の日本語配列キーボード

Apple純正のMagic KeyboardならiOSで日本語配列が使えます。

また、ローマ字入力ではなくJISかな入力することもできます。

かなで日本語入力、英数で英数字入力に切り替わります。

モバイルキーボードではありませんが、サイズは大きくないため以下のようなケースに入れれば持ち運びも十分可能です。

ただ、ケースとキーボードを合わせるとそれなりの重量になりますが・・・。

エレコムのiOSモード

エレコムのキーボードにはiOSで日本語配列通りの記号が入力できるiOSモードを持つ製品があります。

ただし、iOSモードが対応しているのは記号だけでJISかなには対応していません(前述の通りローマ字入力なら問題になりませんが)。

変換で日本語入力、Fn+変換で英語入力に切り替わります。

持ち運びやすさを重視するなら折りたたみ型のTK-FLP01BK。

キーボードケースはiPhoneスタンドとしても使えます。

ただ、キーボードの中央で折りたたむため、中央付近のBVYなどの位置がちょっと特殊で慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

据え置きならTK-DCP01BK。

モバイルにはまったく向きませんが、据え置きで使うなら打ちやすくおすすめです。

iPhoneのスタンドにもなります。

フルキーボードアクセス

Bluetootキーボードを使う場合、iPad/iPhoneはスタンドなどに立てかけることになりますが、その状態で画面タッチで操作するのは億劫です。

それを解決する方法は2つあります。

  • マウスかトラックパッド
  • フルキーボードアクセス

マウスかトラックパッドについては以下の記事を参照ください。

「フルキーボードアクセス」とはキーボードだけでiPad/iPhoneを操作できる機能です。

有効にするには「設定」-「アクセシビリティ」-「キーボード」-「フルキーボードアクセス」をONにします。

フルキーボードアクセス

標準では以下のようなショートカットでiPad/iPhoneを操作できます。

操作 ショートカット
ヘルプ Tab + H
アクティベート Tab + スペース
順方向に移動 Tab
逆方向に移動 Shift + Tab
上に移動
下に移動
左に移動
右に移動
操作 ショートカット
Appスイッチャー Tab + A
戻る Tab + B
検索 Tab + F
コントロールセンター Tab + C
通知センター Tab + N
画面をロック Tab + L

基本的にはTabやカーソルキーで画面のボタンなどを選択し、スペースでアクティベート(画面タップとほぼ同じです)することでiPad/iPhoneを操作します。

文字入力と併用できるようにする

スペースやカーソルキーなどは文字入力でも使うため、フルキーボードアクセスの標準設定では文字入力と併用できません。

文字入力と併用できるようにするにはショートカットをカスタマイズする必要があります。

カスタマイズするには「フルキーボードアクセス」画面で「コマンド」をタップします。

フルキーボードアクセス

「コマンド」画面で変更したいショートカットをタップします。

コマンド

置き換えるキーの組み合わせを打鍵します。

キーボードショートカット

例えば、以下のようにカスタマイズすればTab以外の文字入力となら併用できるようになります。

操作 ショートカット
アクティベート Tab + スペース
最初に移動 (消去)
最後に移動
上に移動 Tab +
下に移動 Tab +
左に移動 Tab +
右に移動 Tab +

アプリ固有のショートカット

ややこしいのですが、フルキーボードアクセスをONにしなくても使えるアプリ固有のショートカットもあります。

フルキーボードアクセスとの違いは以下です。

  • カスタマイズできない
  • アプリによって使えるショートカットが異なる
  • ヘルプがない

汎用的なショートカット

多くのアプリで使える汎用的なショートカットは以下です。

操作 ショートカット
ホーム + H
Spotlight検索 + スペース
すべて選択 + A
コピー + C
ペースト + V
カット + X
スクリーンショット + + 3

ブラウザ

SafariとChromeでは以下のショートカットが使えます。

操作 ショートカット
戻る + [
進む + ]
下へスクロール スペース
上へスクロール Shift + スペース

Evernote

操作 ショートカット
新規ノート/ノートブック + N
ノートを閉じる + W
ノート情報を表示 + + I
タイトルを編集 + L
太字 + B
イタリック体 + I
アンダーライン + U
取消線 ^ + + K
ハイライト ^ + + H
チェックボックス + + T
箇条書きリスト + + U
番号付リスト + + O
リスト階層を増やす + }
リスト階層を減らす + {
左揃え + + {
右揃え + + }
中央揃え + + |
+ + O
スポンサーリンク

打ちやすいキーボード

Bluetoothキーボードはサイズを小さくするためにキーピッチを狭くしたり、キーを省略しているものが多くあります。

しかし、やはり打ちやすいのはキーピッチが広くキー数が多いキーボードです。

持ち運び時のサイズが気になるのであれば折りたたみタイプがあります。

コメント