iPad/iPhoneのBluetoothキーボード(JIS日本語配列)

Bluetoothキーボード

iPad / iPhoneでは日本語配列で使えるBluetoothキーボードが限られます。

キーボードの刻印通りの記号を入力できない

日本で売られているキーボードには大きく日本語配列(JIS)キーボードと英語配列キーボードがあります。

日本語配列と英語配列ではアルファベット(A〜Z)と数字の配列は同じなのですが記号の配列が大きく異なります。

iPad / iPhoneに日本語配列のBluetoothキーボードを接続しても一部の製品(後述)以外は英語配列と認識されてしまいます。

そのため、キーボードの刻印どおりの記号入力ができず、英語配列での記号が入力されます。

例えば日本語配列キーボードでSHIFT + 8で記号「(」を入力しようとします。

しかし、実際に入力されるのは「*」です。

これでは普段、パソコンで日本語配列を使っている人だと混乱してしまいます。

JISかな入力

JISかな入力とはローマ字入力でなくJIS日本語配列キーボードに刻印されている「ひらがな」の通りに入力する方法です。

このJISかな入力は一部のキーボード(後述)以外ではできません。

対応するキーボードでJISかな入力するにはBluetoothキーボードを接続した状態(未接続だとメニューが表示されません)でiPad/iPhoneの「設定」-「一般」-「ハードウエアキーボード」を「日本語 – かな入力」にします。

かな入力

iPadケース一体型のキーボード

AppleのiPadケース一体型のキーボード、ロジクールの一部のiPadケース一体型キーボードは日本語配列に対応しています。

また、ローマ字入力だけでなくJISかな入力することもできます。

かなで日本語入力、英数で英数字入力に切り替わります。

Mac用のMagic Keyboard

Mac用のMagic KeyboardはiPad / iPhoneで日本語配列、JISかな入力に対応しています。

前述のケース一体型キーボードにはiPad miniとiPhoneに対応する製品がありませんが、このMac用Magic KeyboardであればiPad miniとiPhoneでも使えます。

モバイルキーボードではありませんが、サイズは大きくないため以下のようなケースに入れれば持ち運びも十分可能です。

ただ、ケースとキーボードを合わせるとそれなりの重量になりますが……

エレコムのiOSモード

エレコムのBluetoothキーボードにはiPad/iPhoneで日本語配列通りの記号が入力できるiOSモードを持つ製品があります。

ただし、iOSモードが対応しているのは記号だけでJISかな入力には対応していません(前述の通りローマ字入力なら問題になりませんが)。

変換で日本語入力、Fn+変換で英語入力に切り替わります。

持ち運びやすさを重視するなら折りたたみ型のTK-FLP01BK。

キーボードケースはiPhoneスタンドとしても使えます。

ただ、キーボードの中央で折りたたむため、中央付近のBVYなどの位置がちょっと特殊で慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

据え置きならTK-DCP03BK。

モバイルにはまったく向きませんが、据え置きで使うなら打ちやすくオススメです。

iPad/iPhoneのスタンドにもなり、トラックボールによるiPad/iPhoneの操作もできます。

EwinのiOSモード

Ewinにもエレコム同様、iOSモードを持つBluetoothキーボードがあります。

こちらはかな入力も可能です。

変換で日本語入力ON、Fn+変換で日本語入力OFFです。

折りたたみ式もありますが右SHIFTがなく、Enterも小さいです……

KB-LT-KANA-JIS

BluetoothでなくLightningケーブルで有線接続する珍しいキーボードです。

有線接続はBluetoothに比べて充電や接続設定が不要というメリットがあります。

ただ、iPhoneもiPadもLightning端子が下部にあるため、ケーブルを接続すると縦置きは難しくなります。

コメント

  1. ガジェット爺 より:

    はじめまして。
    本サイト、とても参考になりました。
    ありがとうございます。

    ところで、iPadOS15へのアップデート後、ロジクールのCOMBO TOUCH日本語JIS配列キーボードケースは、US配列と誤認識されてしまう様になりました。

    私は、現在、ロジクールさんのサポートを受けている最中なのですが、昨日の返信では、ロジクールさんとアップルさんとで、問題の情報共有したとのことで、そう遠からず、iPadOS、若しくは、キーボードケースのファームアップで、解決されるのではないかと期待しているところです。
    ちょっと、お知らせまで。