iPhoneでキーボードとマウスを使う

Bluetoothキーボード

iPhoneにBluetoothキーボードとマウスを組み合わせると、iPhoneでの長文入力や資料作成がだいぶ楽になります。

スポンサーリンク

iPhoneは縦置き

Bluetoothキーボードを使う場合、iPhoneはスタンドなどに立てかけることになります。

これがiPadであれば横置きでもいいのですが、iPhoneは以下の理由により縦置きがおすすめです。

  • ホーム画面が横表示に未対応
  • Face IDが横置きに未対応
  • 横画面では使いづらいアプリが多い

ホーム画面が横画面に対応していない

Bluetoothキーボードを使っていてもアプリの起動などでホーム画面はよく使います。

iPhoneを横置きしていると、横表示に未対応のホーム画面は90度回転して表示されます。

ホーム画面の操作なんて単純だから表示が回転していてもいいんじゃない?

と考えるのは甘いです。

後述するマウスやタッチパッドのポインタ移動もホーム画面では90度回転しているのです。

つまり、横置きではホーム画面をマウスやタッチパッドを事実上、操作できません。

Face IDが横置きに未対応

iPhoneはしばらく操作しないとロック状態になります。

縦置きならFace IDで簡単にロック解除できるのですが、横置きだとFace IDでは認証できないのです。

そのため、横置きだとロックするたびにパスコードを入力する羽目になります。

パスドードの入力はBluetoothキーボードでもできるのですが面倒です。

横画面では使いづらいアプリが多い

iPhoneのアプリは横画面では使いづらいものが多いです。

横画面で使うのは動画アプリくらいだからでしょうか・・・。

縦置き用の方法

iPhoneを縦置きする方法はいくつかあります。

  • 縦置きスタンド付きのBluetoothキーボード(詳細は後述)
  • 縦置きスタンド付きのiPhoneケース
  • iPhone縦置きスタンド

マウスかタッチパッドで操作

スタンドなどに縦置きしたiPhoneを画面タッチで操作するのはかなり億劫です。

そのためBluetoothキーボードを使う場合、画面タッチでなくマウスかタッチパッド(タッチパッド搭載のキーボードがあります)でiPhoneを操作するのがおすすめです。

スクロール操作

マウスのホイールやタッチパッドの2本指スクロールなどでiPhoneの画面をスクロールさせることができます。

ただし、そのスクロール方向はMacと同じでWindowsとは逆のため、Windowsを使っている人は戸惑うかもしれません。

マウスボタンやタッチパッド操作への機能割り当て

マウスボタンやタッチパッド操作に以下の機能を自由に割り当てることができます。

  • シングルタップ
  • メニューを開く
  • 3D Touch
  • Appスイッチャー
  • SOS
  • Spotlight
  • アクセスビリティショートカット
  • コントロールセンター
  • シェイク
  • スクリーンショット
  • ダブルタップ
  • ピンチ
  • ホーム
  • 通知
  • 音声コントール
  • 音量を下げる
  • 音量を上げる
  • 画面の向きをロック
  • 画面の読み上げ
  • 画面をロック
  • 解析
  • 再起動
  • 消音
  • 長押し
  • 通知
  • Apple Pay

通常は「シングルタップ」をマウスの左ボタンやタッチパッドの1本指タップに割り当てます。

マウスの右ボタンやタッチパッドの2本指タップは「メニューを開く」に割り当てると、開いたメニューから別の機能を実行できます。

さらに中央ボタンや戻るボタンがあるマウスであれば、よく使う機能を割り当てると便利です。

持ち運びが苦にならないマウス

マウスが便利といっても通常のマウスだとiPhoneより大きくてかさばります。

持ち運び時にiPhoneより遥かに小さくなるマウスがこちらです。

日本語配列と英語配列

日本で売られているキーボードには大きく日本語配列(JIS)キーボード(写真上)と英語配列(US)キーボード(写真下)があります。

日本語配列と英語配列ではアルファベット(A〜Z)と数字の配列は同じなのですが記号の配列が大きく異なります。

日本語配列 英語配列
記号 ”SHIFT + 2SHIFT + ,
記号 &SHIFT + 6SHIFT + 7
記号 ‘SHIFT + 7
記号 ( SHIFT + 8SHIFT + 9
記号 ) SHIFT + 9SHIFT + 0
記号 = SHIFT + =
記号 ^ ^SHIFT + 6
記号 ~ SHIFT + ^SHIFT + `
記号 ¥ ¥\
記号 | SHIFT + ¥\
記号 ` SHIFT + @`
記号 @ @SHIFT + 2
記号 + SHIFT + ;SHIFT + =
記号 : :SHIFT + ;
記号 * SHIFT + :SHIFT + 8

iOS(iPhone/iPad)がサポートしているのは英語配列のみで日本語配列はサポートしていません。

iPhoneにApple純正以外の日本語配列のキーボードを接続しても英語配列と認識されます。

具体的に何が起こるかというと日本語キーボードの各キーの刻印どおりの記号入力ができず、英語配列での記号が入力されます。

例えばiOSに接続した日本語配列キーボード(Apple純正以外)でSHIFT + 8で記号「(」を入力しようとします。

しかし、実際に入力されるのは「*」です。

そのため、普段、会社や自宅で日本語配列を使っている人が英語配列を使うと記号の入力で混乱してしまいます。

また、日本語配列キーボードに刻印されているJISかなでの入力も基本的にApple純正以外ではできません。

ただ、こちらについてはJISかなでなくローマ字で日本語入力する人がほとんどですので問題にはならないと思います。

日本語配列を使いたいなら

前述の通り、iOSではApple純正以外の日本語配列がサポートされないため、日本語配列キーボードの選択肢は多くありません。

  • Apple純正の日本語配列キーボード
  • エレコムのiOSモード

Apple純正の日本語配列キーボード

Apple純正のMagic KeyboardならiOSで日本語配列が使えます。

また、ローマ字入力ではなくJISかな入力することもできます。

かなで日本語入力、英数で英数字入力に切り替わります。

モバイルキーボードではありませんが、サイズは大きくないため以下のようなケースに入れれば持ち運びも十分可能です。

ただ、ケースとキーボードを合わせるとそれなりの重量になりますが・・・。

エレコムのiOSモード

エレコムのキーボードにはiOSで日本語配列通りの記号が入力できるiOSモードを持つ製品があります。

ただし、iOSモードが対応しているのは記号だけでJISかなには対応していません(前述の通りローマ字入力なら問題になりませんが)。

変換で日本語入力、Fn+変換で英語入力に切り替わります。

持ち運びやすさを重視するなら折りたたみ型のTK-FLP01BK。

キーボードケースはiPhoneスタンドとしても使えます。

ただ、キーボードの中央で折りたたむため、中央付近のBVYなどの位置がちょっと特殊で慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

据え置きならTK-DCP01BK。

モバイルにはまったく向きませんが、据え置きで使うなら打ちやすくおすすめです。

iPhoneのスタンドにもなります。

英語配列でもよければ

英語配列でもよければ選択肢は多くなります。

フルサイズの折りたたみキーボード

折りたたみなど持ち運びが考慮されたBluetoothキーボードはキーピッチ(キーの相互の間隔)が狭かったり、一部のキー(特に数字キー)が小さかったりします。

パソコンで標準的なキーピッチ19mmを確保している折りたたみキーボードはそこそこあるのですが、数字キーが小さい製品がほとんどです。

そんな中、数字キーも含めてパソコンと同じフルサイズの折りたたみキーボードがこちらです。

ショートカット専用キー

iOSで使用する場合、キーボードの最上段のキーは左から順番に以下のようなショートカット専用キーになります。

  • ホーム
  • 検索
  • すべて選択
  • コピー
  • ペースト
  • カット
  • 前の曲
  • 次の曲
  • 音量を下げる
  • 音量を上げる
  • ロック

こうしたショートカット機能は通常、commandfnとの同時押しが必要です。

同時押しなしでショートカットを実行できるのは地味に便利です。

折りたたみ式タッチパッド搭載キーボード

タッチパッド搭載のキーボードはマウスを持ち運ばなくてもすみ、マウスが使えない狭い机でも使えるメリットがあります。

タッチパッド上で2本指を上下にスライドさせるとiPhoneの画面をスクロールできます。

また、このキーボードをiPhoneに接続すると3つのボタンが認識されます(下図)。

タッチパッドの1本指タップがボタン1に相当します。

1本指タップ(ボタン1)には通常、「シングルタップ」を割り当てます。

ボタン2は2本指タップで好きな機能を割り当てられます。

ボタン3にはなぜか関連するタッチパッドジェスチャが見つかりません。

財布型折りたたみ式キーボード

折りたたむと財布のようになるキーボードです。

iPhoneのスタンドも付属しています。

ロジクール ウルトラポータブルキーボード

iOS専用のキーボードです。

最上段がショートカットキーになっていて、fnなどの同時押し不要で以下のショートカット機能を実行できます。

  • ホーム
  • アプリ切り替え
  • 検索
  • 入力言語切替
  • キーボード表示・非表示切替
  • 画面キャプチャ
  • メディア(再生・次・前)
  • 音量

iPhoneスタンドも付属しています。

防水なので飲み物をこぼしたりして汚れても拭き取ればよいため、気軽に持ち運べます。

キーボード & マウスコンバーター

iPhoneとBluetoothで接続するキーボード & マウスコンバーターです。

コンバーターには好きなUSBキーボードとUSBマウスを接続します。

自宅に据え置きしてデスクトップ用の大きくて使いやすいキーボードとマウスを使うにはいいかと。

コメント