ポメラ DM30とかDM200とか

ポメラ DM30

仕事で外出先、つまりモバイルである程度の量の文章を書いています。

そんなテキスト書きにとって気になるガジェットとしてキングジムのポメラがあります。

ポメラの何がいいのか?

ノートパソコンでももちろんテキスト入力はできます。

しかし、モバイルである程度の量の文章を執筆するとなるとやはりポメラなのです。

その理由は6つあります。

  1. 軽い
  2. 小さい
  3. まともなキーボード
  4. すぐに使える
  5. 電池の心配がない
  6. 価格が安い(最新モデルにはあてはまらない?)
デジタルメモ「ポメラ」DM30 紹介ムービー

軽い

常に持ち運び、機会があれば文章を執筆する。

そのためにはカバンに入れても重量を感じないほど軽い必要があります。

ポメラは最も重いDM200でも580gで、カバンに入れてもカバンが重くなるという感覚はありません。

小さい

常に持ち運び、機会があれば文章を執筆する。

そのためにはカバンの中で場所を取らないサイズである必要があります。

2010年2月発売のDM5まではキーボードを折りたたむことで小型化を実現していました。

2011年11月発売のDM100では折りたたみキーボードではなく、ノートパソコンのようなクラムシェルになりました(それでも画面が小さいためノートパソコンより遥かに小さいサイズになります)。

しかし、2013年3月発売のDM25で折りたたみキーボードに戻り、

2016年10月発売のDM200では再度クラムシェルと、ちょっと迷走していた感があります。

そして最新機種となるDM30ではまたまた折りたたみキーボードが採用されました。

まともなキーボード

ポメラDM5の登場当時、小型・軽量のノートパソコンにはまともなキーボードを備えたものがありませんでした(過去形に注意)。

  • キー配列が変則的で慣れが必要
  • 省略されているキーが多い
  • キーピッチが狭くて打ち間違えやすい

それに対し、ポメラはまともなキーボードを備えていました。

すぐに使える

ポメラは折りたたみキーボードを展開するのに若干手間はかかるのですが、電源オンして数秒でテキスト入力を始められました。

電池の心配がない

2013年3月発売のDM25までポメラのバッテリーは単4乾電池2本で20時間使えました。

電池がなくなったら新しい乾電池を買って入れ替えればいいのでノートパソコンのような電池がなくなる心配をする必要はありません。

DM200では乾電池ではなく充電式となってしまったもののDM30で乾電池に回帰しています。

価格が安い

DM25までは定価で20,790円(DM5)〜37,800円(DM100)のレンジ、発売後しばらくすれば30,000円あれば買えました。

社員にノートパソコンを支給してもポメラのようなテキスト入力専用機を支給する会社は少ないと思います。

仕事で使うのにもかかわらず個人で購入した人は多いのではないでしょうか。

そのため、価格の安さはとても重要です。

DM200で定価は49,800と跳ね上がってしまいましたが、DM30では43,000円と少しだけ安くなりました。

しかし、DM100自体に比べると割高感は否めません。

DM30の画面は電子ペーパー

DM30では画面に液晶ではなく電子ペーパー(eink)が採用されています。

電子ペーパーはバックライトがないため、液晶より目に優しいことは多数の電子ペーパー端末を使ってきた経験からよくわかります。

電子ペーパー(e-ink)の端末比較

タブレットやパソコンの液晶画面で電子書籍を読むと紙の本と比べて目がとても疲れます。

原因は液晶のバックライトを見つめ続けることにあるようで、電子書籍を液晶タブレットでなくバックライトがない電子ペーパーで読むようにしてからまるで...

しかし、電子ペーパーには描画速度が遅いという問題があるため、タブレットやパソコンのディスプレイを単純に電子ペーパーに置き換えるのは非常に難しいものがあります(詳細は以下の記事をどうぞ)。

e-ink(電子ペーパー)のAndroid端末

e-ink(電子ペーパー)のディスプレイはそれ自体は発光せず、ブルーライトを出さないなためか、液晶ディスプレイと比較して目が疲れません。

中国のメーカーがディスプレイとしてそのe-inkを採用したAndroid端末を製造してい...

Paperlike Proのレビュー

パソコンで長時間仕事をしていると本当に目が疲れます。

眩しい液晶画面を見つめ続けるのですから当然です。

目薬とかブルーライトカット眼鏡とか試してみましたが、どれも気休め程度でした。

パソコンによる目の疲れの究極の解...

期待はずれだったポータブック

DM200が発売される前、2016年2月にキングジムからポータブック(XMC10)という製品が発売されました。

830gと軽量にもかかわらずフルサイズキーボードを備え、キーボードを折りたたむことでコンパクトに持ち運べるというノートパソコンです。

あのポメラの開発元であるキングジムのノートパソコンということで何度もポチりそうになりました。

しかし、冷静に考えると前述のポメラのいいところがすべて継承できていないのです。

ポメラのいいところポータブック
軽い
小さい
まともなキーボード
すぐに使える
電池の心配がない
価格が安い☓ → ◯

価格は暴落

ポータブックはオープンプライスですが、発売直後は9万円前後という価格でした。

それが現在はこんな価格になっています。

小型・軽量でまともなキーボードを備えるにもかからず、価格がここまで暴落した理由は以下だと思われます。

  • ストレージが32GBしかないため、Windows Updateができない場合がある。
  • Windowsに8インチ1,280×768のディスプレイは狭すぎる(テキスト入力専用なら広すぎる位ですが)。
  • 電池がカタログスペックで5時間しか持たない。

Surface Goでいいんじゃないの?

前述の通り、DM5の発売当時には小型・軽量のノートパソコンにはまともなキーボードを備えたものがありませんでした。

ポータブックは期待外れでした。

しかし、2018年8月にキーボード込で765gのSurfaceが発売されました。

Surface GoとiPad Proの比較

Surface Proもパソコンとしてもタブレットとしても使える便利な2in1ですが、12.5インチの画面サイズは普段使いのタブレットとしては重くてデカいのです。

でお絵かきをするなど机で使うタブレットとしては...

まともなキーボードを備え、ポメラほどではありませんが小型・軽量です。

ポメラのメリットが「テキスト入力以外できないこと」とか言われてしまうと、もうSurface Goでいいんじゃないかと思えてきます。

ポメラのいいところ DM30 Surface Go
+ タイプカバー
軽い 約500g
(電池込)
765g
小さい15.6cm × 12.6cm 24.5cm × 17.5cm
まともなキーボードキーピーチ17mm
すぐに使える
電池の心配がない
価格が安い
Surface Go タイプカバー
マイクロソフト
スポンサーリンク
Windows
備忘録

コメント