拡張ローマ字入力AZIKの互換性

仕事でそれなりの量の文章を書く人ならパソコンでの執筆速度を少しでも速くしたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

ローマ字入力とは

パソコンで日本語を入力する時、ほとんどの人は「ローマ字」で入力します。

日本で販売されているほとんどのパソコンのキーボードには「ひらがな」が刻印されているにもかかわらず、ほとんどの人はそれらを無視しアルファベットで入力した「ローマ字」を「ローマ字変換」によって、ひらがなに変換しています。

ヘボン式と訓令式

日本語で俗にいう「ローマ字」とはアルファベット(ラテン文字)で表記された「ひらがな」のことです。

しかし、一口にローマ字と言ってもその表記にはいくつもの種類がありますが、現在使われている表記は大きくヘボン式と訓令式に別れます。

例えば「ちば」はヘボン式では「CHIBA」ですが、訓令式では「TIBA」になります。

学校で習うローマ字は訓令式です。

しかし、訓令式の「TIBA」は「ちば」ではなく英語的に「てぃば」と読みそうになってしまいそうだからか、道路標識などでよくみかける表記はヘボン式です。

早い話、ローマ字は統一されておらず、どの表記を使うべきなのか混沌とした状況だということです。

ローマ字入力は訓令式で

ではパソコンなどでのローマ字どのローマ字表記で入力するのでしょうか?

実は一般的なヘボン式と訓令式のどちらでも入力できるようになっています。

CHIBAと打鍵してもTIBAと打鍵しても両方とも「ちば」となります。

ではローマ字入力ではヘボン式と訓令式のどちらがいいのでしょうか?

英語表記に近く街なかでよく見かけるヘボン式でしょうか?

それとも学校で習う訓令式でしょうか?

いろいろな意見があるとは思いますが、おすすめは訓令式です。

「ち」を入力するのにヘボン式でCHIと3打鍵するのと訓令式でTIと2打鍵するのではどちらが速いか?

当然、2打鍵の訓令式のほうです。

ローマ字入力とJISかな入力の比較

ローマ字入力では打鍵数の少ない訓令式でもひらがな1文字を入力するために基本的に子音キー(A/I/U/E/O以外のキー)と母音キー(A/I/U/E/O)の2打鍵が必要です。

例えば、「こんにちは」の5文字をローマ字入力するためにはKONNNITIHAの10打鍵が必要になります。

ローマ字入力を1打鍵でひらがなを入力できる「JISかな入力」に変えれば、2倍の速度で執筆できるのでは?

そうなふうに考えていた時期が僕にもありました。

しかし、現実はそれほど甘くありません。

その理由は下の表を見れば一目瞭然で、JISかな入力がローマ字入力より速くなるのは清音が連続する場面だけです。

ローマ字入力 JISかな入力
数字・記号 IME ONのまま入力できる IME OFFするか変換操作が必要
、。「」ー 1打鍵 シフト + 1打鍵
じゃ じゅ じょ 2打鍵 シフト + 1打鍵 + シフト + 1打鍵
ぎゃ ぎゅ ぎょ
びゃ びゅ びょ
びゃ ぴゅ ぴょ
3打鍵 シフト + 1打鍵 + シフト + 1打鍵
きゃ きゅ きょ
しゃ しゅ しょ
ちゃ ちゅ ちょ
にゃ にゅ にょ
ひゃ ひゅ ひょ
みゃ みゅ みょ
りゃ りゅ りょ
3打鍵 1打鍵 + シフト + 1打鍵
が ぎ ぐ げ ご
ざ じ ず ぜ ぞ
だ じ づ で ど
ば び ぶ べ ぼ
ぱ ぴ ぷ ぺ ぽ
2打鍵
あ い う え お 1打鍵
か き く け こ
さ し す せ そ
た ち つ て と
な に ぬ ね の
は ひ ふ へ ほ
ま み む め も
や ゆ よ
ら り る れ ろ
わ ん
2打鍵 1打鍵

IMEのON/OFF操作は遅い

ローマ字入力なら数字も記号もIME(日本語入力ソフト)がONのまま入力できます。

これはローマ字入力では数字・記号キーを使わないためです。

それに対し、JISかな入力では数字・記号キーも使用するため、数字か記号を入力するためにはIMEをOFFにするか変換操作をする必要があります。

IMEをOFFにした場合には数字・記号の入力後にONに戻す操作が必要です。

シフト入力は遅い

JISかな入力では濁音、拗音、句読点でシフト入力が必要となります。

世の中にはシフト入力を1打鍵とする考え方もある(親指シフトなど)のですがシフト入力の速度が単独キーの打鍵速度と同じになるとは思えません。

AZIKとは

AZIKとは出現頻度の高い音を少ない打鍵数で入力できるようにローマ字入力を拡張する仕様です。

AZIKを使うと通常のローマ字入力から大きな変更無しに訓令式の打鍵数をさらに減らすことができます(詳細は以下のリンク先を参照ください)。 拡張ローマ字入力 AZIK 総合解説書

日本語で特に出現頻度の高い音とそれに対応するAZIK拡張は以下です。

AZIK ローマ字入力
しゃ しゅ しょ XA XU XO
(2打鍵)
SHA SHU SHO
(3打鍵)
ちゃ ちゅ ちょ CA CU CO
(2打鍵)
CHA CHU CHO
(3打鍵)
撥音 ANN 子音 + Z
(2打鍵)
子音 + ANN
(4打鍵)
撥音 INN 子音 + K
(2打鍵)
子音 + INN
(4打鍵)
撥音 UNN 子音 + J
(2打鍵)
子音 + UNN
(4打鍵)
撥音 ENN 子音 + D
(2打鍵)
子音 + ENN
(4打鍵)
撥音 ONN 子音 + L
(2打鍵)
子音 + ONN
(4打鍵)
二重母音 AI 子音 + Q
(2打鍵)
子音 + AI
(3打鍵)
二重母音 UU 子音 + H
(2打鍵)
子音 + UU
(3打鍵)
二重母音 EI 子音 + W
(2打鍵)
子音 + EI
(3打鍵)
二重母音 OU 子音 + P
(2打鍵)
子音 + OU
(3打鍵)

しゃ しゅ しょ ちゃ ちゅ ちょを2打鍵で入力

頻出する「しゃ しゅ しょ ちゃ ちゅ ちょ」はローマ字入力では3打鍵必要ですが、AZIKなら2打鍵で入力できます

撥音拡張

撥音(はつおん)とは「ん」の音です。

AZIKでは撥音の打鍵数を減らすことができます。

例えば「かん」はローマ字入力はKANNの4打鍵ですが、AZIKではKZと2打鍵で入力できます。

二重母音拡張

日本語で頻出する二重母音の打鍵数を減らすことできます。

例えば「さい」はローマ字入力はSAIの2打鍵ですが、AZIKならSQの2打鍵で入力できます。

小さい「っ」はローマ字入力と互換性がない

AZIKは基本的にはローマ字入力と互換なのですが、残念ながら小さい「っ」の入力方法はローマ字入力と互換性がなく、AZIKではが「っ」となります。

例えば「あった」はATTAではなく、A;TAと入力します。

これは撥音拡張と二重母音拡張が子音の連続入力に割り当てられているためです。

例えばAZIKではZZと入力すると「ざん」となります。

しかし、ローマ字入力では同じ子音の連続は小さい「っ」なのです。

AZIKだけ使うのであれば慣れてしまえば済むのですが、仕事等で通常のローマ字入力を使うと子音の連続で小さい「っ」を入力するのがかなり辛くなります。

ローマ字入力と互換性のある撥音拡張と二重母音拡張

小さい「っ」の互換性問題を解決するために、AZIKの撥音拡張と二重母音拡張を数字キーに割り当てます。

AZIK改 AZIKオリジナル
撥音 ANN 子音 + 1子音 + Z
撥音 INN 子音 + 8子音 + K
撥音 UNN 子音 + 6子音 + J
撥音 ENN 子音 + 3子音 + D
撥音 ONN 子音 + 9子音 + L
二重母音 AI 子音 + 2子音 + Q
二重母音 UU 子音 + 7子音 + H
二重母音 EI 子音 + 4子音 + W
二重母音 OU 子音 + 0子音 + P

これは下図のように母音(AIUEO)キーの左上の数字キーが撥音、右上の数字キーが二重母音になっています。

また、オリジナルのAZIKでは数字キーは使用していません。

その理由はおそらく数字キーがホームポジションから遠く打ちづらいためだと思われます。

子音連続の特殊拡張

AZIKには撥音でも二重母音でもない頻出音を打ちやすくするための「特殊拡張」があります(詳細は前述のAZIK総合解説書を参照ください)。

その特殊拡張の1つにTTの入力で「たち」とするものがあります。

これは小さい「っ」を;で打鍵することを前提にした特殊拡張で、同じ子音の連続は小さい「っ」となる標準のローマ字入力では実装できません。

そのため、後述のローマ字テーブルファイルではTCの入力で「たち」とするようにしています。

設定方法

ローマ字入力との互換性を高めた(撥音拡張と二重母音拡張を数字キーに割り当てた)AZIKは以下の手順で設定できます。

WindowsでもMacでも設定可能です。

Google日本語入力をインストールします。 Google日本語入力

以下からローマ字テーブルファイル(azik2.txt)をダウンロードします。 Google日本語入力用のローマ字テーブル

「Google日本語入力環境設定」を開き、「ローマ字テーブル」の「編集」をクリックします。

「Google日本語入力ローマ字設定」画面で「編集」-「インポート」を選択します。

「現在のローマ時テーブルを上書きしますか?」の確認メッセージが表示されるので「OK」をクリックします。

ダウンロードしたローマ字テーブルファイル(azik2.txt)を選択します。

コメント