CBZ

CBZファイル(拡張子がCBZのファイル)は自炊した電子書籍(自炊本)によく使われるファイル形式です。

スポンサーリンク

CBZを読む

CBZファイルは主に以下の方法で読むことができます。

電子書籍端末 CBZの主な読み方
KindleChainLPでmobiに変換
Kobo標準ビューワ
KOReader
BOOX標準ビューワ
KOReader
LikebookKOReader
FireタブレットPerfect Viewer
iPadComicShare
Android Perfect Viewer
Windowsタブレット Pico Viewer

CBZを解凍する

CBZファイルの実体はZIPファイルのため、拡張子をCBZからZIPにリネームしてZIPファイルとして解凍(WindowsであればエクスプローラーでZIPファイルをダブルクリック)すれば解凍できます。

解凍すると自炊本の各ページの画像ファイルを取り出せます。

このように簡単に画像ファイルを取り出せるのがCBZの大きなメリットです。

PDF形式の自炊本から画像ファイルを取り出すのは手間がかかります。

そのため、電子書籍を自炊するならPDFよりCBZのほうがおすすめです。

CBZをPDFをするのは簡単(後述)ですが、その逆は簡単ではありません。

スポンサーリンク

CBZを作成する

CBZファイルの作成は解凍と逆の手順を実行するだけです。

つまり、自炊本の各ページの画像ファイルをZIP圧縮し、拡張子をCBZに変更するだけです。

本のスキャン時の設定はPDFファイルを出力するのでなく、画像ファイル(JPEGファイルかPNGファイル)を出力するようにします。

また、画像ファイルのファイル名の名前順がページ順になるように番号をつけます。

IMG_001.jpg
IMG_002.jpg
IMG_003.jpg
IMG_004.jpg
IMG_010.jpg
IMG_011.jpg
IMG_012.jpg
IMG_013.jpg
IMG_014.jpg
IMG_020.jpg

ファイル名の番号は途中で飛んでいても構いません(上の例だとIMG_004.jpgの次がIMG_010.jpg)。

また、ほとんどのスキャナにはファイル名に年月日時分秒を含める機能があります。

例えばスキャンしたのが2021年1月27日10時05分11秒なら「IMG_20210127100511_01.jpg」のようにファイル名を付ける機能です。

その形式のファイル名で本をページ順にスキャンすればファイル名の変更は不要です。

Macで作成する場合

Windowsの標準機能で作成されるZIPファイルとMacの標準機能で作成されるZIPファイルとでは仕様が異なります。

CBZのビューワーにはMacで作成されるZIPに対応できないものもあるようです。

そのため、MacでCBZファイルを作成する場合には標準のZIP機能を使わないほうが無難です。

CBZをPDFに変換する

「いきなりPDF」を使うとCBZをPDFに変換できます。

あらかじめCBZファイルの拡張子をZIPに変更しておきます。

いきなりPDFの画面には「Office形式のファイルなどをPDF」にありますが、CBZでもPDFにできますので「作成」をクリックします。

いきなりPDF

「+」をクリックします。

いきなりPDF 作成

「対象ファイル選択」画面は初期状態ではOfficeファイルしか選択できませんが、「ZIPファイル(*.zip)」を選択すると(ZIPにリネームした)CBZファイルを選択できるようになります。

いきなりPDF 対象ファイル選択

CBZ(ZIP)ファイル中の画像ファイルがリストされ、「実行」をクリックするとPDFに変換されます。

いきなりPDF 作成
いきなりPDF
ソースネクスト

コメント