もうテレビはいらない

テレビ局

動画配信サービスやYouTubeを楽しんでいるとヒシヒシと感じることがあります。

もうテレビはいらない、と。

ここでいう「テレビ」とはテレビ放送を受信するチューナーが内蔵された家電製品、またはテレビ放送のことです。

チューナーを内蔵していないディスプレイ(モニター)は必要です。

ただし、テレビ放送ではないものを視聴するために必要です。

スポンサーリンク

テレビの代わりとなるもの

ニュース、映画、ドラマなど、テレビで視聴できるものは以下の組み合わせで視聴できてしまいます。

  • ティスプレイ(モニター)
  • Fire TV Stick
  • 動画配信サービス

ディスプレイ(モニター)

テレビチューナーを内蔵していないディスプレイ(モニター)はテレビより遥かに安く購入できます。

もちろん、本来の用途であるパソコンのモニターとしても使えます。

Fire TV Stick

Fire TV Stickとはテレビ、またはディスプレイとネット回線を接続する装置です。

【10/31(水)まで】Fire TV Stick 4K 早期予約キャンペーン
Amazon
10/31(水)までにFire TV Stick 4Kを予約注文した方にAmazonギフト券500円分(Eメールタイプ)プレゼント!!

さらにお手軽なEcho Show

ディスプレイ + Fire TV Stickよりさらにお手軽なのがEcho Showです。

Echo Showとはスマートスピーカー + ディスプレイ + Fire TV Stickのような製品です。

【10/19まで20%OFF】Echo Show
Amazon
27,980円22,480円
割引キャンペーンは2018/10/19、またはキャンペーン予定数がなくなり次第終了

動画配信サービス

ネットで映画、ドラマ、ニュースなどの動画を配信するサービスです。

スマホやパソコンなどで視聴できますが、Fire TV Stickが接続されたテレビやディスプレイでも視聴できます。

動画配信サービスの比較

定額で動画が見放題になる動画配信サービスはどれを選んだらいいでしょうか。

動画配信サービスの比較表(料金の安い順)

料金(税込) 無料期間 動画数 Fire TV Stick 4K HDR

...

テレビがいらない理由

テレビにFire TV Stickを接続すればテレビと動画配信サービスの両方を利用できるじゃないか、と思われるかもしれません。

しかし、テレビには「いらない」理由があります。

NHKの受信料が必要

放送法ではテレビを持っているとNHKと受信契約をしなければならない、となっています。

NHKの受信契約とは以下の受信料を払い続けることです

地上波のみ 13,990円 / 年
地上波+衛星 24,770円 / 年

テレビを持つということはこのNHK受信料を払い続けることを意味します。

ちなみにAmazonの動画配信サービスであるAmazonプライムビデオの料金は3,900円/年です。

Amazonプライムビデオ

テレビ録画という壮大な無駄

テレビ番組は放送時間が決まっています。

動画配信サービスのように自分の好きな時に好きな番組が見れるわけではありません。

そのため、高価なテレビとは別に高価なレコーダー(テレビ放送を録画する機械)を購入してテレビ番組を録画します。

しかし、そもそもテレビ局に保存されている番組を各視聴者が録画という形で再度保存するのは壮大な無駄です。

視聴者が見たい時にテレビ局に保存されている番組が見れれば、そもそも録画なんて不要です。

動画配信サービスでは既に実用化されている仕組みなのですからテレビ局でも技術的にはできるはずです。

つまらないドラマとバラエティ

昔はテレビのドラマもバラエディは今よりずっと面白かったと記憶していますが、いつからこんなにつまらくなったのでしょうか。

韓国から安くドラマを買って右から左に放送するだけで広告料が稼げる、みたいな状態を経験するともうダメなんでしょうか。

偏向報道のニュース

ネットで関心を持たれてるニュースとテレビで放送されるニュースに乖離がありすぎです。

テレビでは知りたいニュースが全然報道されず、いらないニュースにいらないコメンテーターがいらないコメントをつけて垂れ流してる状態です。

まともなニュースは電波にのらずネット回線だけを通過するような感覚を覚えます。

スポンサーリンク
動画
備忘録

コメント