電子ペーパー(e-ink)のAndroidタブレット

電子ペーパー(e-ink)のディスプレイはそれ自体が発光せず、ブルーライトを出さないためか液晶ディスプレイと比較して目が疲れません。

ディスプレイとしてその電子ペーパーを採用したAndroidタブレットが販売されています。

電子ペーパーのKindleとKoboを1台にまとめられる

KindleストアAmazon Kids+電子書籍は電子ペーパーのKindle電子書籍リーダーで読めますし、楽天Koboの電子書籍はKobo電子書籍リーダーで読めます。

しかし、Kindle端末ではKindleストアとAmazon Kids+以外の電子書籍は読めません。Kobo端末も楽天Kobo以外は読めません。

そのため、Kindle端末とKobo端末を2台持ちしている人も多いのではないでしょうか。

電子ペーパーのAndroid端末ならKindle、Amazon Kids+、KoboのAndroidアプリをインストールすることでKindle端末とKobo端末を1台にまとめられます。

電子ペーパーで読める電子書籍ストアがある

他の電子書籍ストアもAndroidアプリで対応できる場合があります

  • そのそもインストールできない場合がある。
  • インストールできても動作しない場合がある。
  • Androidアプリは電子ペーパーに最適化されていないため、KindleタブレットやKoboタブレットに比べて使い勝手が劣る(詳細は後述)。

Kindleストア楽天KoboBookLive!は電子ペーパーのAndroidでも比較的快適に使えます。

eBookJapanBOOK☆WALKERはょっと苦しい感じです。

PDFや自炊本を電子ペーパーで読める

どの製品にも電子ペーパーに最適化されたPDFアプリが搭載されています。

自炊本とは自炊とは紙の本を裁断してスキャンし電子書籍にしたものです。

電子ペーパーのAndroidではPerfect ViewerやKOreaderで自炊本を読めます。

KOReaderとは世にも珍しい電子ペーパーに最適化された電子書籍リーダーアプリです。

通常のAndroidアプリはカラー表示を前提に作られている(詳細は後述)ため、電子ペーパーでは逆に見づらい画面などがありますが、KOReaderならはっきりくっきり表示されて軽快に動作します。

快適に使えるアプリは少ない

汎用OSであるAndroidと目が疲れない電子ペーパーの組み合わせは一見、素晴らしいように思います。

しかし、実際にモノクロ電子ペーパーのAndroidタブレットを使ってみるとちょっとがっかりすることがあります。

電子ペーパーは基本的にモノクロ16階調です(一部のカラー電子ペーパーを除く)。

しかし、Android OSはモノクロ16階調向けにはできていません。

そのため、モノクロ16階調では見えない文字やボタンなどが出てきてしまいます。

アプリによってはカラー表示のAndroidより見づらく、何のための電子ペーパーなのかわからなくなります。

そのため、通常のAndroidタブレットのようにどんなアプリも快適に使えるわけではありません

この問題を解決しているのがカラー電子ペーパーを搭載しているBOOX Air Cですが、カラー部分の解像度は低いためカラーの文字は読みやすくありません(詳細は後述します)。

比較表

BOOX
Tab X
BOOX
Tab
Ultra
BOOX
Note5
BOOX
Note
Air2
Plus
BOOX
Nova
Air C
BOOX
Nova
Air2
Likebook
P78 Pro
BOOX
Leaf2
BOOX
Poke4
Lite
画面 サイズ 13.3インチ 10.3インチ 7.8インチ 7インチ 6インチ
解像度 2200×1650 1404×1872 1404×1872 1264×1680 758×1024
PPI207 227 300 212
カラー × 4096色
468×624
100 ppi
×
自動回転 × ×
Android
バージョン
11
RAM 6GB 4GB 3GB 2GB
ストレージ 内部 128GB 64GB 32GB 16GB
microSD 最大
512GB
最大
256GB
最大
512GB
物理ボタン 音量
(ケース)
音量
ペン
重量 560g 480g 385g 440g 235g 235g 267g 白:170g
黒:180g
150g

BOOX Tab X

BOOX Tab Xは13.3インチのCarta1250 EInkを搭載したタブレットです。

A4書類をほぼそのままの大きさで読めます。

microSDは搭載していませんが、128GBの内部ストレージに膨大な書類や電子書籍を保存できます。

RAMも6GBと余裕たっぷりです。

BOOX Tab Ultra

BOOX Tab Ultraは別売りのキーボード付きケースが用意されています。

BSR(BOOX Super Refresh)が採用され、電子ペーパーの書き換えを高速化されています。

10.3インチと大画面で最大512GBのmicroSDに対応するため、PDFや自炊本を扱うのに向いています。

BOOX Note5

10.3インチ画面でA5のPDFをほぼ実寸で読めます。

RAM 4GB、ストレージ64GBと余裕があります。

さらに指紋認証まで搭載しています。

BOOX Note Air2Plus

液晶タブレットでは画面の自動回転(縦持ち、横持ちによって画面を自動で回転させる)は当たり前ですが、電子ペーパーのAndroidではできないのが当たり前です。

そんな中、画面の自動回転ができるのがBOOX Note Air2Plusです。

見開きと単ページを頻繁に切り替える人には便利です。

BOOX Nova Air C

BOOX Nova Air CはBOOX Nova Airにカラー電子ペーパー(Kaleido Plus)を搭載したモデルです。

Kaleido Plusは解像度1,404×1,872のモノクロレイヤーに解像度468×624のカラーレイヤーを重ねて表示します。

つまり、同じ画面でモノクロ部分は300ppi、カラー部分は100ppiで表示されます。

そのため、白地に黒文字であればBOOX Nova Airと同様の表示ですが、文字や背景に色がついていると途端に読みづらくなります。

また、カラーとは言ってもその発色は液晶ディスプレイとは比べ物になりません(上の動画を参照してください)。

BOOX Nova Air2

Androidの電子書籍アプリには音量ボタンでページをめくるものが多いのですが、ほとんどの電子ペーパーAndroidには音量ボタンがありません。

しかし、画面スワイプでのページめくりは液晶に比べて電子ペーパーの反応が悪いため、ストレスがたまります。

それに対し、BOOX Nova Air2なら別売りのマグネティックスリープケースに音量ボタンがあります。

軽い重量と音量ボタンにページめくりで快適に読書ができます。

Likebook P78 Pro

Likebook P78 Proは最大256GBのmicroSDカードが使えます。

特にファイルサイズの大きい自炊マンガを電子ペーパーAndroidにすべて入れておいて読みたいなら有力な選択肢になります。

BOOX Leaf2

BOOX Leaf2は170g(ホワイトモデル)、または185g(ブラックモデル)と軽量な電子ペーパーAndroidです。

Kindle Oasisのページめくりボタンとほぼ同じ位置に音量ボタンがついています。

Androidの電子書籍アプリの多くは音量ボタンをページめくりボタンとして使えるため、Kindle Oasisと同じような感覚でページめくりができます。

Likebook P78 Proの256GBより大きい、最大512GBのmicroSDカードが使えます。

Google Playストアにも対応しています。

BOOX Poke4 Lite

6インチで150gと文庫本と同じ感覚で持ち運べる電子ペーパーAndroidです。

画面サイズと解像度からマンガには厳しいため、文字主体の本を読む人におすすめです。

2万円強と安価で購入できるのも魅力です。

コメント

  1. ミヨシノ より:

    Boox Miraのレビューを探しているうちに、今日こちらにたどり着きました。大変参考になります。私は先日Boox max lumi2を買いましたが、lumiと違ってmini Hdmi端子はありませんでした。ですのでセカンドモニター機能は標準装備されてないですよ。SKTの西村氏にもメールで確認しましたので間違いないと思います。すでにご存知かと思いましたけれども、念のため。

    • 管理人 より:

      ご指摘いただきありがとうございます。前機種のBOOX Max Lumiの記述が誤って残ってしまいました。HDMIに関する記述を削除致しました。

タイトルとURLをコピーしました