Kindleのブラウザ(体験版)

Kindleのブラウザ(体験版)

パソコンでIEやChromeといったブラウザを長時間見ていると目が疲れる。

そのため、目が疲れない電子ペーパー(e-ink)でウェブサイトを見たい。

しかし現状、電子ペーパー端末のブラウザは実用になりません。

ただ、解決方法はあります。



Kindleのブラウザは「体験版」

電子ペーパー(e-ink)のKindle端末には「体験版」のブラウザが搭載されています。

KindleのブラウザでYahoo!のトップページを表示させたのがこの記事の冒頭の写真です。

少なくともYahoo!のトップページは崩れることなく表示されているように見えます。

これはいい!電子ペーパーのKindleのブラウザなら目が疲れずにウェブサイトを見れるぞ!

・・・となりそうですが、そんなに甘くありません。

表示が小さすぎる

Kindleの6インチの画面にパソコンと同じようにウェブページが表示されるので、表示を拡大しないと読むこともリンクをクリックすることもできません。

ピンチ操作(スマホやタブレットでの拡大と同じように親指と人指指を広げる操作)で「一応」拡大はできるのですが、反応が遅すぎてストレスが溜まりまくります。

リンククリックの反応が遅すぎる

ブラウザでのウェブページの閲覧はリンクをクリックしながら次々とページを切り替えていきます。

ところがKindleのブラウザではこのリンクのクリックがとにかく遅いのです。

クリックしてもなかなか反応せず、切り替え後のページの表示もとにかく遅いです。

スクロールが遅すぎる

ブラウザに「ページめくり」という概念はありません。

長い文章はスクロールして読んでいくのですが、このスクロールの動作が遅すぎます。

「体験版」の意味

つまり、Kindleのブラウザが「体験版」とされている理由は実用にならないから、ということのようです・・・。

電子ペーパーとブラウザの限界

Kindle端末以外でもディスプレイに電子ペーパー(e-ink)を採用したAndroid端末にはブラウザが搭載されています。

e-ink(電子ペーパー)のディスプレイはそれ自体は発光せず、ブルーライトを出さないなためか、液晶ディスプレイと比較して目が疲れませ...

Androidならたとえ電子ペーパーで快適にブラウザを使えるのではないか・・・?

そう思ってe-inkのAndroidも購入してみましたがダメでした。

電子ペーパーでWebページを見るのが難しい理由

少なくとも現在のブラウザは「高速に画面書き換えができること」を前提にしています。

それに対して電子ペーパー(e-ink)は画面書き換えに時間がかかります。

電子書籍のように1ページ読んではページめくり操作で画面書き換え、ならいいのです。

しかし、ブラウザのようなスクロールで読み進める、リンククリックで次々とジャンプする、などの操作は画面書き換えが遅い電子ペーパーでは無理があります。

もし仮にスクロールでなくページめくりで読み進むようなブラウザが開発されれば、電子ペーパーでも快適にウェブサイトが閲覧できるかもしれませんが。

ウェブサイトを電子ペーパーで快適に読む

前述の通り、現状、電子ペーパー端末のブラウザでのウェブサイト閲覧は実用になりません。

しかし、Kindle端末とパソコンのChromeブラウザを組み合わせることで電子ペーパーでウェブページを快適に読む方法があります(Kindleのブラウザは使いません)。

パソコンにChromeブラウザをインストールする

パソコン(Windows PCでもMacでもOKです)にChromeブラウザがインストールされていなければ以下のリンクからインストールします。

ChromeブラウザにEpub Pressを追加する

Chromeブラウザに以下のリンクからEpub Pressを追加します。

Epub Pressはウェブサイトの内容を電子書籍化するためのChromeの拡張機能です。

Epub Pressからのメールを許可する

Epub Pressはウェブサイトの内容をKindle本にして、メールでKindle端末に送信します。

以下のリンクをクリックしてAmazonの「コンテンツと端末の管理」画面を開きます。

「端末」タブをクリックしてWebページを受け取るKindleの「Send-to-Kindle Eメールアドレス」をメモしておきます。

Send-to-Kindle Eメールアドレス

「設定」タブをクリックします。

コンテンツと端末の管理

画面を下にスクロールし、一番下の「承認済Eメールアドレスを追加」をクリックします。

承認済Eメールアドレスを追加

Eメールアドレスとして noreply@epub.press を入力し「アドレスを追加」ボタンを押下します。

承認済Eメールアドレスを追加

これでAmazonでの設定は終了です。

ウェブサイトをKindleに送信する

Chromeブラウザの右上に表示されているEpub Pressのアイコンをクリックします。

Epub Pressの画面が表示されたら歯車のアイコンをクリックします。

Epub Press

EpubPressの設定画面が表示されます。

「Filetype」として「.mobi(Kindle)」を選択します。

「Delivery Email」にAmazonの「コンテンツと端末の管理」で表示された「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を入力し、「Save」ボタンを押下します。

この設定が必要なのは最初だけです。

Epub Press - Settings

「Title」と「Description」に作成するKindle本のタイトルと説明を入力します。

「Select pages for your book:」の下にChromeブラウザで開いているウェブページが表示されています。

Kindle本に含めないウェブページをチェックします。

Epub Press - Download

「Donwload」ボタンをクリックするとKindle本が作成され、「Send-to-Kindle Eメールアドレス」で指定したKindle端末にメール送信されます。

Kindle本の作成が終了してから数十秒から数分するとKindle端末のライブラリにこんな表紙の本が現れます。

ウェブサイトを電子ペーパーで読む

これがEpub Pressが作成したKindle本です。

この本をKindle端末で開くことで電子ペーパーでウェブサイトを快適に読むことができます。