ChromebookのOS

Chromebook

Chromebookとは「Chrome OS」を搭載したノートパソコンです。

OS(Operating System)とはパソコンなどの基本ソフトです。

Chrome OSだけで購入できない

例えばWindowsであればOSだけ購入し、自分でパソコンにインストールして使うことができます。

しかし、Chrome OSだけ購入し、自分でパソコンなどにインストールすることはできません。

Chrome OSを使いたければそれが組み込まれたChrome OSデバイスを購入するしかありません。

Chrome OSデバイス 形状
Chromebook ノートパソコン
Chromebookタブレット タブレット
Chromebox デスクトップパソコン
Chromebit スティックパソコン

ちなみにmacOSも同様にOSだけでは購入できません。

macOSを使いたければそれが組み込まれたMacを購入するしかありません。

Chromebook化に使われるのはChrome OSではない

Windowsパソコンを「Chromebook化」するという話を聞いたことがないでしょうか。

しかし、前述の通りChrome OSだけ購入してWindowsパソコンにインストールなどできません。

いわゆるChromebook化に使われるのはChrome OSではなく「Chromium OS」です。

Chromium OSとはChrome OSのオープンソース版です。

「ソース」とはプログラムコードのことで、それを実際に動作させるには開発ツールでビルド(変換)する必要があります。

OSのビルドはChrome OSに限らず相当な手間が必要です。

そのため、Chromebook化にはNeverware社がビルドした「CloudReady」などがよく使われます。

CloudReadyはAndroidアプリが使えないなど、ChromeOSとは異なります。

スポンサーリンク

ブラウザを動かすためだけのOS

一般的にOSとはいろいろなアプリを動作せるための基本ソフトです。

それに対し、Chrome OSは、

Chromeブラウザだけを動かすためのOS

です。

Chrome OSではChromeブラウザ以外のアプリは基本的に動作しません。

つまり、Chrome OSではChromeブラウザでできること以外のことは基本的にできません。

ブラウザ拡張機能は使える

Chome OSのブラウザはWindows用やMac用と同じフル機能のChromeです。

iPad用やAndroid用のモバイルChromeではありません。

そのため、Chromeウェブストアのブラウザ拡張機能をインストールできます。

ブラウザだけで大抵のことはできる

今の時代、Chromeブラウザだけで大抵のことはできてしまいます。

マイクロソフトOfficeはブラウザ上で動作するものがあります。

ファイルもブラウザでクラウドストレージに保存できます。

Kindle本も読めます。

ブラウザでできないことを探すほうが難しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Chrome OSのメリット

基本的にChromeブラウザしか動かないことは大きなメリットを生み出します。

  • 安いデバイスでもサクサク動く
  • コンピューターウイルスに強い

安いデバイスでもサクサク動く

Chrome OSは余計な機能がない軽いOSのため、高性能なハードウエアを必要としません。

ファイルも前述のようにオンラインストレージに保存するのが基本のため、大きなストレージ容量も不要です。

そのため、Chromebookなどのデバイス価格は安く、それでもChrome OSはサクサク動作します。

それは以下の3万円前後で購入できるChromebookにもあてはまります。

コンピューターウイルスに強い

Chrome OSはWindowsやmacOSに比べて小さく、アプリのインストールもできないため、コンピューターウイルスに強いです。

Windowsでは頭を悩ませるウイルスチェックをどうするかという問題はChrome OSにはありません。

スポンサーリンク

基本からはずれる機能

前述の通り、Chrome OSは基本的にはChromeブラウザを動作させるためだけのOSです。

しかし、ややこしいことにその基本から外れる機能があります。

  • Androidアプリサポート
  • タブレットモード
  • Linuxコンテナ

Androidサポート

Androidアプリを実行するためのコンテナとアプリをインストールするためのGoogle Playストアです。

ただ、Androidアプリはタッチ操作前提に設計され、キーボードやタッチパッドを考慮していないなど、Chrome OS上では快適に使えないものも多いです。

ChromeブラウザではできないことをAndroidアプリでカバーできる可能性はありますが、現状ではオマケ程度に考えた方が無難です。

タブレットモード

タブレットモードとはChrome OSデバイスをタブレットとして使うモードです。

キーボードが分離できるChromebookでは分離させるとタブレットモードになります。

キーボードが360度回転するChromebookでは回転させるとタブレットモードになります。

あるいはキーボードが付属せずタブレットモード前提のChromebookタブレットもあります。

タブレットモードでAndroidアプリを使えばChromebookをAndroidアプリとして使えるのではないか?

そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。

しかし、Chrome OSのタブレットモードとAndroidタブレットは別物です。

Linuxコンテナ

Linuxコンテナ(LXC)とはLinuxアプリとアプリ実行に必要なミドルウエアを分離して実行する技術です。

Chrome OSはLinuxベースですが、例えばLinuxのDebianディストリビューション向けのアプリがそのまま動くわけではありません。

Chrome OSはDebianのミドルウエアをコンテナとして提供することで、Debian Linuxアプリを動作させることができます。

ただ、LinuxアプリがChromeブラウザと連携できるわけでもなく、

Chrome OSデバイスでLinuxも使える

だけの話です。

開発者などLinuxも使う人には便利ではありますが。

ちなみにWindowsにもWSL(Windows Subsystem for Linux)というLinuxアプリを使う機能がありますが、WindowsはLinuxベースではないため、Chrome OSのLinuxコンテナとは仕組みが異なります。

コメント