Paperlike Proのレビュー

パソコンで長時間仕事をしていると本当に目が疲れます。

眩しい液晶画面を見つめ続けるのですから当然です。

目薬とかブルーライトカット眼鏡とか試してみましたが、どれも気休め程度でした。

パソコンによる目の疲れの究極の解決策はディスプレイをまったく発光しない電子ペーパーにすることです。

スポンサーリンク

Paperlike Proとは?

Paperlike Proとは中国DASUNG社のパソコン用電子ペーパーディスプレイです。

現在は入手が難しくなり、後継機種はPaperlike HD(Paperlike 3)のようです。

購入できます・・・、とは言ってもとても気軽に買えるような価格ではありません。

さらに聞いたこともない中国のメーカーです。

たくさんの電子ペーパー端末を購入してきた私もさすがに悩みに悩みましたが、パソコン作業の目の疲れをなんとかしないと仕事に支障が出るという理由で購入を決めました。

結果的には購入してよかったと思っています。

スペック

Paperlike Proのスペックは以下です。

画面13.3インチ E Ink Carta
解像度1,600 x 1,200
横縦比横4 : 縦3
Mini-HDMI端子映像入力 / 電源供給 / USB 用
対応OSWindows 10
Windows 8
Windows 7
Mac OS 10.11〜10.12
Linux Ubuntu-16.04-Desktop-amd64
重量約750g
サイズ横31cm ✕ 高さ25.5cm ✕ 厚さ1.7cm
VESA ネジ穴75mm ✕ 75mm

まるでモバイル

Paperlike Proはタブレットのような形をしています。

タブレットスタンドのようなもの(下の写真)が付属しているので、それに立てかけて使います(冒頭の写真)。

縦画面でも横画面でも使えます。

また、背面にVASAネジ穴があるのでディスプレイアームでも使えるはずです。

電源は付属の二股ケーブルでパソコンのUSB端子からMini-HDMI端子に入力します。

この二股ケーブル1本でパソコンで接続でき、重量も約750gと軽いため、まるでモバイルディスプレイのようです。

実際、13.3インチという大きささえ気にならなければ外出先で使うことは十分可能だと思います。

Windows 10パソコンとの接続

Paperlike Proには以下が入ったUSBメモリが付属しています。

  • 取扱説明書(PDFファイル)
  • Windowsドライバ
  • Macドライバ
  • Ubuntuドライバ

Windwos 10パソコンにドライバをインストールし、前述のケーブルで接続したところWindowsにはサブディスプレイとして認識されました。

Windows 10のディスプレイ設定画面では以下が設定可能でした。

解像度1600 x 1200(推奨)
1600 x 900
1440 x 900
1400 x 1050
1366 x 768
1360 x 768
1280 x 1024
1280 x 960
1280 x 800
1280 x 768
1280 x 720
1280 x 600
1152 x 864
1024 x 768
800 x 600
向き

横(反対向き)
縦(反対向き)
複数のディスプレイ表示画面を複製する
表示画面を拡張する
1のみに表示する
2のみに表示する

表示モードの切り替え

Paperlike Proは1600×1200の解像度、16階調でパソコンの画面を表示できます。

電子ペーパーによる美しく目に優しい表示です。

しかし・・・、しかしですよ、1600×1200、16階調では電子ペーパーの表示更新が遅いため、マウスカーソルがいつも行方不明になり、通常のパソコン作業はとてもできそうにありません。

そのためか、Paperlike Proのドライバには表示モードの設定画面があります。

これは解像度か階調を落とすことで表示更新速度を速くするためです。

解像度モードイメージ
モード
速度文字表示画像の内容
800*600A5ギザギザなんとかわかる
A2ギザギザ判別不可
A61ギザギザだいたいわかる
Variable
(OS解像度設定
に従う)
Floydディザで見づらい
A2掠れる判別不可
16綺麗階調表示
としては綺麗

イメージモードの数字は階調数のようです(A61というのはちょっとわかりませんが)。

Floydはディザ表示のようで表示更新は速いのですが、文字も画像も見づらいです。

このようにPaperlike Proを使いこなすには、じっくり文章を読む場合は16モード、テキスト入力など速い画面更新が必要な場合はA5モード、というようにパソコン作業の内容によって表示モードを切り替える必要があります。

表示モード切り替えはPaperlike本体の「M」ボタンでもできます。

「M」ボタンを押すたびに表示モードが順次切り替わります。

専用ボタンまで用意されているのは、やはりパソコン作業の内容によって表示モードを切り替えるのが手間だからだと思います。

画面のリフレッシュ

電子ペーパーには画面書き換えをすると前の画面の残像が多少残ってしまうという特性があります。

画面書き換えを繰り返していると残像が蓄積させるため、残像を消すための「リフレッシュ」が必要になります。

KindleやKoboなどで数ページ読み進めると画面が一瞬白黒反転します。 これが「リフレッシュ」です。

Paperlike Proでは以下のいずれかの方法でこのリフレッシュを行います。

  • 一定間隔で自動リフレッシュ
  • 本体の「C」ボタンを押す
  • ホットキーを押す

一定間隔で自動リフレッシュ

15秒~10分の一定間隔で自動でリフレッシュします。

間隔はドライバ画面で設定します。

通常はこの自動リフレッシュが面倒がなくていいと思います。

本体の「C」ボタンを押す

残像が目立ってきたな・・・、と感じたら本体の「C」ボタンを押すとリフレッシュされます。

しかし、手動でリフレッシュをするというのは面倒です。

ホットキーを押す

特定のキーの組み合わせを押すことでリフレッシュします。

キー組み合わせはドライバ画面で設定できます。

これは本体の「C」ボタン以上に面倒です。

コントラストの調整

パソコンの画面はフルカラーが前提であり、階調表示など考慮されていません。

そのため、表示内容によって階調表示で見やすいコントラストに調整する必要があります。

Paperlike本体にはコントラスト調整つまみなどはなく、ドライバの設定画面で調整します。

マウスカーソルが行方不明になる

Paperlike Proと通常のディスプレイとの使用感の最大の違いは白黒ということではなく、マウスカーソルでした。

マウスカーソルがすぐに行方不明になるのです。

特に速度の遅い解像度モード・イメージモードでは顕著です。

この問題はドライバで「Mouse trails」をONにすることで軽減できます。

Mouse trailsとはマウスカーソルの周りに大きな「丸」を表示することでマウスカーソルを見つけやすく機能です。

その丸をCTRLキーを押した時だけ表示するか、自動(マウスを動かした時?)で表示するかを選択できます。

サブディスプレイとして電子書籍など文章読む用途に最適

ここまで読んでくださった方ならPaperlike Proをメインディスプレイとして使うのは難しいとわかっていただけたと思います。

まず、表示する内容に応じた設定が都度必要です。

  • 解像度モード
  • イメージモード
  • コントラスト

そして、パソコン操作に必須のマウスのカーソルは見えづらいです(前述のMouse trails機能で少し見やすくなりますが)。

しかし、メインを液晶ディスプレイ、サブディスプレイとしてPaperlike Proを使えば話はまったく変わってきます。

眩しい液晶ディスプレイで読むのがためらわれた電子書籍も文章がぎっしり詰まったWEBページも目に優しい電子ペーパーでラクラク読めます。

価格的にも手間的にもとても万人にすすめられるものではありませんが、パソコン作業の目の疲れに悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。

コメント