Chromebookで動画編集

Chromebookで動画を編集するにはどうしたらいいでしょうか。

選択肢は大きく3つ

Chromebookでの動画編集は大きく3つの選択肢があります。

  • Webの動画編集サービス
  • Androidの動画編集アプリ
  • Linuxの動画編集アプリ

Webの動画編集サービス

ブラウザで動画ファイルをアップロードし、ブラウザ上で動画編集して、編集された動画ファイルをダウンロードするサービスです。

快適に使うにはある程度の速度のネット環境が必要です。

Creative Cloud Express

Creative Cloud Expressとはブラウザやビデオ、写真、イラストなどを編集できるAdobe社のサービスです。

AdobeのWindows/Mac向け動画編集ソフトであるPremiere Proの技術が使われています。

無料、かつ日本語で使えるためおすすめです。

Creative Cloud Express
Adobe
無料
ブラウザで画像や動画を簡単編集

WeVideo

WeVideoとはブラウザで動画を編集できるサービスです。

Creative Cloud Expressと異なり、動画編集だけに特化しています。

5分以内の動画なら無料で作成できます。

【新春セール】Adobe Photoshop
1/21(金)まで特別提供価格
Photoshopデスクトップ & iPad版

Androidの動画編集アプリ

ChromebookはAndroid機能でAndroidの動画編集アプリが使えます。

オフラインで動画編集できるメリットはあるのですが、タブレットやスマホのタッチ操作に最適化されているため、Chromebookのタッチパッドやマウスでは操作しづらいです。

そのため、タッチパネル対応のChromebookで使うのがおすすめです。

Creative Cloud Express

前述のCreative Cloud ExpressにはAndroidアプリも用意されています。

Creative Cloud Express
Adobe
無料
ブラウザで画像や動画を簡単編集

PowerDirector

Windowsの動画編集ソフトであるPowerDirectorのAndroid版です。

無料で使う場合は動画の右下に「PowerDirector」のロゴが入ります。

PowerDirector – 動画編集&動画作成&動画加工
PowerDirector – 動画編集&動画作成&動画加工
Cyberlink Corp

Linuxの動画編集アプリ

ChromebookのLinux機能を有効化し、Linuxの動画編集ソフトを使う方法です。

サーバー上で動作するWebの動画編集サービスやタブレット向けのAndroidの動画編集アプリと異なり、ある程度のスペックのChromebookでないと快適には使えません。

OpenShot

OpenShotはクロスプラットフォーム(Linux/Windows/Mac)対応のオープンソースの動画編集アプリです。

Linuxアプリというと敷居が高いと感じる方もいるかと思いますが、OpenShotの公式サイトは日本語表記で、Chromebookも公式サポートされています(ただし、X86_64 CPUのみ)。

ある程度のスペックのX86_64 CPUのChromebookを持っているならおすすめです。

コメント