電子ペーパー(e-ink)の端末比較

タブレットやパソコンの液晶画面で電子書籍を読むと紙の本と比べて目がとても疲れます。

原因は液晶のバックライトを見つめ続けることにあるようで、電子書籍を液晶タブレットでなくバックライトがない電子ペーパーで読むようにしてからまるで紙の本を読んでいるようで液晶と比べて目が疲れなくなりました。

スポンサーリンク

電子ペーパー端末のカテゴリ

現在の電子ペーパー端末は大きく次のカテゴリにわかれます。

  • Kindle
  • Kobo
  • Yoga Book C930
  • ソニー デジタルペーパー
  • E-Ink Android
  • Paperlike HD
  • YotaPhone
  • InkCase

そして、できることは端末というよりこのカテゴリによって決まってきます。

画面サイズ
インチ
PDF CBZ Web 電子書籍
ストア
Kindle 6〜7 要変換 要変換 EpubPress Kindleストア
Kobo 6〜8 Pocket Koboストア
Yoga Book C930 10.8(e-ink面)
ソニー デジタルペーパー 10.3〜13.3
E-Ink Android 6〜13.3
Paperlike HD 13.3
YotaPhone 4.7(e-ink面)
InkCase 4.3〜5.2 Pocket

Kindle端末

Kindle端末はKindleストア専用の電子ペーパー端末です。

AmazonのKindleストアの本を手軽に電子ペーパーで読みたいなら、やはりAmazonのKindle端末の右に出るものはありません。

端末価格も安くコストパフォーマンスが高いです。

PDFは変換が必要

PDFは一応サポートしていることになっていはいますが、自炊PDFのようにすべてが画像で構成されたPDFをまともに表示することはできません。

PDFを読むには変換が必要です。

CBZも変換が必要

CBZとは紙の本をスキャンした画像ファイルをZIP圧縮して拡張子をCBZに変更したファイルです。

いわゆる電子書籍の自炊によく使われています。

このCBZ形式はKindleではサポートされていないため、Kindleで読むためには変換が必要になります。

WebページはEpubPressで変換

Kindle端末にはWebブラウザが内蔵されているものの「体験版」となっており、まったく使いものになりません。

ただ、パソコンのChromeブラウザで見ているWebページをKindle向けに整形してインターネット経由でKindleに転送して読むことができます。

Kobo端末

Kobo端末は楽天Koboストアの専用の電子ペーパー端末です。

特定ストアの専用端末という点ではKindle端末と同じですが、Kobo端末はPDFもCBZもそのまま読むことができます。

そのため、自炊本を読むならKindle端末よりKobo端末のほうが有利です。

Yoga Book C930

Yoga Book C930はe-inkと液晶の2つの画面を搭載したレノボのノートパソコンです。

e-ink画面は以下の用途に使われます。

  • PDFリーダー
  • ソフトウエアキーボード
  • タッチパッド
  • ペン入力

ソニー デジタルペーパー

デジタルペーパーとはソニーのPDF専用e-ink端末です。

PDFに特化した仕様でCBZにもWebにも電子書籍ストアにも対応していません。

その代わり紙のノートと同様のサイズと重さを実現しています。

PDFにペンで書き込みもできることから紙のノートを完全に置き換えることができます。

E-Ink Android

ディスプレイにe-Ink(電子ペーパー)を使った中国製のAndroid端末が存在します。

プリインストールされている電子書籍リーダーでPDFもCBZも読むことができます。

Google PlayからKindleアプリやKoboアプリをインストールすることで電子書籍ストアの本を読むことができます。

Paperlike HD

Paperlike HDは電子ペーパーのパソコン(Windows/Mac)のセカンドモニターです。

モニターなので正確には端末とは呼べないかもしません。

パソコンとはHDMIケーブルとUSBケーブルで接続します。

当然、パソコンでできることは基本的にすべてできます。

そのため、パソコンを使う前提ならば最強の電子ペーパーと言えるかもしません。

ちなみに以下はPaperlike HDの前機種であるPaperlike Proのレビューです。

YotaPhone2

YotaPhone2とはロシアのYotaDevices社のAndroidスマホです。

スマホの表面に5インチのカラー液晶、背面に4.7インチのe-ink画面を搭載しています。

そして4.7インチのe-ink画面にAndroidの画面を表示してAndroidを操作することができます。

しかし、スマホゆえに画面が4.7インチと小さく、電子書籍端末としては苦しいものがあります。

InkCase

InkCaseはスマホカバーに電子ペーパーを搭載した製品です。

YotaPhoneのような前面が液晶、背面がe-inkというスマホをスマホカバーで実現する感じです。

それだけ聞くと普通のスマホがYotaPhoneのようになる素晴らしい製品のように思えるかもしれませんが、InkCaseでできることはかなり限られています。

スポンサーリンク
電子書籍
備忘録

コメント