Kindleの比較

Kindle

Kindle(キンドル)には無印のKindle、Paperwhite、Oasisの3機種がありますが、どれを購入するのがいいのでしょうか。

スポンサーリンク

Kindleの比較表

Kindle
無印
Kindle
Paperwhite
Kindle
Oasis
価格 7,980円〜 13,980円〜 29,980円〜
キャンペーン
情報なし
+2,000円
携帯通信 無料4G 無料3G
画面サイズ 6インチ 7インチ
解像度600×800
(167ppi)
1072×1448
(300ppi)
1264×1680
(300ppi)
防水
ストレージ 4GB 8GB
32GB
重量 161g 182g〜 194g
漫画
フロントライト 5個 自動調光
12個
ページボタン
Kindle Paperwhite
Amazon
Newモデル

無印Kindleは7,980円で購入できますが・・・

圧倒的に安いのが無印のKindleで7980円で購入できます。

しかし、ここまで安いのには理由があります。

解像度とPPI不足で読みづらい

600×800で167ppiと解像度不足です。

解像度が足りないと以下の問題が出ます。

  • 文字のジャギー(ギザギザ)が目立つ
  • 絵が汚い
  • 漫画が汚い

電子ペーパーには目が疲れないことを期待しているかと思います。

しかし、ジャギーの文字、汚い絵、汚い漫画を読むと目が疲れてしまい、なんのための電子ペーパーなのかわからなくなります。

漫画を読むにも向きません。

読めないことはないのですが、画面解像度が低いために絵の細部が掠れて読みづらいのです。

暗い場所で読めない

フロントライトがないため、暗い場所では読めません。

紙の本も暗い場所では読めませんので当然といえば当然なのですが、無印以外のKindleはフロントライトの薄明かりで暗い寝室でも読めるのです。

漫画か自炊ならPaperwhiteかOasisの32GBモデル

漫画本や自炊本はファイルサイズが大きいため、ストレージ容量が4GBしかないKindle無印ではたくさんの漫画本や自炊本を保存しておくことができません。

そのため、PaperwhiteかOasisの32GBモデルがおすすめです。

さらに漫画であれば6インチのPapwerwhiteよりは7インチのOasisです。

ただ、そう入ってもOasisはお高いですので結局、Paperwhiteの32GBモデルがおすすめです。

無料4Gや無料3Gは必要か?

Paperwhiteの無料4GやOasisの無料3Gとは携帯電話回線の4Gや3Gのことです。

携帯電話で通信するなら基本料金や通信料がかかりますが、Kindleの無料4Gや無料3Gはその名のとおり、無料の携帯通信でKindleストアにアクセスできます。

Wi-Fiのみ(無料4G/3Gなし)を選んでもWi-Fiとスマホのテザリングで外出先でもKindleストアにアクセスできます。

テザリングができるスマホを持っているのであれば無料4Gや無料3Gはいらないのではないでしょうか。

キャンペーン情報とは

キャンペーン情報とは広告のことです。

広告は次の場面で表示されます。

  • ホーム画面の下部
  • スリープ中
  • スリープ解除後

さすがに読書中には広告は表示されません。

面倒なのはスリープ解除後に表示される広告です。

電源ボタンを押してスリープ解除してもすぐにKindleを使えるようにならず、広告が表示されるのです。

広告を消すために画面をスワイプする必要があります。

わずかな手間ではありますが、スリープ解除のたびに広告が出てくるのでウザいと感じます。

これに耐えられそうになければ2,000円追加して「キャンペーン情報なし」を購入します。

Kindle Paperwhite
Amazon
Newモデル
スポンサーリンク
電子書籍
備忘録

コメント