Chromebookタブレット

タブレットモード

Chromebookのタブレットモード

Chromebookには「タブレットモード」があります。

タブレットモードとはポインティングデバイス(トラックパッドやマウス)なしで画面のタッチ操作のみで使うモードです。

タブレットモード

タブレットモードと通常のデスクトップモードでは以下の点が異なります。

  • デスクトップに常にランチャーが表示される
  • ウィンドウのオーバーラップ(重ね合わせ)ができない
  • ジェスチャーでアプリ切り替えや終了を操作する
デスクトップがランチャー で占有されたらファイルを置けないのでは?

と思われるかもしれませんが、Chrome OSではそもそもデスクトップにファイルを置けません。

Chrome OSでも壁紙画像は設定でき、ランチャーの背後に表示されます。

タブレットモードへの切り替え

Chrome OSはポインティングデバイス(タッチパッドやマウス)を切り離すとタブレットモードに切り替わリます。

逆にポインティングデバイスを接続するとタブレットモードが解除されます。

キーボード接続は関係ありません。

そうはいっても通常のChromebookはタッチパッドが一体化されていますので、以下の機種以外はタブレットモードになりません。

  • デタッチャブル型
  • コンバーチブル型
  • ピュアタブレット型

また、キーボードは関係ないため、キーボードを接続せずにマウスだけ接続すればデスクトップモードになります。

デタッチャブル型

キーボード部分(タッチパッドを含む)を切り離してタブレットとして使えるChromebookです。

ポインティングデバイス(タッチパッド)を含むキーボード部分を切り離すとタブレットモードに切り替わります。

前述のようにキーボード接続は関係ないため、切り離した状態でもBluetoothマウスなどを接続しておけばデスクトップモードで使えます。

Chromebookをタブレットとして使うならこのデタッチャブル型がおすすめです。

ただ、ノートパソコンとしてデスクで使う場合は奥行きが必要、膝上では使いづらいなどの問題があります。

デタッチャブル型のWindows PCであるSurface(サーフェス)も同様です

コンバーチブル型

キーボード部分が360度回転してタブレットのように使えるのがコンバーチブル型です。

ある程度以上、キーボード部分を回転させるとポインティングデバイス(タッチパッド)が切り離され(無効になります)、タブレットモードに切り替わります。

タブレットとして使う場合の難点は重量と厚さです。

タブレットモードでもデタッチャブル型のようにキーボードが切り離されないため重量は1kg超え、厚さは1.5cm超えになります。

この重量と厚さを片手で持つのはつらいため、コンバーチブル型をタブレットとして常用するのは難しいです。

iPadシリーズ最大の12.9インチiPadでさえ684g、厚さ6.4mmです。

ピュアタブレット型

キーボードが付属しないChromebookタブレットです。

基本的にタブレットモードで使います。

別途、マウスを購入して接続すればデスクトップモードでも使えます。

ただ、このタイプのChromebookはほとんどなく、日本で簡単に入手できるのはCT100PAです。

発売されたのは2019年6月で後継機も出ないようなので、キーボードが付属しないChromebookにメリットを感じない人が多いのかもしれません。

ちなみにWindowsも同じ状況で現在、ピュアタブレット型のWindows PCはほとんどありません。

タブレットモードの操作

タブレットモードの操作はAndroid/iPad/iPhoneを使ったことのある人ならあまり迷うことはないと思います。

戻る 左から右にスワイプ
進む 右から左にスワイプ
ホーム画面に移動 画面を下から上までスワイプ
シェルフを表示 画面を下から上に少しだけスワイプ
アプリを切り替え
(タスク)
画面を下から画面中央にスワイプして長押し
画面2分割 画面を下から画面中央にスワイプして長押しし、表示されるアプリを長押し
URLバーを表示 画面を上から下にスワイプ
スクリーンショット
を撮る
電源ボタンと音量小ボタンを押す

Chromebookタブレットを選ぶ理由

タブレットとしてもパソコンとしても使える製品はChromebookタブレットの他に

  • Windowタブレット
  • iPad + キーボード
  • Androidタブレット + キーボード

があります。

Chromebook
タブレット
Windows
タブレット
iPad +
キーボード
Android +
キーボード
タブレットの
使いやすさ
パソコンとしての
使いやすさ
オーバーラップ
ウィンドウ
デスクトップモード
のみ
ブラウザ フルブラウザ モバイル版
アプリストア Google Play Amazon
アプリストア
App Store Google Play
マイクロソフト
Office
デスクトップ版 Office OnlineOffice Mobile
日本語入力
Linuxアプリ
OS
メンテナンス

Androidタブレット+キーボードなら……

上の表からすぐにわかるのは、

Androidタブレットにキーボードを常に組み合わせるならChromebookタブレットを買え

です。

Android OSとChrome OS(ChromebookのOS)の開発元は同じGoogle社です。

そしてChrome OSにはAndroid OSが組み込まれており、Google Playのアプリが使えるためです。

ただし、以下のような場合は別ですが。

  • 最新のAndroid OSが必要(Chromebookに組み込まれるAndroidバージョンは古い)
  • Chromebookでは動作しないAndroidアプリが必要。

iPadはパソコンの代わりにならない

iPadには物理キーボードを接続できます。

iPad専用のMagic Keyboardならまるでパソコンのような見た目になります。

しかし、iPadで物理キーボードを使う場合、iPad標準以外のIMEが使えません。

そしてその標準IMEの変換効率がGoogle日本語入力より劣るため、パソコンと同じようには日本語入力できません。

また、キーボードを接続してもChromebookのデスクトップモードのようにオーバーラップウィンドウ(ウィンドウの重ね合わせ)ができるようにはならず、画面はあくまで「タブレット」のままです。

さらにブラウザは機能制限のあるモバイル版でパソコンと同じフルブラウザは使えません。

そんなわけでiPadはパソコンの代わりにはなりません。

Windowsはタブレットの代わりにならない

Windowsタブレットなら当然パソコンとして使えます。

しかし、Chromebookのようなタブレットモードはなく(Windows 10まではあったのですがWindows 11で廃止されました)、タッチでの操作性はよくありません。

AmazonアプリストアのAndroidアプリを使えるのですが、Google Playに比べるとアプリ数が多くありません。

Windows UpdateなどOSメンテナンスにも時間を取られます(Chromebook/iPad/AndroidはOSメンテナンスがユーザーに見えないように工夫されています)。

ただ、デスクトップ版のマイクロソフトOfficeが必要ならWindowsタブレット以外の選択肢はありません。

ChromebookはiPadとWindowsの中間

ChromebookならiPadほどではないもののタブレットとしてある程度、快適に使えます。

Androidタブレットと同じGoogle PlayのAndroidアプリも使えますし。

ChromebookのGoogle日本語入力はWindows/Mac版と全く同じではなく、以下の記事のような凝った設定はできません(Windows標準のMS-IMEでも無理ですが)。

それでも通常の日本語文章ならWindows/Mac版と同等に入力できます。

また、フルブラウザ、Androidアプリ、Linuxアプリで大抵のことはできます。

ただ、仕事などでマイクロソフトOfficeのデスクトップ版が必要だとChromebookではオンライン版のOfficeしか使えませんのでどうしようもありませんが。

デタッチャブル型Chromebookの比較

タブレットとして使いやすいデタッチャブル型のChromebookには以下のような機種があります。

Chromebook
Detachable
CM3
Chromebook
Detachable
CZ1
IdeaPad Duet
Chromebook
IdeaPad Duet
370
Chromebook
IdeaPad Duet
560
Chromebook
自動更新
ポリシー
2026年6月 2028年6月 2029年6月
画面サイズ 10.5インチ 10.1インチ 10.95インチ 13.3インチ
解像度 1,920×1,200 2,000×1,200 1,920×1,080
CPU MediaTek MT8183 Helio P60T Snapdragon 7c Gen 2
メモリ 4GB 4GB
8GB
eMMC 64GB
128GB
128GB 128GB
256GB
本体重量 504g 506g 450g 517g 700g
総重量 909g 1,034g 946g 946g 1.2kg
USIペン 付属 付属
堅牢性 MIL規格準拠
lenovo ノートPC IdeaPad DUET3 82T6000RJP
レノボ・ジャパン(同)
JAN 4571591766737

コメント

タイトルとURLをコピーしました