ブルーライトを軽減する

ブルーライト

仕事で長時間パソコンのディスプレイを見ることが多いため、目に悪影響があると言われているブルーライトには気を使っています。

ブルーライトとは人間が見ることができる可視光のなかで380〜500nmと波長の短い青色の光です。

コンピュータ作業ではディスプレイを直視するため、目の網膜や角膜にダメージを与えたると言われています。

目の網膜がブルーライトを浴び続けることで健康に悪影響があると言われています。

また、夜間にブルーライトを浴びることで体内時計が乱れ、睡眠を妨げるとも言われています。

そんなブルーライトは設定で軽減することができます。

色温度を下げればブルーライトは減る

ディスプレイのブルーライトを減らす方法は単純で色温度を下げることです。

色温度とは色味を温度として表現したもので単位はケルビン(K)です。

青味が強い色は色温度が高く、赤味が強い色は色温度が低くなります。青味が強い色とはつまりブルーライトのことです。

設定によってこの色温度を下げればブルーライトも減ります。

最適な色温度は状況によって異なる

それなら、ディスプレイ設定で色温度を下げればブルーライトの問題は解決、・・・とはなりません。

色温度を下げることは画面の青味を減らすことですから、画面の色は黄色っぼくなります。

どこまで色温度を下げられるかは周囲の明るさ、就寝時間、作業内容によって異なります。

つまり、状況によって異なる色温度に設定する必要があります。

Windowsの設定

Windowsのブルーライトは以下の設定で下げることができます。

  • ダークモードにする
  • 夜間モードを設定する
  • デスクトップを黒にする

ダークモードにする

設定画面で「個人用設定」をクリックします。

左側の「色」をクリックし、コンボボックスで「黒」を選択します。

選択した時点でダークモードに切り替わります。

夜間モードを設定する

夜間モードとは夜間の時間帯にブルーライトを軽減しする機能です。

スタートメニューから設定を選択し、「Windowsの設定」画面で「システム」をクリックします。

「Windowsの設定」で「システム」をクリック

「ディスプレイ」をクリックし、「夜間モード」をオン、「夜間モード設定」をクリックします。

「夜間モード」をオン

「夜間モード設定」画面で「夜間モードのスケジュール」をオンにし、夜間モードをONする時間帯を選択します。

  • 常にON
  • 日没から朝まで
  • 任意の時間帯

以下では日没から朝までの間、画面の色温度が下がり、ブルーライトが軽減されるように設定しています。

夜間モード設定

デスクトップを黒にする

「Windowsの設定」画面で「個人用設定」をクリックします。

「Windowsの設定」で「個人用設定」をクリック

「背景」をクリックし、「単色」を選択します。

「背景色の選択」で黒をクリックします。

背景色を黒にする

ブラウザの設定

Windowsの標準ブラウザはEdgeです。

しかし、Edgeは背景色を黒にして輝度を落とすことができないため、ブラウザのブルーライトを軽減するためにはChromeがおすすめです。

Chromeブラウザから次のリンクを開きます。

Dark Reader

Chromeの拡張機能であるDark Readerのページが開きますので「CHROMEに追加」をクリックして追加します。

Stylish

追加するとChromeで表示されているWebページの背景が黒、文字が白のいわゆるダークモード表示になります。

このダーク表示はChromeのメニューバーに追加されたアイコン(下図の赤枠)をクリックすると表示されるメニューでON/OFFしたり調整したりできます。

高機能ブルーライト削減アプリ

効果的にブルーライトを削減できる「超ブルーライト削減」という高機能アプリもあります。

  • サーカディアンリズム(体内時計)に合わせてブルーライト量を自動調整する。
  • ブルーライト削減時の色合いを設定できる。
  • AndroidとiOSでも使える。
【6%OFF】超ブルーライト削減
ソースネクスト
2,980円2,780円

ディスプレイの輝度を下げる

ディスプレイの輝度を下げるとブルーライトも少なくなります。

ブルーライトを低減できるディスプレイ

外付けのディスプレイを使っている場合はブルーライトを軽減する機能を持つものに買い換えるのもおすすめです。

コメント