Xbox ワイヤレスコントローラー

Xbox ワイヤレスコントローラー

Xboxワイヤレスコントローラーを持っておくとスマホゲームにもPCゲームにも使えて便利です。

Xboxワイヤレスコントローラーとは

Xboxワイヤレスコントローラーはマイクロソフトのゲーム機であるXbox用のゲームコントローラー(ゲームパッド)です。

Xbox自体はNintendo SwitchやPS5におされている状況ですが、別途購入できるXboxワイヤレスコントローラーはXbox以外のゲームプラットフォーム(WindowsやAndroidなど)で広く使われています。

その理由は以下のようなところだと思われます。

  • 持ちやすい。
  • 価格が安い。
  • USB接続もBluetooth接続もできる。
  • 対応するゲームが多い。
  • 対応するプラットフォームが多い。

実際、他のゲームコントローラー(ゲームコントローラー)と比較してもデメリットはほとんど見当たりません。唯一のデメリットは乾電池が必要なことぐらいでしょうか(他のコントローラーは充電式バッテリー内蔵が多い)。

Xbox ワイヤレス コントローラー (カーボン ブラック)
日本マイクロソフト
11,800円 (10/22 15:35時点)

GeForce Now

GeForce NowとはクラウドのゲーミングPCを提供するサービスです。

このサービスを使うと高価なゲーミングPC向けのゲームがノートPC、スマホ、Android、Chromebookなどで遊べてしまいます。

無料ですのでゲームは好きだけど、高価で場所を取るゲーミングPCはちょっと……という人は試してみて損はありません。

そんなGeForceはXboxワイヤレスコントローラーに対応しています。

PCゲームは画面タッチを前提にしていないため、特にスマホやタブレットで遊ぶならコントローラーは必須です。

月額0円
ノートPC、スマホ、タブレット、Mac、ChromebookをゲーミングPCに変えるクラウドゲームサービス

PCゲーム(Windows)

WindowsもXboxもマイクロソフトが開発しているため当然、接続には何の問題もありません。

ほとんどのPCゲームはXboxコントローラーのボタン配置を前提にしているため、Xboxコントローラーかその互換コントローラー以外では操作しづらい場合があります。

スポンサーリンク

Android

AndroidはXboxコントローラーに対応しており、問題なくBluetooth接続できます(OTGケーブルを使えばUSB接続でもできます)。

AndroidのUI(ホーム画面など)も以下のようにコントローラーで操作できます。

Xboxコントローラー Android UI操作
方向パッド アプリ選択
Aボタン 決定
Bボタン キャンセル
右スティック マウス

ゲームアプリが対応しているかはコントローラーを使ってみるまでよくわからないというのが現実です。

傾向としてはゲーム機やPCから移植されたゲームであればほとんど使え、Android専用ゲームだと使えない場合が多いです。

ただ、画面タッチだと指で画面が隠れてしまうため、コントローラーが使えれば抜群に快適になります。

iPhone

iPhoneはiOS 14.5以降でXboxワイヤレスコントローラーに対応しています。

Androidと同様、画面タッチだと指で画面が隠れてしまうため、コントローラーの効果は絶大です。

Mac

意外(?)なことにMacではOSレベルでXboxコントローラーがサポートされています。

Macでゲームなんかやらないよ、と思うかもしれませんがM1 MacならiPhone / iPadのゲームを遊べますし、前述のGeForce NowでPCゲームを遊ぶこともできます。

Fire TV Stick

リビングルームにPCがなく、リビングでのゲームはFire TV Stickという人も多いのではないでしょうか。

Fire TV Stickのゲームは付属のリモコンで遊べますが、Xboxコントローラーにも対応しています。

中には付属のリモコンで遊べず、Xboxコントローラーが必須のゲームもあります。

Chromebook

Chromebookってブラウザしか使えないじゃないの?と思っている人もいるかもしれませんが、ゲームもできます。

ただ現在、コントローラーの接続は有線のみでワイヤレス接続はできません。

前述のGeForce NOWでPCゲームを遊ぶ場合にも同様でコントローラーは有線接続のみです。

コメント