iPadやiPhoneのマウス

マウス

iPadやiPhoneでBluetoothキーボードを使う時、マウスを併用するとより快適に操作できます。

なぜマウス?

iPadやiPhoneはBluetoothキーボードを使う場合でも、もちろん画面にタッチして操作できます。

しかし、Bluetoothキーボードを使う場合、iPadやiPhoneはスタンドなどに立て掛けることになります。

立て掛けた状態で指で画面をタッチするのはかなり億劫です。

その問題を解決する方法は2つあり、1つはフルキーボードアクセスです。

フルキーボードアクセスについては以下の記事を参照ください。

そしてもう1つの方法がマウスを使うことです。

トラックパッドでも

iPad Proであればアップル純正のMagic Keyboardにトラックパッドがついています。

また、ProでないiPadやiPhoneで使えるタッチパッド付のBluetoohキーボードもあります。

iPadやiPhoneのタッチパッドの扱いはマウスと同じですが、それぞれメリットとデメリットがあります。

マウス トラックパッド
(タッチパッド)
細かい操作 得意 苦手
クリック以外の操作 ボタン割り当て ジェスチャ
持ち運び 別途持ち運び キーボード一体
操作スペース 広さが必要 狭い場所でも使える

キーボード一体のトラックパッドに比べ、マウスは別途持ち運びが必要で不利ですが、持ち運び時にiPhoneより遥かに小さくなるマウスもあります。

iPhoneは縦置き

マウス(タッチパッドもですが)を使う場合、iPadなら横置きでもいいのですがiPhoneは以下の理由により縦置きがおすすめです。

  • ホーム画面が横表示に未対応
  • Face IDが横置きに未対応
  • 横画面では使いづらいアプリが多い

ホーム画面が横画面に対応していない

Bluetoothキーボードを使っていてもアプリの起動などでホーム画面はよく使います。

iPhoneを横置きしていると、横表示に未対応のホーム画面は90度回転して表示されます。

ホーム画面の操作なんて単純だから表示が回転していてもいいんじゃない?

と考えるのは甘いです。

後述するマウスやタッチパッドのポインタ移動もホーム画面では90度回転しているのです。

つまり、横置きではホーム画面をマウスやタッチパッドを事実上、操作できません。

Face IDが横置きに未対応

iPhoneはしばらく操作しないとロック状態になります。

縦置きならFace IDで簡単にロック解除できるのですが、横置きだとFace IDでは認証できないのです。

そのため、横置きだとロックするたびにパスコードを入力する羽目になります。

パスドードの入力はBluetoothキーボードでもできるのですが面倒です。

横画面では使いづらいアプリが多い

iPhoneのアプリは横画面では使いづらいものが多いです。

横画面で使うのは動画アプリくらいだからでしょうか・・・。

縦置きできるスタンド

iPhoneの画面をできるだけ高い位置で見られる高さ調整ができる縦置きスタンドがおすすめです。

Bluetoothマウスとのペアリング

Bluetoothマウスとのペアリングはなぜか「設定」の「Bluetooth」ではなく、「アクセスビリティ」の「タッチ」から行います。

アクセスビリティ
タッチ

Bluetoothマウスをペアリングモードにして「デバイス」、「Bluetoothデバイス」の順にタップします。

デバイス
Bluetoothデバイス

ペアリングしたいマウスの名前をタップし、PIN(ペアリングの暗証番号)を入力して「ペアリング」をタップします。

デバイス
PIN

「接続中」と表示されればペアリング完了です。

接続中
スポンサーリンク

マウスポインタを表示する

ペアリングしただけではマウスポインタが表示されません。

表示するには前述の「設定」-「アクセスビリティ」-「タッチ」から「AssistiveTouch」をONにします。

AssistiveTouch

ただ、AssistiveTouchをONにすると「AssistiveTouchメニュー」(半透明の大きな黒丸)も画面も表示されてしまいます。

マウス接続中にこのAssistiveTouchメニューの表示を消すには「メニューを常に表示」をOFFにします。

メニューを常に表示
スポンサーリンク

上下スクロール

マウスホイールやトラックパッドの2本指スクロールで画面をスクロールさせることができます。

ただし、そのスクロール方向はMacと同じでWindowsとは逆のため、Windowsを使っている人は戸惑うかもしれません。

マウスボタンのカスタマイズ

マウスの左ボタンにはデフォルトで「シングルタップ」が割り当てられています。

右ボタンや中央ボタン、もしあればその他のボタンには以下の機能を自由に割り当てできます。

  • シングルタップ
  • 副ボタンの
  • メニューを開く
  • 3D Touch
  • Appスイッチャー
  • SOS
  • Spotlight
  • アクセシビリティショートカット
  • コントロールセンター
  • シェイク
  • スクリーンショット
  • ダブルタップ
  • ピンチ
  • ピンチして回転
  • ホーム
  • メニューを移動
  • 押したままドラッグ
  • 音声コントール
  • 音量を下げる
  • 音量を上げる
  • 画面の向きをロック
  • 画面の読み上げ
  • 画面をロック
  • 解析
  • 回転
  • 簡易アクセス
  • 再起動
  • 消音
  • 長押し
  • 通知
  • Apple Pay
  • 右にスクロール
  • 下にスクロール
  • 下端までスクロール
  • 左にスクロール
  • 上にスクロール
  • 上端までスクロール
 

割り当てるには「設定」-「アクセスビリティ」-「タッチ」-「デバイス」からペアリングしたマウスの名前をタップします。

接続済装置

カスタマイズ可能なボタン(例えば3ボタンマウスの場合は3つ)が表示されますので、カスタマイズするボタンをタップします。

追加のボタンをカスタマイズ

割り当てたい機能(以下の例では「メニューを開く」)をタップすれば割り当て完了です。

メニューを開く

ボタン数の多いマウスがあるとこの機能をフル活用できます。

タッチパッド付キーボードの場合

前述のタッチパッド付キーボードの場合、カスタマイズ可能なボタンは3つ認識されます。

Bluetooth 3.0 Keyboard

「ボタン1」はタッチパッドの1本指タップ、「ボタン2」が2本指タップです。

「ボタン3」にはなぜか対応するタッチパッド操作がないようでした。

コメント