Oculus Quest 2で電子書籍を読む

巨大画面でマンガを見開きで読みたい、そんな願いはVRヘッドセットを使うと実現できます。

なぜVRヘッドセット?

電子書籍のメリットの1つは紙の本と異なるサイズで読めることです。

そのメリットは大抵の場合、紙の本は大きくて嵩張るけど電子書籍なら小さくて持ち運びやすいスマホなどでも読めて便利ですよ、というように紙の本より小さいサイズで説明されているようです。

しかし、もちろん紙の本より大きなサイズでも読めるわけです。

ただ、タブレットの画面サイズ程度では(見開きの)紙の本のサイズを大きく超えられません。

デスクトップパソコンに大画面モニターを接続してもいいのですが、場所を取ります。

そこでOculus Quest 2のようなVRヘッドセットというわけです。

VRヘッドセットならパソコンの大画面モニターなど遥かに超えるサイズで電子書籍を読めますし、場所も取りません。

目への影響は?

VRヘッドセットで読書と聞くと目への影響を心配する人もいるかと思います。

VRヘッドセットでは目の前にディスプレイがあるのでブルーライトで目が疲れるのではない、と最初は思いました。

しかし、実際にやってみるとなぜか目は疲れません。

顔にヘッドセットのパットが長時間あたり続けることによる違和感とか、ヘッドセットの重みで首が疲れるとか、髪型の乱れが気になるというのはあります。

でもなぜか通常の読書で感じる目の疲れを感じません。

それがどういう理由なのかわかりませんし、自分だけなのかももちろんわかりません。

たくさんの人がVRヘッドセットで読書するようになれば目への影響が研究されるかもしれませんがが。。。

スポンサーリンク

VRゲームをしないならPico G2 4Kのほうがいい

実は電子書籍を読むだけならOculus Quest 2よりPico G2 4Kのほうがいいです。

Pico G2 4KとはAndroid 8.1のディスプレイをVRゴーグルにしたような製品で、AndroidアプリをVRの大画面で使えます。

KindleアプリやKoboアプリなどAndroidの電子書籍アプリが使えるのです。

Oculus Quest 2でもAndroidアプリを使う非公式な方法はあるのですが、Androidアプリの表示領域が小さく、大画面での読書はできません。

ただ、Pico G2 4KではOculus Quest 2のような本格的なVRゲームはできません。

そのため、もしVRゲームをしないのであればOculus Quest 2よりPico G2 4Kがオススメです。

Pigasusで自炊本を読む

Oculus Quest 2のアプリストアであるOculus Storeには電子書籍アプリは見当たりません。

しかし、「Pigasus(ピガサス)」というアプリがあります。

概要に「ユニバーサルメディアプレイヤー」と書かれている通り、Pigasusは動画や画像を見るためのアプリなのですが、CBZ形式(自炊本によく使われるファイル形式)の電子書籍を読むための「コミックビューワ」機能もあります。

Oculus Quest 2本体内のCBZファイルはもちろん、Samba共有(WindowsやLinuxの共有フォルダ)のCBZファイルでも読み出せます。

自炊本をDropboxで管理しているなら、Oculus Quest 2の標準ブラウザでDropboxにアクセスし、自炊本をOculus Quest 2本体にダウンロード(/Download フォルダにダウンロードされます)し、Pigasusで読むことができます。

Dropbox, Inc.
公式価格よりお得

コミックビューワの設定項目は以下だけです。

「ダブルページ」は見開き表示、「右から左へ」はマンガのような右綴じ本、「2ページ」は2ページづつのページ送りのことです。

つまり、わずかこれだけの設定項目はコミックビューワ機能が「マンガを見開きで読むため」の機能であることを物語っています。

「2ページ」の設定ではOculus Quest 2コントローラーのサムスティックを右に倒すと2ページ進み、左に倒すと2ページ戻ります。

見開きページがずれて1ページだけ送りたい場合はメディア選択画面に戻り、表示したいページを選択すると調整できます。

Pigasusのコミックビューワ機能は「ユニバーサルメディアプレイヤー」のおまけ程度のものでPerfect Viewerなどには遠く及びませんが、マンガを読むには十分です。

ちなみに前述のPico G2 4KならPerfect Viewerが使えます。

Firefox Realityで電子書籍ストア本を読む

Kindleストアで購入した固定レイアウトの和書(マンガ、雑誌、技術書など)と洋書はブラウザでKindle Cloud Readerにアクセスすることで読むことができます。

残念ながらリフロー型(小説など文字主体の本)の和書は読めません。

そのようなアプリだけでなくブラウザでも読める電子書籍ストアの本であればOculus Quest 2のブラウザで読めます。

ただし、Oculus Quest 2の標準ブラウザでは表示サイズを大きくできず、使い勝手もよくありません。

そのため、大きく表示できて使い勝手もいいFirefox Realityで読むのがオススメです。

一部の電子書籍ストアではFirefoxには「デスクトップモード」をONにする必要があります。

コメント