XboxとゲーミングPC

Xboxはマイクロソフトの据え置きゲーム機です。

据え置きとはNintendo SwitchやPlayStation 4のようにテレビに接続して遊ぶタイプです(Nintendo Switchは携帯型ゲーム機としても遊べますが)。

まあ、基本的にはNintendo SwitchでもPlayStation 4でも好きなゲームが遊べるゲーム機を買えばいいわけですが、それがXboxの場合、ちょっと躊躇する問題があります。

XboxとゲーミングPCの競合です。

スポンサーリンク

ゲーミングPCとは

ゲーミングPCとはゲームに必要な処理性能を持つPC(パソコン)です。

一般的なPCとの一番大きな違いはGPU(画像処理装置)です。

通常のGPUではゲームに必要な大量の画像を高速に処理することができません。

そのため、ゲームには高性能はGPUが必要です。

高性能GPUはゲーム専用というわけではありませんが、ゲームの画像処理をこなせるGPUを搭載したPCはゲーミングPCと呼ばれます。

このような高性能GPUは高価なため、ゲーミングPCも当然高価なものになります。

ゲーミングPCの詳細

ゲーミングPCと競合する理由

ではなぜXboxがゲーミングPCと競合するかというとマイクロソフトがXboxとWindows 10の融合を進めているためです。

多くのXboxゲームがWindows 10でも遊べます。

ただ、Windows 10とはいっても通常のPCではGPU性能的に無理でまともに遊べるのはゲーミングPCになりますが。

他にもXboxとPCを融合するサービス・機能があります。

  • Xbox Play Anywhere
  • Windows 10のXboxアプリ
  • キーボード・マウス対応

Xbox Play Anywhere

Xbox Play Anywhereとはマイクロソフトのストアでゲームを一度購入するとXboxでもWindows 10でも遊べるサービスです。

しかも、XboxとWindows 10間でゲームのセーブデータも共有されます。

Xbox Play Anywhere対応ゲーム

ただし、どういうわけかマイクロソフトのゲームなのにXbox Play Anywhere未対応のものも存在します(例えばMinecraft)。

Windows 10のXboxアプリ

WindowsにはXboxアプリがプリインストールされています。

このアプリを使うとWindows 10でXboxを操作できます。

つまり、このアプリによってPCでXboxのゲームが遊べるわけです。

Windows PCに接続されたXboxコントローラーも振動機能も含めて使えます。

このアプリの仕組みはXboxの画面をWindows 10に転送するだけなので、ゲーミングPCでない普通のPCでも問題なく遊ぶことができます。

キーボード・マウス対応

PCゲームに慣れた人はゲームコントローラーよりキーボードとマウスのほうがゲームしやすいという人も多いのではないでしょうか。

XboxにはPC用のキーボードとマウスを接続し、対応ゲームをキーボード・マウスで操作できます。

XboxとゲーミングPCの比較

多くのXboxゲームがWindows 10でもできるならゲーミングPCがあればXboxはいらないのか?

本当にそうなのかを考えるためにXboxとゲーミングPCを比較してみます。

Xbox ゲーミングPC
価格(税込) 26,978円〜 15万円前後〜
GPU交換 デスクトップ型のみ
Steam
ゲームコントローラーUI
4K UHD BD再生 敷居が高い

圧倒的なコストパフォーマンスのXbox

XboxがゲーミングPCより圧倒的に有利な点はコストパフォーマンスです。

Xboxの現行機種は高性能版のXbox One Xと廉価版のXbox One Sです。

Xbox One XのGPUはRadeon RX580相当、またはGTX1070、GTX1080相当などと言われています。

例えばGTX1070搭載のゲーミングPCは以下のようにXbox One Xの3倍以上のお値段です。

GTX1070搭載のゲーミングPC

では廉価版のXbox One Sならどうかというと・・・、

そもそもXbox One Sってディスクドライブのないデジタル専用エディションなら26,978円ですよ。

2万円台のPCもなくはないですが、GPU云々以前にWindowsを動かすだけでアップアップのものばかりです。。。

GPUを交換可能なゲーミングPC

コストではXboxに完敗なゲーミングPCですが、コスト的に有利は点が1つあります。

デスクトップ型ならGPUの交換が可能なことです。

GPUが搭載されたグラフィックボード(グラボ)を新しい製品に交換することでGPUを交換できます。

GPUはPCの部品の中でも進化が速く、すぐに陳腐化します。

GPUだけ交換することでPC本体は長く使えるわけです。

それに対し、XboxはGPU交換などできません(ノート型のゲーミングPCも同様ですが)。

ただ、グラフィックボードはXboxに比べるとあまり安いとは言えません。

XboxでSteamができれば・・・

前述のように多くのXboxゲームがWindows 10でも遊べます。

しかし、ゲーミングPCで遊べるSteam(PCのゲームプラットフォーム)のゲームがXboxで動くわけはありません。

もし、XboxがSteamに対応したらPlayStation 4やNintendo Switchと互角に戦える、とまでは言いませんが同じ土俵に上がることくらいは許されるのではないでしょうか。

まあ、それを言い出すとXboxでWindows 10が動ければ・・・、などとキリがありませんが。

Windows 10についてはXboxのOS(基本ソフト)は既にWindows 10ベースになっており、同じマイクロソフトの製品なのでやろうと思えばできると思います。

もし万が一実現すれば、Xboxがバカ売れする可能性も。

ゲーミングPCはリビングで使いづらい

30インチや40インチといった大画面テレビはリビングルームだけにあるのが普通です。

そうしたリビングの大画面テレビにゲーミングPCを接続するのは簡単なのですが、問題はUI(ユーザーインターフェイス)です。

マウス操作前提のPCのUIはリビングでは使いづらいのです。

リビングでの操作性ではPCよりゲームコントローラーでの操作前提のXboxのUIが使いやすいです。

4K UHD BD

4K UHD BD(ウルトラ・ブルーレイ)とは4K、かつHDRに対応しているブルーレイディスクの規格です。

そして、この4K UHD BDを再生できる最安のプレーヤーは(ディスクドライブのないデジタル専用エディションでない)Xbox One Sです。

PCで4K UHD BDを再生するのはコスト的にも手間的にも敷居が高く、「そこまでしてPCで観る必要があるのか?」という疑問にぶち当たることになります。

Xboxを購入する理由

XboxとゲーミングPCの比較結果から、ゲーミングPCを持っていても、または持っていなくてもXboxを購入する理由をまとめて見ます。

  • 非ゲーミングPCでのゲーム
  • XboxとゲーミングPCでのマルチプレイ
  • 4K UHD BD再生環境
  • 無線ディスプレイ
  • リビングルーム用ゲーム機

非ゲーミングPCでのゲーム

ゲーミングPCを購入しない、という選択肢です。

非ゲーミングPCのXboxアプリでXboxのゲームをリモートで遊びます。

XboxとゲーミングPCでのマルチプレイ

Xbox Play Anywhere対応ゲームなら追加料金無しでXboxとPCでマルチプレイが楽しめます。

4K UHD BD再生環境

4K UHD BDを観るならXbox One Sが一番安いんだ、と家族や自分を納得させるのは難しくないのではないでしょうか。

無線ディスプレイ

XboxとWirelessというアプリを使うとXBoxと接続したテレビに無線でWindowsの画面を表示できます。

画面表示だけでなくXboxのコントローラーやXboxに接続したマウス・キーボードでWindowsを操作したり、Windowsのゲームで遊ぶこともできます。

Wireless Display
Microsoft Corporation

リビングルーム用ゲーム機

たとえゲーミングPCを持っていてもリビングルーム専用と割り切ってXboxを購入します。

ゲーミングPCをリビングで使うのは前述の通り、UI的に難しく、コスト的にもバカバカしいからです。

スポンサーリンク
パソコン
備忘録

コメント