かな入力

JISキーボード

かな入力(JISかな入力)とはJISキーボード(日本語キーボード)のキーに刻印された「かな」(ひらがな)の通りに日本語入力する方法です。

スポンサーリンク

かな入力への切替方法

入力方法をかな入力に切り替えるには日本語入力をONにした状態で、画面右下のタスクバー上の「あ」を右クリックします。

メニューが表示されるので「かな入力」-「有効」の順に選択します。

ローマ字入力との比較

ローマ字入力ではひらがな1文字を入力するために基本的に子音キー(A/I/U/E/O以外のキー)と母音キー(A/I/U/E/O)の2打鍵が必要です。

例えば、「こんにちは」の5文字をローマ字入力するためにはKONNNITIHAのの10打鍵が必要になります。

1打鍵でひらがなを入力できる「かな入力」にならローマ字入力の2倍の速度で日本語入力できるのでは?

そうなふうに考えていた時期が僕にもありました。

しかし、現実はそれほど甘くありません。

その理由は下の表を見れば一目瞭然で、かな入力がローマ字入力より速くなるのは清音が連続する場面だけです。

ローマ字入力 かな入力
数字・記号 IME ONのまま入力できる IME OFFするか変換操作が必要
、。「」ー 1打鍵 シフト + 1打鍵
じゃ じゅ じょ 2打鍵 2打鍵 + シフト + 1打鍵
ぎゃ ぎゅ ぎょ
びゃ びゅ びょ
びゃ ぴゅ ぴょ
3打鍵 2打鍵 + シフト + 1打鍵
きゃ きゅ きょ
しゃ しゅ しょ
ちゃ ちゅ ちょ
にゃ にゅ にょ
ひゃ ひゅ ひょ
みゃ みゅ みょ
りゃ りゅ りょ
3打鍵 1打鍵 + シフト + 1打鍵
が ぎ ぐ げ ご
ざ じ ず ぜ ぞ
だ じ づ で ど
ば び ぶ べ ぼ
ぱ ぴ ぷ ぺ ぽ
2打鍵
あ い う え お 1打鍵
か き く け こ
さ し す せ そ
た ち つ て と
な に ぬ ね の
は ひ ふ へ ほ
ま み む め も
や ゆ よ
ら り る れ ろ
わ ん
2打鍵 1打鍵

IMEのON/OFF操作は遅い

ローマ字入力なら数字も記号もIME(日本語入力ソフト)がONのまま入力できます。

これはローマ字入力では数字・記号キーを使わないためです。

それに対し、かな入力では数字・記号キーも使用するため、数字か記号を入力するためにはIMEをOFFにするか変換操作をする必要があります。

IMEをOFFにした場合には数字・記号の入力後にONに戻す操作が必要です。

シフト入力は遅い

かな入力では濁音、拗音、句読点でシフト入力が必要となります。

世の中にはシフト入力を1打鍵とする考え方もある(親指シフトなど)のですがシフト入力の速度が単独キーの打鍵速度と同じになるとは思えません。

コメント