安く簡単に使えるAndroid Oneとは?

Android One

現在、日本の、いや世界のスマホは大きく2つに分類されます。

iPhoneとAndroidスマホです。

他にWindowsPhoneとかもありますが、ほとんど使っている人はいないかと思います。

そのAndroidスマホの中にAndroid Oneがあるわけですが、Android Oneは機種の名前ではありません。

スポンサーリンク

そもそもAndroidスマホとは?

Andrond One以前にそもそもAndroidスマホとは何でしょうか。

AndroidとはアメリカのGoogle社が開発したモバイル端末(スマホやタブレット)向けのOS(基本ソフトウエア)です。

このAndroid OSのソースコード(プログラム)は公開されており、誰でも自由に使うことができます

いろいろなメーカーが自社のハードウエアにこのAndroid OSを組み込んだのがAndroidスマホというわけです。

このようなAndroidスマホの特徴はiPhoneと比べてみるとわかりやすいです。

Androidスマホ iPhone
OS開発 Google Apple
ハードウエア製造 スマホメーカー各社
OSカスタマイズ 不要
OSバージョンアップ 機種によってはできない 大きな問題なし
操作性 機種によって違う 統一されてる
価格 安いのから高いのまで 高い

前述の通り、スマホメーカーが自社のハードウエアにGooleが開発したAndroid OSを組み込みんだのがAndroidスマホです。

組み込み時には以下の理由でAndroid OSをカスタマイズ(修正)します。

  • 自社のハードウエアに適合させる
  • 他社のAndroidスマホと差別化する

同じAndroid OSを使っていてもメーカーや機種によって操作性に違いがあるのはこのOSカスタマイズのためです。

カスタマイズ内容によってはAndroid OSがバージョンアップされると対応が難しい場合があります。

Android OSがバージョンアップされてもAndroidスマホの機種によっては「対応できません」となるのはそのためです。

対してiPhoneの場合はとてもシンプルです。

ハードウエアもOS(iOS)もAppleだけが開発・製造しているため、OSカスタマイズなんてそもそも必要ありません。

よほど昔のiPhoneでない限りOSバージョンアップも問題ありません。

iPhoneにはiPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、、、がありますが操作性も統一されています。

ここまでの話だけならAndroidスマホよりAppleがすべてを支配しているiPhoneのほうが断然良さそうですが、問題は価格と多様性です。

Apple以外のメーカーはiPhoneのOSを自社のハードウエアに使うことはできませんから、そこに競争原理は働かずiPhoneは高値安定です。

Androidスマホはいろいろなメーカーがとにかく安い機種やとにかく高性能で高い機種までいろいろなスマホを発売しています。

安い機種、機能がシンプルな機種、高機能で高い機種など選びたい放題です。

iPhoneに比べて多様な機種を選択できるのがAndroidスマホのメリットと言えます。

Androidスマホのデメリット

ではAndroidスマホのデメリットな何でしょうか。

  • OSバージョンアップに対応できない機種がある
  • 操作が複雑
  • スマホに詳しくないと機種選択が難しい

OSバージョンアップに対応できない機種がある

スマホを長く使い続けられるか否かはOSバージョンアップにかかっていると言っても過言ではありません。

しかし、前述のようにOSカスタマイズの必要なAndroidでは機種によってはこのOSバージョンへの対応が難しい場合があります。

高価な機種は比較的問題はないのですが、安い機種だと露骨に切り捨てられる場合が多いです。

操作が複雑

素のAndroidの操作はそれほど複雑なものではありません。

しかし、スマホメーカーは差別化のためにOSカスタマイズで独自の機能を盛り込むため、素のAndroidとはかなり操作性が違うAndroidスマホも多くあります。

スマホに詳しくないと機種選択が難しい

初心者だからとりあえず安い機種を買う、

はAndroidスマホには通用しません。

なぜなら安い機種ではOSバージョンアップに対応できない可能性が高く、短いスパンで買い換えとなり結局高くつくからです。

かといって高価な機種にはメーカー独自の機能が多く盛り込まれ、選ぶのも使いこなすのも知識が必要です。

GoogleがハードウエアとOSカスタマイズを統一

そのようなAndroidスマホのデメリットを克服するため、GoogleがスマホのハードウエアとOSカスタマイズを統一したのがAndroid Oneです。

どのメーカーのAndroid Oneスマホもほぼ同じハードウエアと同じOSカスタマイズとなります。

これだとメーカーは価格競争以外にやることなさそうですが・・・・。

知識はないけど安いスマホを使いたい人におすすめ

ここまで読んでいただたらわかるとおり、先進の超高性能ハードウエアを追い求めるような人にはAndroid Oneはまったく向きません。

もっともおすすめなのは、「知識はないけど安いスマホを使いたい人」です。

安いAndoirdスマホはOSバージョンアップされないという罠があるのは前述の通りです。

格安SIM(ドコモ、ソフトバンク、AUのような大手キャリア以外の通信カード)とSIMフリーのAndroidを組み合わせて安く運用する方法もありますが、知識が必要、かつ制限も多くあります。

まあ、スマホを安く使うのにそんなに知識が必要という状況は異常だと思いますがそういう世の中なのです。

Android Oneなら格安SIMなみの費用で大手キャリアで運用できるスマホもあります。

しかも、メーカー独自のOSカスタマイズがないため、操作もシンプルで簡単です。

年配の方には特におすすめです。

端末代0円のAndroid One

もし、端末が0円で入手できれば、大手キャリアのソフトバンクでも月2,138円(税込)でスマホを使えます。

スマ放題ライト 1,836円
ウェブ接続料 324円
お手軽プラン(データ定額)1GB 1,598円
お手軽専用割引 -1,080円
おうち割 -540円
合計 2,138円

現在、シャープ製の「S3」という機種がAndroid Oneスマホが以下のリンクから0円で入手可能です。

Wキャンペーン

0円だからといってOSバージョンアップに対応しないとか操作性が変だとかはありえないのが、Android Oneのいいところです。

コメント