マンガや雑誌、書籍が無料で読めるPrime Reading

2017年10月にAmazonプライムとその学生版のPrime Studentの特典の1つとしてPrime Readingが追加されました。

スポンサーリンク

Prime Readingとは

Prime ReadingとはAmazonプライム会員とその学生版のPrime Student会員が追加料金無しでKindleストアの書籍やマンガ、雑誌を読めるサービスです。

プライム会員かPrime Student会員であれば実質無料で読めるということです。

記事執筆時点で1,000冊(以下のリンクを参照)がPrime Readingの対象本となっています。 Prime Reading対象本

対象本のラインナップは固定ではなく、入れ替えが行われます。

Kindle UnlimitedやKindleオーナーライブラリーとの比較

AmazonにはPrime Readingの開始以前から2つの似たようなサービスがありました。

  • Kindleオーナーライブラリー
  • Kindle Unlimited

これらのサービスとPrime Readingとの比較が以下です。

Prime
Reading
Kindle
オーナーライブラリー
Kindle
Unlimited
通常料金
(税込)
4,900円/年 or 500円/月
(Amazonプライムの一部)
980円/月
学生料金
(税込)
2,450円/年 or 250円/月
(Prime Studentの一部)
対象本約1,000冊約8万冊約18万冊
端末制限なしKindle端末と
Fireタブレットのみ
なし
同時利用 最大10冊 月1冊のみ 最大10冊

Kindle Unlimitedはその名前の通り「読み放題」のサービスです。

対象本もその名の通りの数となっています。

料金もそれなりにかかりますが、安く使う裏技もあります。

対してPrime Readingの対象本は決して「読み放題」と言える数ではありません。

また、AmazonプライムやPrime StudentでKindle本が無料で読めるサービスとしてはKindleオーナーライブリーがあったのですが、使い勝手がいいとは言えませんでした。

  • スマホや普通のタブレットで読めない(Kindle端末とFireタブレットのみ)
  • 月に1冊しか無料で読めない

Prime Readingはちょっと料金が高いKindle Unlimitedとプライム会員かPrime Student会員なら無料だが使い勝手が悪いKindleオーナーライブラリーの間に位置するサービスと言えます。

Prime Readingの登場によってAmazonプライム会員かPrime Studentになる理由がまた1つ増えました。

未だにAmazonプライム会員でもPrime Student会員でもないならそのコストパフォーマンスの高さを一度試してみてはいかがでしょうか。

Amazonプライム
30日間無料体験
Prime Student
プライム特典を半額で利用できる学生のためのプログラム
6ヶ月無料体験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
電子書籍
備忘録

コメント