Kindleオーナーライブラリー

Kindle

KindleオーナーライブラリーとはKindle本を月に1冊無料で読めるサービスです。

利用にはちょっとわかりづらいルールがあります。



利用できる条件

Kindleオーナーライブラリーの利用には2つの条件を満たす必要があります。

  • Amazonプライム会員であること
  • Kindle端末かFireタブレットを持っていること

Amazonプライム会員であること

Kindleオーナーライブラリーは数あるAmazonプライム特典の1つです。

そのため、利用するにはAmazonプライム会員である必要があります。

Amazonプライムは年会費はかかりますが、Kindleオーナーライブラリー以外にも多くのメリットがあるため、Kindleのユーザーであれば入っておいて損はないと思います。

Amazonの電子書籍やタブレットと切っても切れないのがです。 また、話題のAmazonプライムビデオを視聴するためには、Am...

読み放題のKindle UnlimitedはAmazonプライムとは全く別のサービスで月980円かかります。

それに対して、KindleオーナーライブラリーはAmazonプライムの「おまけ」という感覚です。

Kindle端末かFireタブレットを持っていること

KindleオーナーライブラリーはスマホのKindleアプリやiOS/AndroidタブレットのKindleアプリでは利用できません。

これが通常の無料本やKindle Unlimitedとの大きな違いで、Kindleオーナーライブラリーを利用できるのはe-ink(電子ペーパー)のKindle端末かFireタブレットのみです。

e-inkのKindle端末 Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhiteマンガモデル
Kindle
Kindle yoyage
Fireタブレット Fire HD 10
Fire HD 8
Fire 7
電子書籍の読みやすさならブルーライトを出さない電子ペーパー(e-ink)のKindleは圧倒的です。 しかし、6インチのモノク...

対象本の検索

前述の条件を満たしているからといってKindleストアのすべての本が月1冊無料になるわけでありません。

Kindle端末かFireタブレットでKindleストアを見た時、下図のように「無料で読む」ボタンと「プライム特典」が表示される本がKindleオーナーライブラリーの対象本です。

対象本にはベストセラーやマンガ、高価な本も含まれています。

問題はKindleオーナーライブラリーで無料で読める本だけを対象にした検索ができないことです。

パソコンやスマホで検索する

パソコンやスマホでは「無料で読む」ボタンが表示されないのですが、以下のリンクからKindleオーナーライブラリー対象本の一覧はわかります。

しかし、一覧からリンクをクリックしてもパソコンでは「無料で読む」ボタンは表示されません。

パソコンで検索した対象本のタイトルをKindle端末で検索してもいいのですが面倒です。

そこでおすすめなのが「ほしいものリスト」を経由する方法です。

まずパソコンやスマホで上記のリンクをクリックしてKindleオーナーライブラリー対象本から読みたい本を検索します。

読みたい本のページで「ほしいものリストに追加する」ボタンを押します。

これで検索した対象がインターネット上のほしいものリストに追加されます。

次にKindle端末で「ストア」ボタン(下図左側の赤丸)、メニューボタン(下図右側の赤丸)の順にクリックします。

ほしいものリスト

メニューがプルダウンしますので「ほしい物」リストをタッチします。

パソコンで追加したKindleオーナーライブラリー対象本が表示されますのでタッチします。

Kindle端末なら「無料で読む」ボタンが表示されていますのでタッチします。

これでパソコンやスマホで検索した本をKindle端末で読むことができます。

Prime Readingの登場

Kindleオーナーライブラリーは2013年の8月に登場しました。

それから4年後の2017年10月にPrime ReadingというKindleオーナーライブラリーを進化させたようなサービスが登場しています。

Prime ReadingはKindleオーナーライブラリーと同様にAmazonプライム会員であれば利用できます。

後発だけあってKindleオーナーライブラリーよりも優れたサービスになっています(詳細は以下の記事をどうぞ)。

2017年10月にAmazonプライムの特典の1つとしてPrime Readingが追加されました。 Prime Readingと...