電卓のMC、MR、MS、M+、M-の使い方

電卓

最近、電卓(バソコンの電卓ではない本物の電卓)を使う機会があります。

電卓にはMCMRMSM+M-のキーがあり、それらのキーで計算の順番を指定できたと思ったのですが、うろ覚えだったのでまとめてみます。

電卓のメモリー機能

電卓のMCMRMSM+M-は電卓の「メモリー機能」を操作するためのものです。

キー 名称 意味
MC Memory Clear メモリーをクリアする
MR Memory Recall メモリーの値を表示する
MS Memory Store メモリーへ表示されている値を書き込む
M+ Memory Plus 表示されている値をメモリーに加算する
M- Memory Minus 表示されている値をメモリーから減算する
CE Clear Entry 表示されている値のみクリアする
C Clear メモリー以外をクリアする

計算順序を変更する

1×2+3×4=

を計算するのに通常の電卓のキーを 1×23×4と叩くと計算結果として「20」が表示されてしまいます。

普通の電卓は足し算より掛け算を優先して計算しないためです。

関数電卓やiOSやMacの電卓アプリであれば上記のようにキーをたたいても正しい結果14を表示できます。

このような場合に計算順序を変更するためにメモリー機能を使います。

MCMRMSM+M-を次のように使うと正しい結果14が得られます。

押下順序 キー押下 表示 メモリー 意味
1 C0 不定 メモリー以外をクリアする
2 MC0 0 メモリーをクリアする
3 1×2=2 0 1×2の計算結果2を表示する
4 M+2 2 表示されている2をメモリーに加算する
5 3×4=12 2 3×4の計算結果12を表示する
6 M+12 14 表示されている12をメモリーに加算する
7 MR14 14 メモリーの内容を表示する

MCとかMRとか不要の書式通り入力方式

「書式通り入力方式」とは教科書に書いてある式通りにキー入力するだけで計算ができるカシオの電卓の機能です。

上記のようなMCMRMSM+M-などのややこしいキー入力が面倒であれば、「この書式どおり入力方式」の電卓を使うのもおすすめです。

ゲーム電卓

ここから先はMCMRMSM+M-は関係ありませんが・・・。

1980年代に一世を風靡したゲーム電卓が2018年3月に復活しています。

この小さなモノクロ液晶画面で一体どうやってゲームをやるかというと・・・、

ゲーム電卓

画面の右側からインベーダー(数字です)が侵略して来ます。

インベーダーと同じ数字のキーを叩くとビームの照準、迎撃となります。

そして迎撃したインベーダーの数字の合計が10の倍数になるとUFO(nのような文字です)が出現!

UFOを迎撃すると高得点になるため、知らず知らずのうちに暗算が得意になり電卓など不要になるかも・・・

ゲーム電卓とはいってもMCMRMSM+M-のキーは立派に(?)ありますから仕事の息抜きに会社の経費ででもひとつ買ってみてはいかがでしょうか。

名入れもできるプレミアム電卓

S100

そもそもパソコンやスマホを使えば「M+」キーだの「MR」キーだの使わなくても、足し算より掛け算を優先しますし、式中にカッコを使って計算順序を指定することもできます。

そんなパソコンやスマホ全盛時代にこのページに来てくれたのは、パソコンやスマホでは素早く計算できないと感じている人ではないでしょうか。

私は仕事で日常的にExcelを使っていますが、同時に電卓も使っています。

特に顧客と数字の話をする際、顧客の前でExcelをいじるのではなく電卓を叩きます。

なぜならExcelより電卓を使ったほうが計算も話も圧倒的に速いからです。

それに共感できる人なら電卓を早打ちすると入力が取りこぼされる経験があると思います。

その原因は電卓を早打ちするとどうしても複数のキーが同時に押されてしまうためです。

その問題を対策したプレミアム電卓があります。

キーを入力する際、前のキーを離す途中から押しはじめても入力できるキーロールオーバーという機能(早打ち機能)を搭載しています。

なんと3つのキーが同時に押されても正しく処理される3キーロールオーバーで正確に早打ちできます。

しかし、「今時、電卓なんて」と考える人にはまったく理解できない価格になっています。

驚くことに名前をレーザー刻印する「名入れ」もオーダーできます。

プレミアム電卓
CASIO(カシオ)
名入れ(レーザー刻印)可能

コメント