SteamVRのヘッドセット

SteamVR(スチームブイアール)とはPC用のVRゲームのプラットフォームです。

VRヘッドセットのメーカーであるOculusやHTCもそれぞれ独自のストアを運営していますが、SteamVRにあるゲームであればSteamVRで買っておけばヘッドセットを他メーカーのものに買い換えできます。

そのSteamVR対応のヘッドセット(VRゴーグル)はどれがいいでしょうか。

ヘッドセットの比較

単体使用 外部センサー 解像度
(左右合計)
リフレッシュ
レート
視野角
Oculus Quest 2不要 3,664×1,920 72Hz 100度
Pico G2 4K3,840×2,160 75Hz 101度
HP Reverb G2× 4,320×2,160 90Hz 114度
Oculus Rift S2,560×1,440 80Hz 110度
HTC Vive Cosmos2,880×1,700 90Hz 110度
Valve Index必要 2,880×1,600 最大144Hz 最大130度

Oculus Quest 2

Oculus Quest 2とはPC不要でスタンドアロンで動作するVRヘッドセットです。

スタンドアロンでOculus Quest Storeのアプリが使えます(アプリ数は多くはありません)。

このOculus Quest 2は次のいずれかの方法でPCと接続することでSteamVRにも対応します。

  • Oculus Link
  • Virtual Desktop

Oculus Link

Oculus Linkとは別売りのUSB3.0ケーブルでPCと接続するOqulus Questの標準機能です。

ただし、PCと接続できるとは言っても通常のヘッドセットより画質は劣ります。

通常のヘッドセットがHDMIケーブルとUSBケーブルの2本でPCと接続するところをOculus LinkではUSBケーブル1本だけの接続ですから。

Virtual Desktop

Virtual DesktopとはWindowsやMacを操作するためのOculus Questのアプリです。

そのVirutal DesktopはSteamVRに対応しています(Windowsのみ、MacはそもそもSteamVRに未対応)。

SteamVRをケーブルなしで遊べるのはOculus Quest + Virtual Desktopのみです。

ただ、画質はOculus Linkよりさらに悪くなりますが。

Pico G2 4K

Pico G2 4KはOculus Quest 2と同様のスタンドアロン型のVRゴーグルです。

ただ、6DoF(上下左右前後の動きを認識)の他のヘッドセットに対してPico G2 4Kは3DoF(頭の回転のみ認識)でゲームには向きません。

その代わり、解像度は4Kと高く映像は鮮明です。

このPico G2 4Kは「AMD ReLive for VR」でワイヤレスでSteamVRのゲームを遊ぶことができます。

AMD ReLive for VRは以下のAMDのグラフィックボード搭載PCのSteamVRの映像を対応VRゴーグルにストリーミングします。

  • Radeon RX470
  • Radeon RX480
  • Radeon RX570
  • Radeon RX580
  • Radeon RX590
  • Radeon RX Vegaシリーズ

上記グラフィック搭載PCでSteamVRを起動し、Pico G2 4KではAMD ReLive VRアプリを起動するだけです。

ただ、あくまで3DoFであり、Pico G2 4Kのリモコンではできない操作もあります。

スポンサーリンク

HP Reverb G2

HP Reverb G2はSteamVRとWindows Mixed Realityに対応したヘッドセットです。

SteamVR対応ヘッドセットの中では最高クラスの4K(4,320×2,160)解像度です。

ただし、その解像度をフルに活かすためには以下の環境が必要とされています。

4,320×2,160 3,840×1,920 2,880×1,440
90Hz 60Hz
CPU Core i7/i9 Core i5/i7
AMD Ryzen 7 AMD Ryzen 5/7
GPU NVIDIA RTX 2080 NVIDIA GTX 1080 NVIDIA GTX 1060
AMD Redeon RX580

高性能なPC環境を用意できるならオススメです。

Oculus Rift S

Oculus Rift SはPC接続専用のヘッドセットです。

後から発売されたOculus Quest 2がスタンドアロンとSteam VRの両方に対応しており解像度も高いためか、大幅に値下げされ以下のような価格で購入できます。

今のところはOculus Quest 2でスタンドアロンで遊べるゲームは少ないため、Steam VRだけ遊べればいいと割り切って買うならお買い得かもしれません。

SteamVR以外にOculus Rift Storeのアプリを使えます(前述のOculus Quest Storeよりアプリ数は多いです)。

HTC Vive Cosmos

HTC Vive CosmosもPC接続専用のヘッドセットです。

Oculus Rift Sよりも高い解像度を実現しています。

ただ、Oculus Rift Sより価格がかなり高いです。

Valve Index

Valve IndexはSteamVRを提供しているValve社のヘッドセットです。

ストラップで手に固定するコントローラーは他のヘッドセットでは不可能な「手を開く」動作が可能な上、5本の指の動きを認識できます。

最近のVRのお手軽路線には迎合せず、外部センサーの設置が必要ですがその分、トラッキング精度は高いです。

最高性能を求め、かつお金があるならValve Indexです。

コメント