UMPC (Windows 11搭載)

ONEXPLAYER mini

UMPCとは

UMPC(Ultra Mobile PC)とは2006年に提唱された小型のタッチパネル付PCの規格ですが、現在では超小型PCという意味合いで使われることが多いようです。

小さいPCは決して使いやすくないにもかかわらずUMPCに心ひかれる方は多いのではないでしょうか。

Windows 11のシステム要件は9インチ以上

Windows 11のシステム要件ではディスプレイサイズは9インチ以上となっています。

しかし、One-Netbook A1 ProやONEXPLAYER miniは7インチでWindows 11ですので9インチ未満ならWindows 11が動かないということはないと思います。

ただ、Windows 11のシステム要件を満たさないWindows 10 PCはWindows 11に無料アップグレードできません。

そのため、9インチ未満のWindows 10搭載UMPCにはWindows 11にアップグレードできないものがあるかもしれません。

One-Netbook A1

One-Netbook A1 Pro

One-Netbook TechnologyのOne-Netbook A1は上の写真のように回転する7インチ画面のUMPCです。

エンジニアをターゲットにしておりUMPCでありながらなんとRS-232端子を搭載しています。

未だに(?)仕事でRS-232を使っている人にはかなりハマるのではないでしょうか。

そんなエンジニアがターゲットとはいえ、このサイズで日本語キーボードも選択できます。

キーピッチ15mm、キーストローク1.5mm、さらにバックライトまで搭載したキーボードでエンジニアリング用途以外にも実用性は高そうです。

OneMix3S

OneMix3SはOne-Netbook A1と同じOne-Netbook Technologyの8.4インチUMPCです。

ONEXPLAYER

ONEXPLAYER mini

ONEXPLAYERのゲーミングUMPCです。

7インチは「ONEXPLAYER mini」なら重さはなんと619gです。

8.4インチの「mini」のつかない「ONEXPLAYER」はCore i7を搭載しています。

ゲーミングPCなので十字キーとABXYボタンはついていますが、キーボードはついていません。

画面タッチには対応しているのでキーボードなしのWindowsタブレットとしては使えます。

キーボードが必要なら専用キーボードも販売されています。

AYANEO 2021

AYANEO 2021は7インチのゲーミングUMPCです。

Surface Go 3

10.5インチのSurface Go 3がUMPCと言えるか否かはかなり微妙です。

ただですね、PCでまともな仕事をしようと思うと結局、このサイズの画面とキーボードが必要なのではないでしょうか。

タブレットとして使うにしてもキーボードを360度回転させるタイプ(キーボードが分離しないので重い)を使い続けられるでしょうか。

Surface Go 3ならキーワードを切り離して544gのタブレットになります。

まあ、Windowsタブレット自体がiPadなどに比べると微妙だという話もありますが。

Windows 11はSモードの状態で出荷されていますが、Sモードを解除して通常のWindows 11として使えます。

超小型のUMPCはたしかに魅力的ですが、UMPCを次々と買い換える沼にハマっているならSurface Go 3で抜け出せる可能性があるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました