iPadやiPhoneのブルーライトをカットする

外観モード

紙の雑誌や本がiPadやiPhoneに変わった

最近は紙の新聞や雑誌はほとんど買わなくなってしまい、情報はもっぱらiPadかiPhoneで得ています。

ニュースはWeb、本はKindleアプリです。

そうすると気になってくるのが液晶画面から発せられ、睡眠に悪影響があるといわれているブルーライトです。

ダークモードにする

ダークモードとは画面のデザインを全体的に黒基調にするモードです。

標準のライトモードに比べてブルーライトの量を減らせます。

「設定」-「画面表示と明るさ」画面の「外観モード」で「ダーク」を選択します。

外観モード

壁紙を黒にする

壁紙に静止画の黒を設定して、ホーム画面とロック画面のブルーライトを減らします。

「設定」-「壁紙」-「壁紙を選択」-「静止画」画面で黒の壁紙を選択します。

静止画

画面を暗くする

画面を暗くすれば、画面から発せられるブルーライトの量は削減されます。

画面の右上から下にスワイプしてコントロールセンターを出し、明るさを可能な限り暗くします。

コントロールセンター

「設定」画面と違ってコントロールセンターによる明るさ調整はすぐできるので、 明るい場所で画面を見る場合や色が暗めの動画を見る場合だけ、一時的に明るくするようにします。

Night Shiftで暖色系の色にする

Night Shift(ナイトシフト)とは画面の色をブルーライトが少ない暖色系に自動的に切り替える機能です。

暖色系は見づらいため、睡眠に影響を与えるとされている夜間の時間帯だけ切り替えます。

ただ、ダークモードにして画面を暗くしていれば、夜間だけとはいえ見づらいNight Shiftまで使う必要はないかもしれません。

設定するには「設定」-「画面表示と明るさ」-「Night Shift」で「Night Shift」画面を開きます。

NIght Shift

「色温度」のスライダーは「暖かく」するほど暖色系、「冷たく」するほど通常の色になります。

昼間設定する場合は「手動で明日まで有効にする」を一時的にONにして色温度を調整します。

「時間指定」は「日の入・日の出」にしておけば、ブルーライトが睡眠に影響を与える時間帯だけ画面が暖色系になります。

アプリのダークモード設定

Evernote

「設定」-「ダークモード」で「端末設定を使用する」を選択します。

Evernote

iPad / iPhoneがダークモードならEvernoteもダークモードになります。

Twitter

「設定とプライバシー」-「アクセスビリティ、表示、言語」-「画面表示とサウンド」-「ダークモード」画面で以下のように設定します。

Twitter

twinkle

「設定」-「表示設定」-「テーマ設定」画面を以下のように設定します。

twinkle

コメント

タイトルとURLをコピーしました