Google TV(Android TV)とFire TV Stick

Google TV(Android TV)

Fire TV Stickを使っているとGoogle TV(Android TV)が欲しくなります。

Google TVとは

Google TV(グーグル・テレビ)とはスマホやタブレットに搭載されているAndroid OS(基本ソフト)を搭載したテレビです。

そのため昔はAndroid TV(アンドロイド・テレビ)と呼ばれていました。

ただ、スマホ・タブレット用のAndroid OSがそのまま搭載されているわけではなく(もしそうならとても使いづらいはずです)、テレビのリモコン操作に操作に適したUI(ユーザー・インタフェース)にカスタマイズされています。

このUIはAndroidタブレットの「Entertainment Space」(コンテンツにワンストップでアクセスするポータル機能)の「Watch」にも導入されています。

また、Google TVはスマートテレビ(インターネットに接続できるテレビ)の1つでもあるため、スマートテレビと呼ばれることもあります。

Android OSのバージョンアップ

Google TVの機種によってはAndroid OSのバージョンアップがあります。

たとえばソニーのAndroid TVは2021年5月にAndroid 9 Pieへのバージョンアップを実施しています。

チューナー非搭載の製品も

Android TVを搭載しているにもかかわらずテレビチューナーを搭載していないBZ30J/BZ、BZ35J/BZ、BZ40J/BZなどの製品もあります。

スポンサーリンク

最近はテレビを見ないでネット動画だけという人も多いですが、テレビチューナーがなければNHKの受信料を払う必要はありません。

Fire TV Stickとの比較

Google TV Fire TV Stick
+ 通常テレビ
リモコン 1つで済む 2つ必要
音声操作 Googleアシスタント Alexa
セットアップ 簡単 HDMI端子への接続が必要
アプリ Google Playストア Amazonストア

1つのリモコンで全部操作できるのは快適

Fire TV Stick + 通常テレビではFire TV Stickとテレビの2つのリモコンを使いわけるのが結構面倒です。

Fire TV Stickのリモコンでテレビの音量調整はできますが、チャンネルを変えたり、テレビで録画した番組を見たりはできませんからね。

Fire TV Stickのリモコン

Google TVがAndroid TVと呼ばれていた頃はリモコン操作の反応が遅いため、ストレスが溜まったものでしたが、最新モデルであればそんなこともありません。

逆に言えば安いからと言って数年前の Android TVを買ってしまうとリモコンの反応の悪さに後悔すると思います。

セットアップが簡単

Google TVのセットアップは基本的にリモコンをペアリングして、Googleアカウントを設定するだけです。

Fire TV Stickのセットアップも難しくはありませんが、Google TVに比べるとFire TV StickをテレビのHDMI端子に接続する手間が余計にかかります。

アプリ

Google TVは動画配信アプリ以外にGoogle Playストアからゲームアプリなどを追加して遊ぶこともできます。

Fire TV StickがAmazonストアから動画配信アプリやゲームアプリを追加できるのと同じです。

搭載テレビ

Chromecast with Google TV

Chromecast with Google TVはその名の通り、Google TVが搭載されたFire TV Stickのようなデバイスです。

一般のテレビに接続することでGoogle TVとして使えます。

ただ、テレビチューナーが内蔵されているわけではなく、Chromecast with Google TVとテレビの2つのリモコンを使い分ける必要があります。

コメント