ノートパソコンをディスプレイとして使う

ノートパソコンをモニター化する

仕事場にはWindowsのノートパソコンが何台もあります。

通常使うのは1台だけで、それ以外のノートパソコンは普段は無駄に場所を取っているだけです。

そこで考えたのが普段使っていないノートパソコンをモニター化できないか? ということです。

新型コロナによるテレワークが急ピッチで普及している今、自宅でも同じことを考えている人は多いのではないでしょうか。

ノートパソコンに映像入力端子はない

Windowsはサブディスプレイをサポートしていますが、それはあくまでバソコンに接続された2個目や3個目の映像出力端子にサブディスプレイ用の映像を出力するものです。

ノートパソコンをサブディスプレイにするためにはノートパソコンに映像入力端子が必要です。

しかし、ノートパソコンにはHDMI映像出力端子やD-Sub映像出力端子はありますが、映像入力端子はありません。

つまり、Windowsのノートパソコンにディスプレイケーブルを接続したところで、サブディスプレイにはなりません。

HDMI入力端子付のノートパソコン

HDMI入力端子ある珍しいノートパソコンとして富士通のLIFEBOOK NHがあります。

LIFEBOOK NHはノートパソコンにもかかわらず17.3インチの大型ディスプレイを持ち、リビングルームなどでの使用が想定されています。

キーボード上部のボタンでHDMI映像入力表示と通常のPC表示を切り替えることができます。

一人暮らしでNintendo Switchなどのゲーム機等のためだけに仕方なくテレビを持っているならLIFEBOOK NHだけにすると部屋が広く使えそうです。

4つの方法

  • Miracast
  • USBリンクケーブル
  • HDMIキャプチャ

Miracast

以下の要件を満たしていればWindows 10標準のMiracast機能でサブディスプレイ化することができます。

  • 両方のPCがWindows 10
  • 両方のPCが同じネットワークに無線LAN接続している

Miracastとは画面を無線伝送するための規格です。

サブディスプレイ化するノートパソコンでは「接続」アプリを使います。

接続アプリはWindows 10 May 2020 Update (バージョン2004)以降だとプリインストールされていません。

インストールするには「Windowsの設定」でアプリをクリックします。

Windowsの設定

「アプリと機能」の「オプション機能」をクリックします。

アプリと機能

「オプション機能」画面の「機能の追加」をクリックします。

オプション機能

「オプション機能を追加する」画面で「ワイヤレスディスプレイ」を探してチェックし「インストール」をクリックすると接続アプリがインストールされます。

オプション機能を追加する

この「接続」アプリを起動するだけでパソコンがMiracastの接続待ちになります。

MiracastとはHDMI(パソコンとモニター間の接続に使用される規格)を無線化する技術です。

そして、クライアント側のWindows 10ではアクションセンターから「接続」をクリックすると接続待ち状態のMiracast端末を検索します。

「接続」アプリを起動したパソコンが検索され、選択するとMiracastで接続されます。

接続されるとHDMIケーブルでサブディスプレイ(サブモニター)を増設したかのようにふるまいます。

ただし、無線で画面を伝送しているためか遅れる感じはあります(特にマウスカーソルは遅れを感じます)。

スポンサーリンク

古いノートパソコンをWindows 10にアップグレードする

ただ、サブディスプレイとして使いたいノートパソコンは当然古い機種です。

Windows 10が動くスペックであればWindows 10にアップグレードすれば接続アプリを使えます。

USBリンクケーブル

USBリンクケーブルとは2台のパソコン接続して、マウスとキーボードを共有したり、ファイル転送をする製品です。

このUSBリンクケーブルにディスプレイ共有機能を付加したのがJUC700でリンクケーブルでディスプレイの映像データを転送することでUSB接続したパソコンをサブモニタとして使うことができます。

両方のPCにドライバをインストールする必要があります。

ドライバCDが付属していますが、ノートパソコンにはCDドライブがなければネットからドライバをダウンロードしてインストールできます。

仮想ディスプレイドライバがインストールされるようで、Windowsのコントロールパネルのディスプレイを見るとUSB接続したノートパソコンがサブディスプレイのように見えます。

ただし、動画が少しコマ落ちします。

HDMIキャプチャ

ビデオカメラなどのHDMI映像をパソコン(Windows/Mac)に取り込み、ライブ配信などを行うためのHDMIキャプチャ機器があります。

HDMIキャプチャのHDMI入力はパソコンからはUVC(USB Video Class)と認識されるため、HDMI映像はカメラからの映像として扱われます。

UVCはWindowsでもMacでも標準機能のため、ドライバなどのインストールが不要でお手軽です。

ただ、UVCとして出力できる解像度は最大1,920×1,080 60fpsです。

スポンサーリンク

キックスタンド付のSurfaceがピッタリではありますが・・・

こうした用途に便利なのはキーボードを分離できる2in1タイプのPCです。

その2in1の中でもタブレット本体を自立させられるキックスタンド付のSurfaceがサブディプレイにピッタリです。

マイクロソフト
リモートワーク支援キャンペーン

最新のSurfaceをサブディスプレイとして使うのはあまりにももったいないですが、ノートPCを買うならキックスタンド付の2in1にしておけば将来こうした用途に使い回せます。

コストパフォーマンスは?

ノートパソコンをサブディスプレイにしたい理由は使わないノートパソコンを有効活用したいからだと思います。

しかし現在、ディスプレイは以下のような価格です。

ノートパソコンのようにディスプレイも持ち運びたいならモバイルモニターもこんな価格です。

そのため、消費電力や面倒を考えると使わないノートパソコンは処分し、新しいディスプレイを購入してしまったほうがコストパフォーマンスはよさそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    接続アプリのMiracastの情報ありがとうございました。解決はできませんでしたが問題の種類が絞り込めたのと他端末でも可能かもしれないことがわかりました。重ねてお礼申し上げます