ChromebookにWindowsをインストールする

ChromebookでもWindowsを使う方法がいくつかあります。

ChromebookにWindowsをインストールして使う方法もあります。

Windowsを使う3つの方法

ChromebookでWindowsを使う方法は3つあります。

Parallels Desktop for
Chromebook Enterprise
CrossOver
Chrome OS
Chrome
リモートデスクトップ
費用 有料 無料
利用制限 Chrome Enterpriseのみ
(企業・教育機関のみ)
無し
システム
要件
CPU Intel Core i5かCore i7 Intel CPU 無し
RAM 16GB 2GB
ストレージ 128GB SSD 550MB
Windows (物理)PC 不要 必要
OS
ライセンス
必要 不要 PCに含む
実現方式 Windows仮想環境 Windows
互換レイヤ
画面転送
アプリ互換性

Parallels Desktop for Chromebook Enterprise

Parallels Desktop for Chromebook EnterpriseとはChromebook Enterprise上でWindows OSを動かす仮想化ソフトです。

Chrome Enterpriseとは企業や教育機関向けのChrome OSデバイスです。

そのため、Parallels Desktop for Chromebook Enterpriseを利用できるのは企業や教育機関となります。

Parallels Desktop for Chromebook EnterpriseはWindows OSを実行するための仮想環境を提供します。

通常、Chrome Enterprise環境の管理者がインストールしたWindows環境が各Chomeデバイスにダウンロードされます。

高性能なChromebookが必要

Windows OSをインストールして実行できる高性能なChromebookが必要です。

以下のChromebookが推奨とされています。

どれもWindows PCが買えてしまう価格帯です。

Windows PCより安く購入できる(ものもある)、というのがChromebookのメリットの1つですが、Parallels Desktop for Chromebook Enterpriseを使うのであればそのメリットは得られません。

スポンサーリンク

アプリ互換性は問題なし

本物のWindows OSの上でアプリを動かすのですから互換性は問題はありません。

フル機能のマイクロソフトOfficeも使えます。

Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

CrossOver Chrome OS

CrossOver Chrome OSとはChromebookでWindowsアプリに互換レイヤを提供するソフトです。 CrossOver Chrome OS

Parallels Desktop for Chromebook EnterpriseのようにWindows OSをインストールするわけではないため、Windowsのライセンスは不要です。

システム要件もそれほど高くはなく、Intel CPU搭載のChromebookであれば以下のような性能のもので使えます。

Intel CPU搭載のChromebookには以下のようなものがあります。

アプリの互換性は要確認

本物のWindows OSを使わずCrossOverがWindowsの互換レイヤを提供する、という仕組みのため、すべてのWindowsアプリが動作するわけではありません。

CrossOvereで動作するWindowsアプリはこちらで確認できます。

例えばマイクロソフトOfficeは2013であれば動作するとなっています。

スポンサーリンク

Chromeリモートデスクトップ

ChromeリモートデスクトップとはChromeブラウザからネットワーク上のWindows PC、Mac、Linuxに接続し、操作するためのソフトです。

つまり、Chromebook上でWindowsを動かすわけではなく、Windows PCを遠隔操作するわけです。

ChromebookにはWindows PCの画面が動画配信のように転送されてくるだけのため、低性能のChromebookでも問題なく使えます。 Chrome リモート デスクトップ

コメント