ChromebookにWindowsをインストールする

ChromebookをWindows化することはできるのでしょうか。

Windowsを使う5つの方法

ChromebookでWindowsを使う方法は5つあります。

  • Parallels Desktop for Chrome OS
  • CrossOver Chrome OS
  • Windows 365
  • Windows Server VPS
  • Chromeリモートデスクトップ
Parallels Desktop
for Chrome OS
CrossOver
Chrome OS
Windows
365
Windows
Server
VPS
Chrome
リモート
デスクトップ
利用制限 企業・教育機関 無し 法人 無し
料金 有料 無料
システム
要件
デバイス Chrome Enterprise
CPU Intel Core i5 / i7
AMD Ryzen 5 / 7
Intel CPU 無し
RAM 8GB 2GB
ストレージ 128GB以上 550MB
Windows PC 不要 必要
実現方式 Windows
仮想環境
Windows
互換レイヤー
画面転送
アプリ互換性

Parallels Desktop for Chrome OS

Parallels Desktop for Chrome OSとはChrome EnterpriseデバイスでWindowsを動かす仮想化ソフトです。

Chrome Enterpriseデバイスとは企業や教育機関向けのChrome OSデバイスです。

そのため、Parallels Desktop for Chrome OSを利用できるのは企業や教育機関となります。

Parallels Desktop for Chrome OSはWindowsを実行するための仮想環境を提供します。

通常、Chromebook Enterprise環境の管理者がインストールしたWindows環境が組織で管理されているChromebookにダウンロードされます。

高性能なChrome Enterpriseデバイスが必要

Windowsをインストールして実行できるのは高性能なChrome Enterpriseデバイスです。

Windows PCより安く購入できる(ものもある)、というのがChromebookのメリットの1つですが、Parallels Desktop for Chrome OSを使うのであればそのメリットは得られません。

アプリ互換性は問題なし

本物のWindowsの上でアプリを動かすのですから互換性は問題ありません。

フル機能のマイクロソフトOfficeも全く問題なく使えます。

ZoomのようなWindowsのWeb会議アプリも使えます(Chrome OSのカメラ、マイク、スピーカーがWindowsに接続されます)。

CrossOver Chrome OS

CrossOver Chrome OSとはChromebookでWindowsアプリに互換レイヤーを提供するソフトです。

システム要件はそれほど高くなく以下のようになっています。

  • インテルCPU搭載の2019年以降のChromebook
  • 2GB以上のRAM
  • 550MB以上の空領域

以下のようなインテルCPU搭載のChromebookであればOKです。

アプリの互換性は要確認

本物のWindowsを使わずCrossOverがWindowsの互換レイヤーを提供する、という仕組みのため、すべてのWindowsアプリが動作するわけではありません。

CrossOvereで動作するWindowsアプリはこちらで確認できます。

例えばマイクロソフトOfficeは2013であれば動作するとなっています。

しかし、Office 2013は既にメインストリームサポートが終了し、延長サポートも2023年4月に終了します。

Officeの現行版はOffice 2019ですので、これではかなり厳しいと思う人が多いのではないでしょうか。

Windows 365

Windows 365はクラウド上に仮想化されたWindows PCを提供するサービスです。

Chromebookからはブラウザでクラウド上のWindowsに接続します。

つまり、Chromebook上でWindowsを動かすわけではなく、クラウド上のWindowsを遠隔操作するわけです。

この方法には3つの大きなメリットがあります。

  • 高性能なChromebookが不要。
  • 会社のPCでも自宅のChromebookでもまったく同じWindows環境が使える。
  • 24時間稼働(会社での作業の続きをそのまま自宅でできる)。

ただ、Windows 365は法人向けのサービスであり料金的にもとても個人向けとは言えません。

Windows Server VPS

Windows Server VPSとはクラウド上に仮想化されたWindows Serverを提供するサービスです。

マイクロソフトが公式クライアントアプリを提供しており、ChromebookではAndroidの「Remote Desktop」アプリで接続して操作します。

Windows 365と同様、Chromebook上でWindowsを動かすわけではなく、クラウド上のWindowsを遠隔操作します。

Windows 365より安く手軽に利用できるため、企業や教育機関でない個人がChromebookでWindowsアプリを使う手段としてはこのWindows Server VPSがおすすめです。

2週間無料

Chromeリモートデスクトップ

ChromeリモートデスクトップとはGoogleが提供しているChromeブラウザからネットワーク上のWindows PC、Mac、Linuxを操作するためのソフトです。

前述のマイクロソフトが提供しているRemote Desktopとは別物です。

ただし、ChromeリモートデスクトップでWindowsを使うためにはWindows PCが必要ですし、スリープ(節電機能)もOFFにして常時稼働させておく必要があリます。

しかし、サーバーでもないWindows PCを常時稼働させるのは電気代、熱、故障リスク、火災リスクなどが問題になるため、ChromeリモートデスクトップよりWindows Server VPSのほうが安心ではあります。

また、そもそもWindows PCがあるなら最初からそれを使えばいいのではないでしょうか……

スポンサーリンク
PC
備忘録

コメント