Chromebookでできること

Chromebook

マイクロソフトOffice

ChromebookではOffice Online(Web版のマイクロソフトOffice)が使えます。

スポンサーリンク

Zoom

Zoom

ZoomとはWeb会議サービスです。

Google PlayストアでChromebook用のZoom for Chrome PWAが提供されています。

PWA(Progressive Web Apps)とは通常のアプリのように使えるWebアプリで、WindowsのZoomアプリとほぼ同じ機能が使えます。

Zoom for Chrome - PWA
Zoom for Chrome - PWA
zoom.us

Linux

LinuxとはWindows、macOS、Chrome OSといったOS(基本ソフト)の1つです。

AndroidやChrome OSはLinuxがベースになっています。

ChromebookはDebian Linuxのミドルウェアをコンテナーとして提供しており、Linuxを使うことができます。

Linuxのメリットの1つは(通信を前提としたアプリでなければ)オフラインでも使えることです。

プログラミング

Linuxには無料で使える膨大なプログラミング言語やプログラミングツールがあります。

手軽にLinuxが使えるChromebookはプログラミングにはオススメです。

Evernote

EvernoteはWeb版とAndroid版の両方が使えます。

通常、Chromebookではタッチ操作前提のAndroidアプリはあまり使いやすくはありませんが、EvernoteのAndroid版はChromebookにも最適化されています。

パソコンのような操作性がいいならWeb版、タブレット/スマホのような操作性ならAndroid版と使い分けることができます。

スポンサーリンク

テキストエディタ

Visual Studio Code for the Webが利用できます。

「Jota+」などのAndroidのテキストエディタであればオフラインでも使えます。

写真編集 / イラスト

Adobeが提供しているCreative Cloud Expressというサービスで写真編集やイラスト作成ができます。

Creative Cloud Express
Adobe
無料
ブラウザで画像や動画を簡単編集

Skype

SkypeもEvernoteと同様、Web版のSkype for WebとAndroid版の両方が使えます。

そして、Chromebookで使いやすいのもEvernoteと同様にWeb版です。

スポンサーリンク

スクリーンショット

Windowsのキーボードにはスクリーンショットを撮るためのPrtScnキーがあります。

ChromebookのキーボードにPrtScnはありませんが以下のショートカットでスクリーンショットを撮ることができます。

スクリーンショットの範囲 ショートカットキー
画面全体 ctrl+
ウインドウ ctrl+alt+
画面の一部 ctrl+shift+

スクリーンショットの画像ファイルは「ダウンロード」フォルダに保存されます。

LTEが使えるChromebookはほとんどない

LTE(携帯回線)のSIM(携帯回線契約が書き込まれたカード)が使えるChromebookで一般に購入できるものはほとんどありません。

テザリング

そのため、一般的な(LTEが使えない)ChromebookをWi-Fiのない場所で使うならテザリングなどでネット接続することになります。

テザリングとはスマホを経由してインターネットに接続することです。

テザリング時のChromebookとスマホの接続方法は基本的にWi-Fiです。

Wi-FiはBluetoothやUSBケーブルに比べてスマホのバッテリー消費が速いのですが、iPhoneはWi-Fi接続でしかテザリングできません。

Androidスマホであれば機種によってはUSBケーブルか「インスタントテザリング」が使える場合があります。

インスタントテザリングとはChromebookがインターネット接続できない場合、ワンタッチでAndroidスマホとBluetooth接続してテザリングをする機能です。

Androidスマホの操作は不要です。

スポンサーリンク

印刷

最近のプリンターならChromebookと同じネットワークに接続されていればUSB接続されていれば使えます。

しかし、古いプリンターには対応していないものもあり、WindowsやMacに比べると印刷に難があります。

リモートデスクトップ

Chromebookでは「Chromeリモートデスクトップ」が使えます。

ChromeリモートデスクトップとはChromeブラウザから以下のパソコンを操作できる機能です。

  • Windows
  • Mac
  • Linux

例えば会社にあるWindows PCに自宅のChromebookからリモートデスクトップ接続すれば会社のWindowsを使って自宅から仕事ができます(もちろん会社のWindows PCは電源が入っている必要がありますが)。

iTunesは未対応

iTunesの対応OSはWindowsとMacのみでChrome OSには未対応です。

そのため、ChromebookではiTunesを使ったiPhoneのバックアップやCDからの取り込みはできません。

ただ、Apple MusicであればChromebookのブラウザから使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました