Chromebookはどれを購入すればいいのか?

Chromebookにはいろいろな種類がありますが、どれを購入すればいいでしょうか。

どれを選んでも大きなハズレはない

Chromebookとは比べ物にならないほど多くの機種が売られているのがWindows PCです。

しかし、現行機種であってもほとんど使い物にならないWindows PCも売られています。

  • ストレージがHDD
  • ストレージが32GB以下
  • メモリが4GB以下
  • CPUがATOM

コストを下げるために上記のような部品が使われている安いWindows PCがあります。

しかし、例えばメモリ4GBではWindowsだとすぐにメモリ不足になってしまいます。

そのため、初心者が安価なWindows PCを購入すると失敗することが多いです。

それに対してChromebookなら現行機種であれば安価な機種でも使い物にならないということはありません。

理由はChromebookに搭載されている「Chrome OS」がWindowsに比べて軽く、安価な機種でもサクサク動くからです。

自動更新ポリシーだけは注意

自動更新とはChrome OSのアップデートを受けられる期間です。

期間はChromebookの機種によって発売から5年〜8年と異なります。

「自動」という名前から手動ならアップデートできるのでは?と考える人もいるかもしれませんが、Chrome OSを手動でアップデートする手段は存在しません。

そのため、ハズレのないChromebook選びでも「自動更新ポリシー」だけは注意が必要です。

自動更新期間が過ぎている機種(それは現行機種ではありませせんが……)は論外として、期間が長い機種を選べば長く使うことができます。

4万円以下の14インチ

14a C423NA-EB0039
価格 39,800円23,980円
自動更新ポリシー 2026年6月 2024年6月
画面 サイズ 14インチ
解像度 1,920 x 1,080
タッチパネル ×
CPU 種別 Celeron N4020 Celeron N3350
速度 1.1GHz – 2.8GHz 1.1GHz – 2.4GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC 32GB eMMC
重量 1.33kg 1.25kg

据え置きで使う人にとって高コストパフォーマンスなのがこのタイプです。

デタッチャブル(キーボードが分離する)でもコンバーチブル(ディスプレイが360度回転する)でもないのでタブレットとしては使えませんが、そもそも大きく重すぎてタブレットとして使うのは無理でしょう。

ただ、Androidアプリを使うならタッチパネルは対応していたほうが便利です。

大きな画面で高解像なので文字も読みやすいです。

Celeronはエントリークラスの性能ですが、Chrome OSが軽いためかストレスは感じません。

デタッチャブル型

デタッチャブル型とはキーボードが分離し、本体だけでタブレットとして使えるタイプです。

IdeaPad
Duet
Chromebook
Chromebook
Detachable
CM3
価格 32,200円40,222円
自動更新ポリシー 2028年6月 2026年6月
画面 サイズ 10.1インチ 10.5インチ
解像度 1,920 x 1,200
タッチパネル
CPU 種別 MediaTek
Helio P60T
MediaTek
MT8183
速度 2GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC 128GB eMMC
ペン USIペン対応 付属
堅牢性 MIL規格準拠

ただし、キーボードを分離したからと言ってAndroidタブレットになるわけではなく、あくまで「Chromebookタブレット」です。

キーボード接続時もキックスタンドで本体を支えるため、モバイルでよくやる膝上での使用は難しいです。

画面は10インチ強と小さいですが、解像度が高いため文字は読みやすいです。

CPUはエントリークラスの性能です。

11.6インチ

C223NA Spin 311
CP311-3H-A14P
価格 18,900円33,800円
自動更新ポリシー 2024年6月 2028年6月
画面 サイズ 11.6インチ
解像度 1,366 x 768
タッチパネル
360度回転
×
CPU 種別 Celeron N3350 MediaTek MT8183
速度 1.1GHz 2GHz
メモリ 4GB
ストレージ 32GB eMMC 64GB eMMC
重量 999g 1.05kg

小型軽量でモバイルに向いたタイプです。

デタッチャブル型のほうが小さく軽いのですが、前述の通り膝上では使いづらいため、出先でのテキスト入力マシンとしてはこちらのほうがおすすめです。

ただ、デタッチャブル型より解像度が低いため、文字は見やすくありません。

タッチパネル & 360度回転のSpin 311 CP311-3H-A14Pならタブレットやテントモード(上の写真)でも使えます。

ハイスペック

x360 14c
1P6N0PA-AAAA
価格 54,921円
自動更新ポリシー 2028年6月
画面 サイズ 14インチ
解像度 1,920 x 1,080
タッチパネル
360度回転
CPU 種別 Core i3-10110U
速度 4.1GHz
メモリ 8GB
ストレージ 128GB eMMC
重量 1.65kg

前述の通り、Chrome OSは軽いためにブラウザだけを使う分にはそれほどのハイスペックを必要としません。

Chrome OSはできることに制約があるため、ハイスペックを求めるならWindowsやMacでいいのでは……という疑問を持つ人もいるかもしれません。

しかし、ChromebookでChrome OS以外を使う場合はハイスペックが必要とされます。

Android / Linux

ChromebookではAndroidとLinuxを使えます。

Androidアプリや特に開発用のLinuxアプリにはハイスペックを要求するものがあります。

Parallels Desktop for Chromebook Enterprise

Parallels Desktop for Chromebook EnterpriseはChromebookにWindowsをインストールするための仮想化ソフトです。

スポンサーリンク
PC
備忘録

コメント