Surfaceでスクリーンショットを撮る方法

タイプカバーでスクリーンショットを撮る

スクリーンショットとはディスプレイに表示されている内容を画像としてクリップボードにコピーする、または画像ファイルとして保存することです。

マイクロソフトのSurfaceでは機種とタイプカバー(タッチカバー)の有無によってスクリーンショットの撮り方が異なります。

標準のスクリーンショットの撮り方

Windows標準のスクリーンショットの撮り方は以下です。

対象 保存先 物理キーボード タブレット本体
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Windows + PrtScn本体のWindowsボタン +
ボリュームダウンボタン
クリップボード PrtScn
アクティブ
ウインドウ
Alt + PrtScn
選択範囲 Windows + Shift + S
+ マウスで範囲指定

PrtScnがないキーボードもある

ノートPCなどの小さなキーボードではPrtScnが省略されている場合があります。

そのような場合、標準以外の方法でスクリーンショットを撮ることになります。

タブレット本体のみで撮る場合

Windowsタブレット本体には物理キーボードがありません。

そのため、本体のWindowsボタンを押しながらボリュームダウンボタンを押します。

すると画面全体のスクリーンショット画像が「ピクチャ」フォルダの下の「スクリーンショット」フォルダに保存されます。

タブレット本体だけではアクティブウインドウや選択範囲のスクリーンショットは撮れません。

クリップボードへの保存とは?

表中で保存先がクリップボードとはスクリーンショットがクリップボードに保存されるだけで、画像ファイルは作成されません。

そのため、画像ファイルを作成するにはクリップボードにコピーされたスクリーンショットを画像アプリにコピーし、ファイルとして保存する操作が必要です。

アクティブウインドウとは?

アクティブウインドウとは一番手前に表示されているウインドウです。

スクリーンショットが撮れない場合も

ちなみに通常の方法ではスクリーンショットが撮れない場合もあります。

ゲーム画面

ゲームは特殊な描画をしているために、スクリーンショットが撮れないことが多いです。

ゲーム画面のスクリーンショットを撮る

スクロールして表示する画面

ブラウザなどスクロールしないと全部表示されない画面のスクリーンショットも通常の方法では撮れません。

これについての詳細は以下の記事をどうぞ。

スクリーンショットとスクロール

仕事でWindowsの画面のスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮ることがよくあります。

ステップバイステップの操作マニュアルを作るためです。

これが以前はなかなか面倒な作業でした。 標準のスクリーンショットのやり方...

Surface固有のスクリーンショットの撮り方

Surfaceは機種によってはタイプカバー(キーボード)のキーや本体のボタンが省略されているため、機種固有の操作が必要になります。

Surfaceペンで撮る

Surfaceペン

Surfaceペンを使っている場合、ペンの頭の消しゴム部分を2回ノックするとメニューが表示され、画面全体かペンで指定した範囲のスクリーンショットが撮れます。

スクリーンショットはファイルとして保存したり、OneNoteなどのアプリに貼り付けられます。

Surface Pro

タイプカバー(キーボード)をつけた状態では標準の方法でスクリーンショットを撮れます。

しかし、Surface Pro本体だけではWindowsボタンがないため標準の方法ではスクリーンショットを撮れません。

スクリーンショットを撮るには本体の電源ボタンとボリュームアップボタンとを同時に押します。

画面が一瞬だけ少し暗くなれば成功です。

対象 保存先 タイプカバー
(キーボード)
Surface Pro 本体
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Windows + PrtScn本体の電源ボタン +
ボリュームアップボタン
クリップボード PrtScn
アクティブ
ウインドウ
Alt + PrtScn
選択範囲 Windows + Shift + S
+ マウスで範囲指定
LTEも選択できるSurface Proの価格

Surface ProとはWindowsの開発元であるマイクロソフト自身が開発・販売しているWindowsタブレットです。

タブレットとは言っても専用キーボードを接続することでノートPCのように使うことができます。

L...

Surface Pro 4

Surface Pro 4のタイプカバー(キーボード)のPrtScnキーはF7キーと兼用になっています。

そのため、Fnキーのロックを外した状態(Fnキーのランプがついていない状態)で、標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

Surface Pro 4本体で撮るにはWindowsキーがないため標準の方法ではなく、本体の電源ボタンとボリュームアップボタンを同時に押します。

対象 保存先 タイプカバー
(キーボード)
Surface Pro 4 本体
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Fnアンロック状態で
Windows + PrtScn
本体の電源ボタン +
ボリュームアップボタン
クリップボード Fnアンロック状態で
PrtScn
アクティブ
ウインドウ
Fnアンロック状態で
Alt + PrtScn
選択範囲 Windows + Shift + S
+ マウスで範囲指定
サーフェス プロ 4

マイクロソフトのSurfaceとは初代のSurface RTからの長いつきあいになります。

Surfaceのタブレットとしてパソコンとしても使え「これさえあれば、何もいらない」というキャッチコピーはSurface Pr...

Surface Pro 3と初代Surface Pro

Surface Pro 3と初代Surface ProタイプカバーにはPrtScnキーがないため、標準の方法では撮れません。

PrtScnキーの代わりになるのは、 Fnキー + スペースキーです。

対象 保存先 タイプカバー
(キーボード)
本体
(Surface Pro 3
初代Surface Pro)
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Windows + Fn + スペース本体のWindowsボタン +
ボリュームダウンボタン
クリップボード Fn + スペース
アクティブ
ウインドウ
Alt + Fn + スペース
選択範囲 Windows + Shift + S
+ マウスで範囲指定
Surface Pro 3 (サーフェス プロ 3)のスペック

タブレットとしてもWindowsノートとしても使え、基本性能が高いため人気だったマイクロソフトのSurface Pro3 (サーフェス プロ 3)。

既に製造終了となり、Surface Proシリーズの現行モデルはSurfac...

Surface 3

Surface 3は標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

そのため、Surface 3固有の撮り方はありません。

現行機種もこうして欲しい・・・。

サーフェス 3

Surface 3とは2016年に製造を終了したマイクロソフトの10.8型タブレットです。

このSurface 3は当時、私にとって最強のOfficeモバイルパソコンでした。

まともにマイクロソフトOfficeが動く ...

Windows
備忘録

コメント

  1. 匿名 より:

    初代surface proを使っていますが、それでのやり方がないとは。まったく残念です。