Surfaceでスクリーンショットを撮る方法

Surface

スクリーンショットとはディスプレイに表示されている内容を画像としてクリップボードにコピーしたり、画像ファイルとして保存することです。

マイクロソフトのSurfaceでは機種とタイプカバー(タッチカバー)の有無によってスクリーンショットの撮り方が異なります。

スポンサーリンク

Windows標準のスクリーンショットの撮り方

Windows標準のスクリーンショットの撮り方は以下です。

対象 保存先 物理キーボード タブレット本体 画面操作
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Windows + PrtScnWindows + ボリュームダウン
クリップボード PrtScn
アクティブ
ウインドウ
Alt + PrtScn
切り取り&スケッチで指定 Windows + Shift + Sアクションセンター

スクリーンショットフォルダとは

物理キーボードでWindows + PrtScnを押すか、タブレット本体でWindows + ボリュームダウンを押すと「ピクチャ」フォルダの下の「スクリーンショット」フォルダに画面全体のスクリーンショットのPNGファイルが保存されます。

もし、「スクリーンショット」フォルダがない場合は作成されます。

アクティブウインドウとは

アクティブウインドウとは一番手前に表示されているウインドウのことです。

画面全体でなくアクティブウインドウだけをスクリーンショットを撮りたい場合はよくあります。

切り取り&スケッチとは

「切り取り&スケッチ」とはWindows標準のスクリーンショットを撮るアプリです。

切り取り&スケッチを使うとスクリーンショットの対象領域や保存先を柔軟に指定したり、撮ったスクリーンショットを加工したりできます。

Windowsのスタートメニューから起動することもできるのですが、以下のいずれかの方法で起動したほうが便利です。

  • 物理キーボードでWindows + Shift + Sを押す
  • アクションセンターの「画面領域切り取り」をクリック

アクションセンターの「画面領域切り取り」はタスクバーの右端のボタンをクリックすると表示されます。

Windows + Shift + Sを押すか「画面領域切り取り」をクリックすると画面上部に「切り取り&スケッチ」のコントロールバーが表示されます。

コントロールバーのボタンを押すと切り取り&スケッチが起動し、スクリーンショットを撮ります。

PrtScn・本体Windowsボタンがない機種は多い

ノートパソコンはいわゆるフルキーボードに比べてキーボードのキー数が少ない機種が多いです。

特にPrtScnは他のキーと兼用(Fnとの同時押しなどで兼用する)となっている機種が多いです。

また、タブレット本体のWindowsボタンももはやない機種のほうが多いのではないでしょうか。

こうした機種では切り取り&スケッチアプリか、標準以外の方法でスクリーンショットを撮ることになります。

スポンサーリンク

Surface固有のスクリーンショットの撮り方

Surfaceはタイプカバー(キーボード)のキーや本体のボタンが省略されているため、機種固有の操作が必要になります。

Surfaceペンで撮る

Surfaceペンがあれば、ペンの頭の消しゴム部分を2回ノックするとメニューが表示され、画面全体かペンで指定した範囲のスクリーンショットが撮れます。

Surface Pro Xのみキーボードに付属し、かつキーボードに収納できるSurfaceスリムペンになっています。

Surface Go / Surface Pro X / Surface Book

以下のSurfaceはキーボードのPrtScnキーがF8キーと兼用になっています。

  • Surface Go
  • Surface Pro X
  • Surface Book 2
  • Surface Book

そのため、Fnキーのロックを外した状態(Fnキーのランプがついていない状態)で、標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

本体で撮るにはWindowsキーがないため標準の方法ではなく、本体の電源ボリュームアップを同時に押します。

画面が一瞬だけ少し暗くなれば成功です。

対象 保存先 タイプカバー
(キーボード)
Surface本体 画面操作
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Fnアンロック状態で
Windows + F8
電源 + ボリュームアップ
クリップボード Fnアンロック状態で
F8
アクティブ
ウインドウ
Fnアンロック状態で
Alt + F8
切り取り&スケッチで指定 Windows + Shift + Sアクションセンター
スポンサーリンク

Surface Pro

以下のSurface Proのタイプカバー(キーボード)のPrtScnF7と兼用になっています。

  • Surface Pro 7
  • Surface Pro 6
  • Surface Pro (5代目)
  • Surface Pro 4

そのため、Fnのロックを外した状態(Fnのランプがついていない状態)で、標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

Surface Pro本体で撮るにはWindowsがないため標準の方法ではなく、本体の電源ボリュームアップを同時に押します。

対象 保存先 タイプカバー
(キーボード)
Surface Pro本体 画面操作
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Fnアンロック状態で
Windows + F7
電源 + ボリュームアップ
クリップボード Fnアンロック状態で
F7
アクティブ
ウインドウ
Fnアンロック状態で
Alt + F7
切り取り&スケッチで指定 Windows + Shift + Sアクションセンター
スポンサーリンク

Surface Pro 3 / 初代Surface Pro

Surface Pro 3と初代Surface ProタイプカバーにはPrtScnがないため、標準の方法では撮れません。 PrtScnの代わりになるのは、 Fn + スペースです。

対象 保存先 タイプカバー
(キーボード)
Surface Pro本体 画面操作
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Windows + Fn + スペース電源 + ボリュームアップ
クリップボード Fn + スペース
アクティブ
ウインドウ
Alt + Fn + スペース
切り取り&スケッチで指定 Windows + Shift + Sアクションセンター

Surface 3は標準の方法で撮れる

SurfaceでSurface 3は標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

Surface 3本体にはWindowsボタンが、タイプカバーにはPrtScnキーがあるためです。

そのため、Surface 3固有の撮り方はありません。

コメント

  1. 匿名 より:

    初代surface proを使っていますが、それでのやり方がないとは。まったく残念です。

  2. 黒田 より:

    初代surface proの方法が載っていて参考になりました。
    ありがとうございます。