Surfaceでスクリーンショットを撮る方法

Surface

スクリーンショットとはディスプレイに表示されている内容を画像としてクリップボードにコピーしたり、画像ファイルとして保存することです。

マイクロソフトのSurfaceでは機種とタイプカバー(タッチカバー)の有無によってスクリーンショットの取り方が異なります。

Windows標準のスクリーンショットの取り方

Surfaceに搭載されているWindowsにはもちろんスクリーンショットを取る機能があります。

実際、昔発売されていたSurface 3などWindows標準の方法でスクリーンショットが取れました。

しかし、現行のSurfaceはタイプカバー(キーボード)のキーや本体のボタンが省略されているため、一部で機種固有の操作が必要になります。

Surfaceペンで撮る

Surfaceペンがあれば、ペンの頭の消しゴム部分を2回ノックするとメニューが表示され、画面全体かペンで指定した範囲のスクリーンショットが撮れます。

Surface Pro Xのみキーボードに付属し、かつキーボードに収納できるSurfaceスリムペンになっています。

Surface Go / Surface Pro X / Surface Book

以下のSurfaceはキーボードのPrtScnキーがF8キーと兼用になっています。

そのため、Fnキーのロックを外した状態(Fnキーのランプがついていない状態)で、標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

本体で撮るにはWindowsキーがないため標準の方法ではなく、本体の電源ボリュームアップを同時に押します。

画面が一瞬だけ少し暗くなれば成功です。

対象 保存先 タイプカバー
(キーボード)
Surface本体 画面操作
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Fnアンロック状態で
Windows + F8
電源 +
ボリュームアップ
クリップボード Fnアンロック状態で
F8
アクティブ
ウインドウ
Fnアンロック状態で
Alt + F8
切り取り&スケッチで指定 Windows + Shift + Sアクションセンター
スポンサーリンク

Surface Pro

以下のSurface Proのタイプカバー(キーボード)のPrtScnF7と兼用になっています。

そのため、Fnのロックを外した状態(Fnのランプがついていない状態)で、標準の方法でスクリーンショットが撮れます。

Surface Pro本体で撮るにはWindowsがないため標準の方法ではなく、本体の電源ボリュームアップを同時に押します。

対象 保存先 タイプカバー
(キーボード)
Surface Pro本体 画面操作
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Fnアンロック状態で
Windows + F7
電源 +
ボリュームアップ
クリップボード Fnアンロック状態で
F7
アクティブ
ウインドウ
Fnアンロック状態で
Alt + F7
切り取り&スケッチで指定 Windows + Shift + Sアクションセンター
スポンサーリンク

Surface Pro 3 / 初代Surface Pro

Surface Pro 3と初代Surface ProタイプカバーにはPrtScnがないため、標準の方法では撮れません。 PrtScnの代わりになるのは、 Fn + スペースです。

対象 保存先 タイプカバー
(キーボード)
Surface Pro
本体
画面操作
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Windows + Fn
+ スペース
電源 +
ボリュームアップ
クリップボード Fn + スペース
アクティブ
ウインドウ
Alt + Fn + スペース
切り取り&スケッチで指定 Windows + Shift + Sアクションセンター

コメント

  1. 匿名 より:

    初代surface proを使っていますが、それでのやり方がないとは。まったく残念です。

  2. 黒田 より:

    初代surface proの方法が載っていて参考になりました。
    ありがとうございます。

  3. 細田 より:

    surface pro 7を使っています。
    windows shift S の3つを押すやり方が反応しないことがあります。(反応するときは何回やっても反応しますが、反応しなくなると時間を置く以外に対処法がない状態です。反応率は50%ほどです)
    何かコツはありますか。

    • 匿名 より:

      あらかじめ windows shift の2つのキーを押しておき、その後 S を押すと上手くいくと思います。