スクリーンショット(パソコン)

仕事でWindowsの画面のスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮ることがよくあります。

ステップバイステップの操作マニュアルを作るためです。

スポンサーリンク

スクリーンショットのやり方

Windows標準のスクリーンショットのやり方は以下です。

対象 保存先 物理キーボード タブレット本体 画面操作
画面全体 スクリーンショット
フォルダ
Windows + PrtScnWindows + ボリュームダウン
クリップボード PrtScn
アクティブ
ウインドウ
Alt + PrtScn
切り取り&スケッチで指定 Windows + Shift + Sアクションセンター

スクリーンショットフォルダとは

物理キーボードでWindows + PrtScnを押すか、タブレット本体でWindows + ボリュームダウンを押すと「ピクチャ」フォルダの下の「スクリーンショット」フォルダ(ユーザー名¥Pictures¥Screenshots)に画面全体のスクリーンショットのPNGファイルが保存されます。

スクリーンショットフォルダ

もし、「スクリーンショット」フォルダがない場合は作成されます。

アクティブウインドウとは

アクティブウインドウとは一番手前(最前面)に表示されているウインドウのことです。

画面全体でなくアクティブウインドウだけをスクリーンショットを撮りたい場合はよくあります。

しかし、標準ではアクティブのスクリーンショットの保存先はクリップボードだけです。

アクティブウインドウのスクリーンショットの画像ファイルができるわけではなく、スクリーンショットがクリップボードに「コピー」されるだけです。

もし、簡単にアクティブウインドウの画像ファイルが作成したいなら後述のスクリーンショットのアプリが必要です。

切り取り&スケッチとは

「切り取り&スケッチ」とはWindows標準のスクリーンショットを撮るアプリです。

切り取り&スケッチを使うとスクリーンショットの対象領域や保存先を柔軟に指定したり、撮ったスクリーンショットを加工したりできます。

Windowsのスタートメニューから起動することもできるのですが、以下のいずれかの方法で起動したほうが便利です。

  • 物理キーボードでWindows + Shift + Sを押す
  • アクションセンターの「画面領域切り取り」をクリック

アクションセンターの「画面領域切り取り」はタスクバーの右端のボタンをクリックすると表示されます。

Windows + Shift + Sを押すか「画面領域切り取り」をクリックすると画面上部に「切り取り&スケッチ」のコントロールバーが表示されます。

コントロールバーのボタンを押すと切り取り&スケッチが起動し、スクリーンショットを撮ります。

PrtScn・本体Windowsボタンがない機種は多い

ノートパソコンはいわゆるフルキーボードに比べてキーボードのキー数が少ない機種が多いです。

特にPrtScnは他のキーと兼用(Fnとの同時押しなどで兼用する)となっている機種が多いです。

また、タブレット本体のWindowsボタンももはやない機種のほうが多いのではないでしょうか。

こうした機種では切り取り&スケッチアプリか、標準以外の方法でスクリーンショットを撮ることになります。

スクリーンショットのアプリ

スクリーンショットが1枚や2枚ならいいのですが枚数が多くなると、保存時に重複しないファイル名を考える手間すら馬鹿になりません。

そんなニーズがあるためか、スクリーンショットを標準のやり方よりも簡単に撮れるようにするアプリとして「スグレモ撮画ツール」があります。

スグレモ撮画ツールとはまるでデジカメで写真でも撮るようにパシャパシャとスクリーンショットを撮ることができるアプリです。

  • ボタン1つでスクリーンショットの画像ファイルを作成
  • 画像ファイル名を自動決定
  • 画面キャプチャの領域を簡単に指定
  • Webページのスクロールキャプチャ
  • スクリーンショットへの文字や図形の書き込み
  • タイマー撮影
スグレモ撮画ツール
ソースネクスト

ゲーム等のスクリーンショット

ゲームの画面は通常の方法ではスクリーンショットが取れない場合があります。

これはゲームはDirectXというちょっと特殊な方法で描画することが多いためです。

通常の方法でスクリーンショットが取れない場合、「ゲームバー」を使います。

Windows + PrtScnを押すとゲームバーが起動します。

ゲームバー

カメラのアイコン(上図の赤丸)を押すと画面全体のスクリーンショットファイルが「ビデオ」フォルダの下の「キャプチャ」フォルダ(ユーザーVideosCaptures)に保存されます。

コメント