ChromebookでWindowsアプリを使う

最も手軽にWindowsアプリを使う方法

ChromebookでWindowsアプリを使う方法はいくつかあります。

  • Parallels Desktop for Chromebook Enterprise
  • Windows 365
  • CrossOver Chrome OS
  • Chromeリモートデスクトップ
  • Windows Server VPS

Parallels Desktop for Chromebook Enterpriseを選択できるのは企業や教育機関で高性能なChromebookを使える一部の層だけです。

Windows 365は高性能なChromebookでなくてもいけますが、法人向けで料金は安くありません。

CrossOver Chrome OSは動作するWindowsアプリが限られ、現行のマイクロソフトOfficeも動作しません。

ChromeリモートデスクトップはWindows PCがあるなら最初からWindows PCを使いますって……

そんなわけで現状、Chromebookで最も手軽にWindowsアプリを使えるのはWindows Server VPSと思われます。

スポンサーリンク

Windows Server VPSとは

Windows Server VPSとはクラウド上に仮想的な自分専用のWindows Serverを提供するサービスです。

ChromebookやiPadなどからクラウド上のWindows Server VPSへ接続することで、まるでChromebookやiPadでWindowsが動いているように使えます。

また、例えば自宅のChromebookから接続しても会社のWindows PCから接続しても、同じWindows環境が使えるというメリットもあります。

Chromebookからの接続は超簡単

Google Playから「Remote Desktop」をChromebookにインストールします。

Remote Desktop
Microsoft Corporation

Remote Desktopを起動し、画面右上の「+」をクリックしてメニューを表示し「Add PC」をクリックします。

「Add PC」画面の「PC Name」にWindows Server VPSのIPアドレス(詳細は後述)を入力し、「SAVE」をクリックします。

IPアドレスは保存されますので接続の度に入力する必要はありません。

「PCs」画面に追加したPCが表示されますのでクリックします。

「USERNAME」に「Administrator」、「PASSWORD」にAdministratorの初期パスワード(詳細は後述)を入力して、「CONTINUE」をクリックします。

Chromebookの画面にWindowsのデスクトップが現れます。

画面左下のIE(WindowsですのでプリインストールされているブラウザはChromeでなくIEです)のアイコンをクリックして、好きなWindowsアプリをダウンロード・インストールできます。

Windows Server VPSの準備

クラウドのWindowsというと難しそうなイメージがあるかもしれませんが実際には簡単に設定できます。

以下は「さくらのVPS for Windows Server」の無料試用の手順です。

2週間無料

プランは使いたいWindowsアプリに必要なメモリによって選択します。

プラン メモリ SSD
W1G 1GB 50GB
W2G 2GB 100GB
W4G 4GB 200GB
W8G 8GB 400GB
W16G 16GB 800GB
W32G 32GB 1.6TB

また、Windows Server VPSを利用する人数分の「リモートデスクトップライセンス」が必要です。

申込が完了すると件名が「[さくらのVPS] 仮登録完了のお知らせ」のメールが届きます。

メールに記載されている以下の項目は前述の「Remote Desktop」アプリに入力します。

  • IPアドレス
  • 初期パスワード

同じく、メールに記載されている「VPSコントロールパネル ログイン情報」のURLとパスワードでVPSコントロールパネルにログインします。

画面左側の「サーバー」をクリックし、「サーバー一覧」に表示される「名称未設定」をクリックします。

「電源操作」をクリックし、「起動する」を選択するとWindows Server VPSが起動します。

通常は一度起動したら、シャットダウンする必要はありません。

2週間無料

コメント