USBメモリや外付けHDD(ハードディスク)を暗号化する

USBメモリは危険

USBメモリや外付けのポータブルハードディスク(HDD)に重要なデータを入れて出張に行くことがあります。

もし、そのUSBメモリやハードディスクを紛失したり盗難にあったりして、データが流出すると大変だという不安がありました。

そのため、USBメモリや外付けのポータブルハードディスクの暗号化をいろいろ試してみました。

パスワード付暗号化ZIP

ZIPとは圧縮形式のファイルです。

ZIPはパスワード付で作成することができます(Windowsの標準機能では無理で別途ソフトが必要です)。

そしてファイルやフォルダをパスワード付きでZIP圧縮すれば暗号化したことにはなります。

しかし、ZIP内のフィイルやフォルダをどこかに展開しないと使えません。

そしてその展開したファイルは暗号化されておらず、使い終わったら確実に削除しなければ意味がありません。

解凍したファイルを普通に削除しても復元が可能なためです。

BitLocker To Go

BitLocker To GoとはUSBメモリや外付けハードディスクを暗号化するWindowsの機能です。

Windowsに統合されているため暗号化を意識することなく使えます。

BitLocker To Goで暗号化されたUSBメモリやハードディスクはすべてのWindowsで読むことができます。

しかし、BitLocker To Goで書き込むには以下の2つが必要で敷居は高いです。

USBガード

「USBガード」というソフトはBitLocker To Goと同様にUSBメモリやUSB外付けハードディスクを丸ごと暗号化できます。

使い方は暗号化したいUSBデバイスを接続しパスワードを設定するだけです。

暗号化したUSBデバイスをPCに接続してもUSBガードがインストールされ、かつパスワードがわからなければファイルは読み出せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました