USBメモリや外付けHDD(ハードディスク)を暗号化する

暗号化

USBメモリや外付けのポータブルハードディスク(HDD)に重要なデータを入れて出張に行くことがあります。

もし、そのUSBメモリやハードディスクを紛失したり盗難にあったりして、データが流出すると大変だという不安がありました。

そのため、USBメモリや外付けのポータブルハードディスクの暗号化をいろいろ試してみました。

パスワード付暗号化ZIP

ZIPとは圧縮形式のファイルです。

ZIPはパスワード付で作成することができます(Windowsの標準機能では無理で別途ソフトが必要です)。

そしてファイルやフォルダをパスワード付きでZIP圧縮すれば暗号化したことにはなります。

しかし、ZIP内のフィイルやフォルダをどこかに展開しないと使えません。

そしてその展開したファイルは暗号化されておらず、使い終わったら確実に削除しなければ意味がありません。

解凍したファイルを普通に削除しても復元が可能なためです。

もし使えればBitLocker To Goがベスト

BitLocker To GoとはUSBメモリや外付けハードディスクを暗号化するWindowsの機能です。

Windowsに統合されているため暗号化を意識することなく使えます。

使えるWindowsのエディションは限られる

BitLocker To Goで暗号化されたUSBメモリやハードディスクはすべてのWindowsで読むことができます。

しかし、BitLockerで暗号化できるのはWindowsの以下のエディションのみです。

上記以外のエディションのWindowsではBitLocker To Goのドライブに書き込むことも、BitLocker To Goのドライブを作成することもできません。

もし、使っているWindowsが上記のエディションでない場合、現在であればWindwos 10 Proへのアップグレードがおすすめです。

Windows 10 Pro

Windows 10へのUpgrade

2017年4月11日にWindows Vistaの延長サポートが終了し、Vistaは事実上使えないWindowsとなりました。

サポート終了によりセキュリティパッチの提供がなくなるのですから遅かれ早かれウイルスの餌食になるのは...

BitLocker To Goが使えなければ

そうは言ってもWindowsのアップグレードが許可されていない会社も多いと思います。

WindwosのBitLocker To Goが使えなければサードパーティ製の暗号化ソフトに頼るしかありません。

「USBガード」というソフトがBitLocker To Goと同様にUSBメモリやUSB外付けハードディスクを丸ごと暗号化できます。

USBガード

使い方は暗号化したいUSBデバイスを接続しパスワードを設定するだけです。

暗号化したUSBデバイスをPCに接続してもUSBガードがインストールされ、かつパスワードがわからなければファイルは読み出せません。

USBガード

Windows
備忘録

コメント