Surfaceとは

Surface

SurfaceとはWindowsの開発元であるマイクロソフトが開発しているパソコンです。

Surfaceの種類

Surfaceは「面」という意味で「サーフェス」や「サーフェイス」と読めますが、マイクロソフトのSurfaceは「サーフェス」と読むようです。

初代SurfaceであるSurface RTが発売されたのは2013年で当時、Surfaceはその名の通り「面」のような2in1の1機種しかありませんでした。

しかし、現在ではクラムシェルノート(貝のように閉じられるノートパソコン)のSurface Laptop 3やデスクトップのSurface Studioなど6種類にまで拡大されています。

Surfaceの特徴

  • マイクロソフトがハードもソフトも開発
  • 画面の縦が長い
  • Surfaceペン
  • Office Home and Business 2019搭載

マイクロソフトがハードもソフトも開発

マイクロソフトとはWindows OSやマイクロソフトOfficeを開発している会社です。

Windowsパソコンは通常、パソコンメーカーがハードウエアを開発しますが、Windows OSやOfficeはマイクロソフトから提供されたものを搭載します。

それに対し、マイクロソフトがハードウエアとソフトウエアの両方を開発する唯一のWindowsパソコンがSurfaceシリーズです。

ちなみにMacもアップルがハードとソフトの両方を開発していますが、macOSがMac以外に提供されることはありません。

マイクロソフトストアによるサポート

マイクロソフトはマイクロソフトストアというオンラインショップを運営しており、Surfaceも購入可能です。 マイクロソフトストア

マイクロソフトストアでSurfaceを購入した場合、マイクロソフト直営ショップならではの手厚いサポートを受けられます。

  • 90日間の無償テクニカルサポート
  • 60日間返品無料
  • 60日間の最低価格の約束
  • 全商品送料無料

特に初心者にとって90日間の無償テクニカルサポートは大きなメリットです。 Microsoft Store Surface 製品へのお約束

画面の縦が長い

現在、パソコンの画面の横と縦の比率は16:9が主流となっています。

これは多くの動画の縦横比が16:9だからだと思います。

対してSurfaceは画面比率が3:2と16:9に比べて縦方向が長いのが特徴です。

画面比率 3:2Surface画面比率 16:9一般的なパソコン

ExcelやWordなどのオフィス文書やウェブサイトは縦長のため、一般的なパソコンより画面の縦が長いSurfaceでは同じ画面サイズでもより大きく表示されます。

逆に16:9が多い動画では同じ画面サイズでもSurfaceの方が小さく表示されます。

動画ではなく、オフィス文書やウェブサイト閲覧のために縦長の画面を求めるならSurface以外の選択肢はほとんどありません。

Office Home and Business 2019搭載

廉価なOffice搭載パソコンではOffice Personalが搭載されていることが多いです。

Office PersonalにはPowerPointが含まれていません。

Surfaceは全機種がOffice Home and Business 2019を搭載しています。

まあ前述の通り、OfficeはSurfaceと同じマイクロソフトが開発していますから、社内から安く調達できるのかもしれませんが。

Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

Surfaceペン

全機種でSurfaceペンが使えます。

OneNoteやExcelなどに手書きの図形などを書き込むこともでき、マウスで作図する無駄な時間を大幅に短縮することができます。

液タブとしても

液タブとは「液晶ペンタブレット」の略です。

読んで字のごとく「ペン」と「液晶(画面のついた)タブレット」です。

液晶画面の上でペンを動かすと液晶画面に絵が描かれるため、紙に描くような感覚で絵を描くことができます。

SurfaceとSurfaceペンは以下に対応しており、液タブとしても使える性能があります。

  • 4096段階の筆圧検知
  • 傾き検知
  • 低遅延(応答速度はアップルペンシルの2倍)

Surfaceの比較

Surface
Go 2
Surface
Pro 7
Surface
Pro X
Surface Book 3Surface Laptop 3Surface
Studio 2
画面 サイズ 10.5インチ 12.3インチ 13インチ 13.5インチ 15インチ 13.5インチ 15インチ 28インチ
解像度 1,920×1,280 2,736×1,824 2,880×1,920 3,000×2,000 3,240×2,160 2,256×1,504 2,496×1,664 4,500×3,000
形状 2in1 クラムシェル デスクトップ
キーボード 別売りタイプカバー 付属タイプカバー キーボード一体 付属
ペン 別売り 別売りの
キーボードに
付属
別売り 付属
LTE LTEモデル
有り
全モデル
常時接続
CPU Pentium
Gold
4425Y
第10世代Core
i3-1005G1
Microsoft
SQ1
第10世代Core
i5-1035G7
第10世代Core
i7-1065G7
第10世代Core
i5-1035G7
Ryzen 5
3580U
第7世代Core
i7-7820HQ
第10世代Core
i5-1035G4
第10世代Core
i7-1065G7
第10世代Core
i7-1065G7
Ryzen 7
3780U
第8世代
Core m3
第10世代Core
i7-1065G7
Windows 10 Home
(Sモード)
Home Home
(ARM版)
Pro Home Pro
グラフィック
(GPU)
Intel
UHD 615
UHD
Iris Plus 640
Adreno 685 Intel
Iris Plus
GeForce
GTX 1660
Ti
Intel
Iris Plus
Redeon
Vega 9
GeForce
GTX 1060
GeForce
GTX 1650
Radeon RX
Vega 11
GeForce GTX
1070
Windows MR
Ultra

(i7モデルのみ)
メモリ 4GB ×
8GB × ×
16GB ×
32GB × ×
eMMC 64GB ×
SSD 128GB × ×
256GB × ×
512GB × ×
1TB ×
2TB × ×
重量 キーボード
785g 1.3kg弱 1.1kg弱 1.6kg 1.9kg 1.3kg弱 1.5kg強
本体のみ 544g 775g〜
790g
774g〜
790g
720g 800g
サイズ(mm) 245×175 291×201 287×208 312×232 343×251 308×223 340×244
USB Type-C 1 2 1
Type-A 1 2 1 4
SDカード microSDXC SDXC SDXC
Surface
Connect
1 2 1
Gigabit
Ethernet
マウス 別売り 付属
学生優待タイプカバー同時購入
スポンサーリンク

2in1型のディスプレイと本体サイズの比較

2in1とはパソコンとしてもタブレットとしても使えるという意味です。

タブレットと言えばiPad、のような風潮ですがWindowsタブレットにはiPadにはないメリットがあります。

下図は2in1型のSurfaceのディスプレイ・本体サイズの比較です。

図の灰色部分が本体サイズ、水色部分がディスプレイです。

10.5インチSurface Go 212.3インチSurface Pro 713インチSurface Pro X13.5インチSurface Book 315インチSurface Book 3

Surface Book 3

ノートパソコンなのに独立GPU(グラフィックボード専用演算ユニット)を搭載(Core i7モデルのみ)しているのがSurface Book 3です。

デスクトップパソコンでないと難しかったリアルなゲーム、動画編集、VRなど負荷の高い処理がSurface Book 3ならできます。

Windows Mixed Reality Ultraにも対応しています(Core i5の1モデルを除く)。

キーボードにGPUを搭載した2in1

GPU(Graphic Processing Unit)とはその名の通り、グラフィック専用の演算装置です。

GPUは高価で電力も必要なため、GPUを搭載しているのはゲームや動画編集など、特定用途向けの高価なデスクトップパソコンです。

GPUを搭載しているノートパソコン(ゲーミングノートなどと呼ばれます)はあまりありません。

GPUが重要なのはわかっていても今時、机を専有するデスクトップを買うのも・・・。

しかし、今時のタブレットPCや薄型ノートにはGPUを搭載するスペースも電力もありません。

ましてタブレットPCにGPUなど絶望的です。

そんな中、なんと2 in 1(タブレットとしてもノートとしても使えるパソコン)にGPUを搭載しているのがSurface Book 3です。

しかも、キーボードを分離することでタブレットとしてもノートパソコンとしても使うことができます(2in1)。

キーボードにはGPUとバッテリーが内蔵されています。

そして、バッテリーは当然、タブレット(本体)にも内蔵されています(そうでないとキーボードを分離してタブレットだけで動きませんから・・・)。

つまり、こういうことです。

キーボード装着時 キーボード分離時
用途ノートパソコンタブレット
GPU
バッテリー駆動時間長い
(最長17時間)
短い
重量(13.5インチ)約1.6kg約0.72kg
重量(15インチ)約1.9kg約0.8kg

ただ、Core i5モデルだけは独立GPUでなく統合GPUのため、キーボードにGPUはありません。

ちなみに2 in 1パソコンの中にはキーボードにタブレット本体が「乗っているだけ」のようなチープなものもありますが、Surface Book 3のキーボードと本体はDynamic Fulcrum Hingeと呼ばれる特殊なヒンジによってガッチリと合体します。

そのため、キーボート接続時は「タブレットっぽさ」は完全に消え、まったくノートパソコンのように使うことができます。

Windows Mixed Reality Ultra対応

Surface Book 3のCore i7モデルはWindows MR Ultraに対応しています(Core i5モデルだけは未対応です)。

Surface Studio 2

Surface Studio 2はディスプレイ一体型のSurfaceです。

アップルのiMac 5Kのマイクロソフト版といった感じです。

4K超えの解像度

一体型の28インチ PixelSenseディスプレイは解像度4,500×3,000と4Kを超えます。

Windowsの4K環境といえば、4096×2160のDCI 4K、または3840×2160の4K UHDTVを指します(下表)。

画面サイズ 解像度 PPI アスペクト比
Surface Studio 2 28インチ 4,500×3,000 192 3 : 2
iMac Retina 4K 21.5インチ 4,096×2,304 219 21 : 9
iMac Retina 5K 27インチ 5,120×2,800 216 21 : 9
DCI 4K 4,096×2,160 1.9 : 1
4K UHDTV 3,840×2,160 16 : 9

Surface Studio 2の4,500×3,000はそのどちらをも上回ります。

また、前述のSurfaceの特徴である縦に長い画面(アスペクト比 3:2)はデスクトップ型のSurface Studio 2でも同様です。

スタジオモード

ディスプレイと本体はカウンターバランスヒンジと呼ばれるヒンジで繋がっています(以下の写真は初代のSurface Studioです)。

カウンターバランスヒンジ
カウンターバランスヒンジ

このヒンジによって下の写真のように製図台のような「スタジオモード」で使うことができます。

スタジオモード
スタジオモード

もともとSurfaceシリーズはペンでの作図用途としても人気があります。

中でもSurface Studio 2なら大きな製図台でのペンの利用が可能です。

製図台のような「スタジオモード」でSurfaceペンでの作図やSurfaceダイヤルでも作業をしたいクリエーターならSurface Studio 2です。

コメント