家計簿とエクセル

独身時代、家計簿という程のものではなかったのですが、お金の管理はエクセルでしていました。

結婚してからは嫁が節約の第一歩として文房具屋で売っている家計簿用ノートに家計簿をつけていました。

そして電卓を叩いて各項目の合計とか、月毎の合計とを計算していたわけです。

しかし、面倒な上に記入漏れや計算ミスは当たり前で、間違った家計簿を基に家計を見直して当然失敗したりと散々だったため、エクセルで家計簿をつけるようになりました。

マネーフォワードやZaimといったインターネット家計簿サービスが登場するとエクセル家計簿と並行して使ってきました。 最終的にはエクセル家計簿を辞め、家計簿としてはZaimに落ち着きそうです。

なぜそうなったのか、理由をまとめてみます。

エクセル家計簿とは

エクセル家計簿とはマイクロソフト社の表計算ソフトであるExcel(エクセル)に家計簿データを記録し、計算させることです。

そう聞くとパソコンに詳しくないとできないと思う感じる人がいるかもしれませんが、実際は誰でも簡単にできます。

自分で家計簿をイチから作る必要はない

しかし、エクセルには「テンプレート」と呼ばれるシートの雛形が多数付属します。

家計簿のテンプレートだけでもこれだけありますので、自分の家計にあったテンプレートでとりあえずはじめ、徐々にカスタマイズしていけばいいだけです。

Excel ブック ギャラリー

スマホでも使える

エクセルはパソコン版の他にスマホ(iOS/Android)版が存在し、App StoreやGoogle Playからインストールできます。

しかも無料で使うことができます(画面サイズ10.1インチ以上のタブレットの場合、無料では表示のみで編集ができません)。

そして、エクセルの家計簿ファイルをOneDrive(マイクロソフトが提供するオンラインストレージサービス)に保存することで、パソコンとスマホでエクセルのデータを共有できます。

インターネット家計簿サービスのスマホで入力した家計簿データをパソコンで見たり編集したりできるわけです。

エクセル家計簿のメリット

いろいろなインターネット家計簿サービスや家計簿アプリがある中、なぜエクセル家計簿なのでしょうか。

それは以下のようなメリットがあるからです。

  • 家計簿データを長期保存できる
  • 自分にあった家計分析ができる
  • エクセルは家計簿以外でも使う

家計簿データを長期保存できる

パソコンやスマホの家計簿アプリ(インターネット対応でないもの)に入力した家計簿データはパソコンやスマホが壊れれば消えてなくなってしまいます。

また、家計簿アプリに入力した家計簿データは通常は汎用的な形式で取り出すことができません。

別のアプリに乗り換えようと思っても、今まで入力した家計簿データを新しいアプリに移すことがなかなかできないのです。

それに対し、エクセルは標準ではファイルを前述のOneDriveに保存するため、たとえパソコンやスマホが壊れてもOneDriveの家計簿ファイルがなくなることはありません。 さらにエクセルは数年おきにバージョンアップを繰り返していますが、過去のバージョンのファイルは問題なく読み込める上、CSV(いろいろなソフトやサービスがサポートしている汎用のファイル形式)で家計簿データを取り出すこともできます。

そのため、エクセルで家計簿をつけているなら20年前からの家計簿データがすべてある、なんて人はザラにいます。

汎用表計算ソフトであるエクセルにはこのように家計簿データを長期間保存できるという圧倒的なメリットがあります。

自分にあった家計分析ができる

家計簿は家計を分析するためにつけるものです。

そんなの当たり前じゃないかと思われるかもしれません。

しかし、どうしても「月の集計を終えた」ことで満足してしまいがちです。

いろいろな角度から家計を分析しないと自分の家の家計の問題点は見えてきません。

例外的な出費が多かった月はとりあえず無視、ではダメだということです。

数ヶ月おきに例外的な出費をしていたらもう例外ではないのですから。

表計算ソフトであるエクセルであれば月単位、年単位の単純な集計だけでなく、様々な視点から家計を分析することができます。

エクセルは家計簿以外でも使う

家計簿アプリは当然、家計簿しかできません。

しかし、家計簿以外でもお金の計算をしようと思うと結局エクセルが必要です。

例えば、医療費控除を受けるために医療機関毎に医療費を集計する必要がありますが、ほとんどの家計簿アプリには医療費控除の集計機能はありません。

そして、国税庁がそのまま確定申告に使える医療費集計フォームを提供しているのですが、それがエクセル形式なのです。

なぜ日本のお役所が外国企業のソフトであるエクセルでフォームを提供するのか理解に苦しみますが、このような例がたくさんあるため結局エクセルは必要、となるわけです。

インターネット家計簿サービスとは

インターネット家計簿サービスとはその名の通り、インターネット上に家計簿データを保存するサービスです。

パソコンではブラウザから利用し、スマホ(iPhone/Android)からは専用アプリで利用します。

エクセル家計簿と同様、パソコンでもスマホでも利用できるというわけです。

現金支出だけ入力すればいい

インターネット家計簿サービスではクレジットカードや銀行口座を登録しておくと、カードの利用明細や口座の履歴を自動的に取り込んでくれます。

つまり、現金以外の支出はそもそも入力する必要がありません。

販売機のジュースも最近流行のnanacoやwaon対応の販売機なら入力する必要はありません。

nanacoやwaonの利用履歴も取り込めるからです。

しかも、個々の利用明細や口座履歴に対し、費目(食費やローン返済等)まで自動で割り振り、自動で家計簿を作ってくれます。

これがエクセル家計簿にないインターネット家計簿ならではの大きなメリットです。

家計簿サービスの比較

代表的なインターネット家計簿サービスをエクセル家計簿の特徴である「家計簿データの長期保存」という視点で比較してみます。

どのサービスも無料でも使えるのですが有料で使う場合に比べて機能が制限されます。

マネーフォワードMoneytreeZaim
料金
(有料で使う場合)
(消費税込)
500円/月

480円/月
(iTunes Store)

650円/月300円/月
データ保存期間1年(無料)
無制限(有料)
 無期限無期限
(無料では1年の可能性あり)
CSV入力
CSV出力☓(無料)
◯(有料)
手入力データのみ(無料)
◯(有料)

無料では過去1年分しか保存されないマネーフォワード

マネーフォワードは無料で使うと過去1年分のデータしか保存されません。

とりあえず直近1年の家計がわかればいい、という使い方ならいいかもしれませんが1年以上の家計簿を保存するためには毎月500円(消費税込)が必要です。

しかし、そもそも節約のための家計簿で月500円、年間だと6,000円が必要って・・・。

iTunes App Storeを通じてApple IDで決済すると月480円とわずか20円安くなりますが、それでも年間5,760円です。

無料ではサービスが成り立たないのは理解できますが、マネーフォワードを使うことで年間6,000円以上の節約ってできるのでしょうか。

CSV入出力ができないMoneytree

Moneytreeは無料でもデータ保存期間は無制限です。

しかし、CSV入力ができないため、エクセル家計簿のデータをMoneytreeに取り込むことができません。

さらにCSV出力もできないのでMoneytreeに入力した家計簿データを取り出すこともできません。

Moneytreeで新しく家計簿をつけはじめ、Moneytreeと心中するつもりならこれでもいいのですが・・・。

当面は無制限保存でCSV入出力もできるZaim

Zaimのデータ保存期間は現在は無制限となっています。

現在は、というのは無料での保存期間を1年に制限する可能性あり、とされているためです。

エクセル家計簿のデータをCSVで取り込むことも無料できます。

しかし、無料ではCSV出力できるのは手入力したデータのみで、銀行やクレジットカート会社から取り込んだデータは出力できません。

当面はZaimを使うことに

長い間、上記3つのインターネット家計簿サービスを試しに使いながらも、エクセルで家計簿をつけていました。

インターネット家計簿サービスはデータの長期保存や家計データの分析に難があったからです。

しかし、銀行やクレジットカードのデータを自動で取り込んでくれるというインターネット家計簿の便利さには逆らえず、家計簿はZaimでつけることにしました。

過去のエクセル家計簿のデータはCSV経由でZaimに取り込みました。

もし、無料での保存期間に1年の制限がついても、一時的に有料会員となれば全データをCSV出力してエクセル家計簿に戻ることができます。

家計簿入力という手段が目的となっていた

家計簿をつけるそもそもの目的は家計を分析して無駄な支出を削減するためでした。

しかしエクセル家計簿では、どうも「家計簿をつける」という手段が目的と化してしまっていて、家計簿をつけただけで本来の目的である家計の分析はなかなかできませんでした。

「家計簿をつけた」だけで満足してしまい、エクセルのメリットである「様々な視点での家計分析」まで辿りつけなかったのです。

たまに「そういえば家計簿つけてるんだから家計分析しないとなあ」と思い、エクセルの分析画面を眺めるのですが、入力しないといけない支出がどんどんやってきて家計簿つけに忙殺され、本来の目的は達成できないという悪循環に陥っていました。

家計分析以外にやることがなくなった

Zaimは銀行口座やクレジットカードの履歴を解析し、自動で家計簿に金額と項目が記入されていきます。

データ入力する必要があるのは現金での収支だけです。

それでも、外出先などで現金でジュースなどを買ったらすぐにスマホで家計簿に入力できています。

入力する必要があるのは現金現金支出だけです。

そんなわけで現金を使ったらその場でスマホで入力、が定着しました。

こうなるともはや家計簿でやることは家計分析以外になくなりました。

まあ、本来はその家計分析が家計簿の目的のはずですが、エクセル家計簿では時間のほとんどをデータ入力に費やしていたわけです。

また、以前はあんなに頑張って家計簿入力してたのに不定期の銀行引き落としやWAONでの支出は入力していなかったことに気がつきました。

Zaimでそれらが自動入力され、分析画面に現れたからです。

「ああ、本来はこういうことに気づくために家計簿をつけるんだなあ」としみじみ思いましたね。

それでもエクセルは必要

しかし、Zaimでできるのは家計簿までです。

前述の医療費控除や資産管理など家計簿以外のお金の計算にやはりエクセルは必要です。

Windowsパソコンでエクセルが付属していていればそれを使えばいいのですが、付属していないパソコンもあります。

また、Macにはエクセルが付属するものはありません。

エクセルを購入するのであればOffice 365 Soloがお得です。

【1年版購入で3,000円キャッシュバック】Office 365 Solo
マイクロソフト
12,744円実質9,744円
12/25(火)購入までの期間限定
購入後2019/1/31(木)までに応募用紙を郵送すると3,000円をキャッシュバック
※1ヶ月版と無料試用はキャッシュバックの対象外

コメント