家計簿はアプリよりエクセルでつけたほうがよかった

独身時代、家計簿という程のものではなかったのですが、お金の管理はエクセルでしていました。

結婚してからは嫁が紙のノートに家計簿をつけていたのですが、計算が面倒なのでエクセルで家計簿をつけるようになりました。

マネーフォワードが登場してからは数年間それを使い続けてきました。

たしかにマネーフォワードは便利だったのですが、現在はエクセルで家計簿をつけています。

なぜマネーフォワードをやめてエクセルで家計簿をつけるようになったのか、その理由をまとめてみます。

マネーフォワードとは

マネーフォワードとはスマホ(iPhone/Android)とパソコン(ウェブサイト)で使える家計簿アプリです。

マネーフォワードでは家計簿データがスマホやパソコンの本体でなく、インターネットに保存されます。

スマホでもパソコンでも使える

マネーフォワードの登場以前にも手軽なスマホで使える家計簿アプリが気になってはいたのですが、使う気にはなれませんでした。

データをスマホに保存する家計簿アプリだとスマホを機種変更したら過去の家計簿が見れなくなってしまうためです。

データがネットに保存されることでスマホやパソコンを買い替えても過去の家計簿が見れなくなる心配がゼロになるばかりか、私が会社の販売機でジュース一本買っても忘れないうちにすぐにスマホで家計簿入力できるようになります。

データがインターネットに保存されるのですから私がスマホで入力したデータは嫁が家のパソコンですぐに見ることができます。

帰宅してからパソコンを起動し、「さあ、家計簿をつけるぞ」みたいな義務的に感覚はまったくなくなりました。

そもそも家計簿をつける必要がない

先程、「ジュース一本買っても忘れないうちにすぐにスマホで家計簿入力できる」と書きましたが、家計簿入力するのは現金でジュースを買うからです。

マネーフォワードではクレジットカードや銀行口座を登録しておくと、カードの利用明細や口座の履歴を自動的に取り込んでくれました。

つまり、現金以外の支出はそもそも入力する必要すらありません。

販売機のジュースも最近流行のnanacoやwaon対応の販売機なら入力する必要はありませんでした。

マネーフォワードはnanacoやwaonの利用履歴も取り込めたからです。

しかも、個々の利用明細や口座履歴に対し、費目(食費やローン返済等)まで自動で割り振り、自動で家計簿を作ってくれたのです。

マネーフォワードの不満点

マネーフォワードはたしかに便利だったのですが、いくつか不満点がありました。

月500円かかる

マネーフォワードは無料でも使えます。

しかし、無料では1年以上前の家計簿データが見れないのです。

とりあえず直近1年の家計がわかればいい、という使い方ならいいかもしれませんが家計を年単位で分析ようとすると有料会員になる必要があります。

そこでネックになるのが次のような矛盾です。

  • 節約が目的で家計簿を使うはずなのに月500円(税金)かかる。

月500円は年間6,000円です。

無料ではサービスが成り立たないのは理解できます。

しかし、私の生活ではマネーフォワードを使うことで年間6,000円以上節約するのは難しそうでした。

月単位での分析しかできない

収支内訳(どの項目にいくら使ったか)や推移は月単位で見ることができます。

しかし、水道代の支払いは2ヶ月毎ですし、床屋や美容院は月単位でいくわけではありません。

保険料や税金を数ヶ月分まとめて払うこともよくあります。

そうした支出は直近3ヶ月や4ヶ月といった範囲で分析したいのですが、それができないのです。

費目の自動割り振りは完璧ではない

クレジットカードや銀行口座の履歴から費目を振り分ける機能は完璧ではありません。

見直しは必要なため、これなら手で入力したほうが早いんじゃ・・・、と思うことは多々ありました。

医療費控除に対応できない

医療費控除を受けるために医療機関毎に医療費を集計する必要があります。

マネーフォワードには医療費控除の集計機能はないため、医療費はエクセルで別途集計していました。

国税庁がエクセル形式の医療費集計フォームを提供しているのでそれをそのまま使っています。

実用レベルになったスマホ版のエクセル

スマホ(iOS/Android)版のエクセルは一応、昔からあったのですが、パソコンで作成したエクセルファイルを編集しようとすると表示がおかしくなるなど、実用には厳しい感がありました。

しかし、2014年11月のバージョンアップでそうした表示の問題が解決し、実用レベルになりました。

無料で使える

スマホ用のエクセルは通常のアプリと同じようにApp StoreやGoogle Playからインストールできます。

スマホであれば無料で使えます(画面サイズ10.1インチ以上のタブレットの場合、無料では表示のみで編集ができません)。

パソコンとデータを共有できる

エクセルのファイルをOneDrive(マイクロソフトが提供するオンラインストレージサービス)に保存することで、パソコンとスマホでエクセルのデータを共有できます。

マネーフォワードのようにスマホで入力した家計簿データをパソコンで見たりできるわけです。

家計簿シートをイチから作る必要はない

エクセルで家計簿というとシートを作るのが面倒に思う人もいるかもしれません。

しかし、エクセルには「テンプレート」と呼ばれるシートの雛形が多数付属します。

家計簿のテンプレートだけでもこれだけありますので、自分の家計にあったテンプレートでとりあえずはじめ、徐々にカスタマイズしていけばいいだけです。

Excel ブック ギャラリー

家計簿は自分にあった分析が必須

マネーフォワードからエクセルに移行して実感したことがあります。

家計簿は家計を分析するためにつけるものです。

そんなの当たり前じゃないかと思われるかもしれません。

しかし、どうしても「月の集計を終えた」ことで満足してしまいがちです。

いろいろな角度から家計を分析しないと自分の家の家計の問題点は見えてきません。

例外的な出費が多かった月はとりあえず無視、ではダメだということです。

数ヶ月おきに例外的な出費をしていたらもう例外ではないのですから。

エクセルはどれを購入すればいいのか?

現在の最新版のエクセルはExcel 2016です。

パッケージ版(箱に入った製品)は既に売られておらず、ダウンロード販売のみとなっています。

エクセルの他に他のオフィスソフトも必要な場合、セット製品を買うと安く購入できます。

Windowsの場合

エクセルがはじめからインストールされている場合はもちろんそれを使えばOKです。

インストールされていないエクセル単品かセット製品を購入します。

Excel 2016 単品 Office Personal 2016
価格 15,984円 32,184円
エクセル
ワード
アウトルック
パワーポイント
ワンノート

Macの場合

Windowsと違ってエクセル付のMacというのはありません。

しかし、MacのみにOffice Home and Student for Macというお買い得な製品があります。

エクセル以外にワードやパワーポイントも必要ならOffice Home and Student for Macが断然お得です。

Excel 2016 単品 Office Home and Student
2016 for Mac
価格(税込) 15,984円 25,704円
エクセル
ワード
アウトルック
パワーポイント
ワンノート