電子書籍ストアの比較

電子書籍はなるべく同じ電子書籍ストアで購入したほうが管理の手間がないのはたしかです。

しかし、いろいろな電子書籍ストアがクーポンやらセールやらポイントやらで勧誘してきます。

そのため、どうしても複数の電子書籍ストアで購入してしまうのですが、一度各ストアを価格以外も含めて比較してみようと思います。

スポンサーリンク

比較表

e-ink
端末
ポイント 漫画 ラノベ 専門書 洋書
Kindleストア
楽天kobo 楽天ポイント
eBookJapan eBookポイント
BookLive! BookLive!ポイント
BOOK☆WALKER BOOK☆WALKERコイン
honto 丸善、ジュンク堂、
文教堂共通
紀伊國屋書店
ウェブストア
紀伊国屋ポイント

Kindleストア

やはりメインはKindleストアという人が多いのではないでしょうか。

他の電子書籍ストアにはない専門書や洋書でもKindleストアならあることが多いです。

セールは常時行われています。

無料本も多数。

電子ペーパーのKindle端末はKobo端末やe-ink Androidより遥かに高い完成度ですので、電子ペーパーで読みたいならやはりKindleストアです。

さらにAmazonの運営ということでサービス終了で本が読めなくなる不安がほとんどありません。

Kindleストア

楽天kobo

昔ほどではなくなりましたが、クーポンでかなり安く買える場合が多いです。

さらに楽天グループのポイントで電子書籍を購入する、電子書籍の購入でポイント獲得することが出来ます。

目に優しい電子ペーパー端末にも対応。

ただ、楽天は2012年7月にkoboのサービスを開始する前から、Rabooという電子書籍ストアを運営していました。

Rabooは2013年3月にサービスを終了し、Rabooで購入した電子書籍は読めなくなってしまいました。

電子書籍端末にたまたまダウンロードしてあった電子書籍は読めたのですが、端末はいつか壊れて読めなくなります。

koboはRabooと同じ楽天が運営しているにもかかわらず、Rabooで購入した書籍をKoboに引き継ぐなどの措置もありませんでした。

そのため、koboでもRabooと同様のことが起きるのではないかという不安はあります。

楽天kobo

漫画ならeBookJapan

漫画の品揃えが世界最大級、かつ高画質です。

漫画ならKinldeストアよりも楽天KoboよりもeBookJapanです。

100円以下で買える漫画が多数あります。

eBookJapanの100円以下の漫画

BookLive!

BookLive!はKindleストアとは真逆で専門書と洋書が苦手のようですが、それ以外の品揃えが膨大です。

BookLive!の激安セール

BOOK☆WALKER

ライトノベルならBOOK☆WALKERです。

BOOK☆WALKERのキャンペーン

honto

丸善、ジュンク堂書店、文教堂とポイントを共通で使えます。

honto

紀伊國屋書店ウェブストア

紀伊国屋の実店舗で紙の本を購入して貯めたポイントでウェブストアの電子書籍を購入することができます。

Windowsタブレットで電子書籍を読むならここがおすすめです。

どの電子書籍ストアもWindowsデスクトップアプリを提供していますが、Windowsタブレットに最適化されたWindowsストアアプリを提供しているのは紀伊国屋書店のKinoppyアプリだけのようです。

さらにこのKinoppyアプリにはDropbox連携機能もあります。

自炊本をDropboxにアップロードすることで、ウェブストアで購入した本と自炊本を同じKinoppyアプリで管理し、複数の端末でしおり等を同期することができます。

【4%OFF】Dropbox Plus
Dropbox, Inc.
12,000円11,500円

紀伊國屋書店ウェブストア

スポンサーリンク
電子書籍
備忘録

コメント