Xserverドメインで取得したドメインをエックスサーバーで使う

ドメイン設定

Xserverドメインとは

Xserverドメインはレンタルサーバーを提供しているエックスサーバー株式会社のドメイン登録サービスです。

A8.netのセルフバック経由でドメインを取得すると実質的にドメイン代が安くなるうえ、取得後に毎年必要になるドメイン更新料が他のドメイン登録会社より安めです。

エックスサーバーへドメインを設定する

エックスサーバーのホームページから「サーバーパネル」にログインします。

サーバーパネル

「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定

「ドメイン設定追加」をクリックし、「ドメイン名」にXserverドメインで取得したドメイン名を入力します。

「無料独自SSLを利用する(推奨)」と「高速化・アクセス数拡張機能 Xアクセラレータ を有効にする(推奨)」はデフォルトでチェックが入っていますのでそのままにします。

ドメイン設定追加

「確認画面へ」をクリックして確認画面を表示し、「追加する」をクリックします。

ドメイン設定追加

完了画面の「URL」欄に表示されているURLをクリックしてみます。

ドメイン設定の追加を完了しました。設定内容は以下の通りです。

しかし、ブラウザには、

無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

のように表示され、サイトにアクセスできないと思います。

これは設定したドメインが反映されるまで数時間かかるためです。

時間をおいてURLを表示し、ブラウザの表示が以下のようになればドメイン設定完了です。

このウェブスペースへは、まだホームページがアップロードされていません。

WordPressをインストールする

エックスーサーバーへドメイン設定しただけではWordPressは使えません。

WordPressを設定したドメインにインストールするにはサーバーパネルで「WordPresss簡単インストール」をクリックします。

WordPresss簡単インストール

「インストール済みWordPress一覧」タブで「設定対象ドメイン」を確認します。

ここを間違えるとインストール済みのWordPressを壊してしまうので注意です。

WordPresss簡単インストール

「WordPressインストール」タブを選択し、「設定対象ドメイン」を再確認します。

作成するWordPressサイトのブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力して「確認画面へ進む」をクリックします。

WordPresssインストール

「インストールする」をクリックします。

WordPresssインストール

WordPressがインストールされると完了画面が表示されます。

「管理画面URL」がHTTPS(SSL)化前(後述)の管理画面URLです。

をクリックして「パスワード」と「MySQLパスワード」を表示し、メモしておきます。

WordPresssインストールが完了しました。

HTTPS(SSL)化する

エックスサーバーのWordPress簡単インストールでは「http://」にWordPressがインストールされます。

しかし、現在では通信が暗号化される「https://」でサイト運営するのがほぼ常識です。

WordPressサイトをHTTPS(SSL)化するにはWordPreesの管理画面にログインし、画面左側の「設定」 – 「一般」メニューを選択します。

設定 - 一般

「一般設定」画面で「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の先頭の「http:」を「https:」に書き換えます。

一般設定

画面を下にスクロールして「変更を保存」をクリックするとHTTPS(SSL)化が完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました