ワードとエクセルの賢い買い方

ワード(Word)とはマイクロソフト社のワープロソフト、エクセル(Excel)とは同じくマイクロソフト社の表計算ソフトです。

仕事や研究で作成したドキュメント(書類)はこのワードかエクセルとしてまとめるのが普通です。

スポンサーリンク

なぜワードとエクセルなのか?

ワードもエクセルも16,284円です。

Word
マイクロソフト
2台までのWindows PC / Macで利用可能
Excel
マイクロソフト
2台までのWindows PC / Macで利用可能

両方購入するなら32,568円になります。

ワードとエクセルの他にもっと安いソフトがあるのでは?

そう考えて、ワードやエクセルと互換性があるというソフトを何度もインストールしては失望させられてきました。

失望の理由はまわりの人とファイルをやりとりすると必ず問題が出たからです。

マイクロソフト純正のワード/エクセルと互換ソフトでは見た目(画面表示も印刷も)がまず一致しません。

さらに純正ソフトには互換ソフトにはない機能が多数あります。

ドキュメントのやりとりのため

自分一人で使う分には多少機能制限があっても安いソフト、または無料のソフトのほうがいいです。

しかし、仕事のドキュメントは他の誰かとやりとりしなければなりません。

そしてたくさんの人がワードとエクセルを使っている以上、自分もそれに合わせるしかありません。

両方購入するよりOfficeスイートがお得

ワードとエクセルの両方を購入するならOfficeスイートのほうがお得です。

OfficeスイートとはワードやエクセルなどのマイクロソフトOfficeアプリがセットになった製品です。

Microsoft 365
Personal
Excel
Word
単体
Office
Personal
2019
Office
Home and
Business
2019
Office
Professional
2019
ライセンス サブスクリプション 永続
費用(1年目) 12,984円 32,568円 32,784円 38,284円 65,784円
費用(2年目) 25,968円
バージョン 最新版に
無料アップデート
2019固定
Windows 10 無制限
(ログインは
5台まで)
2台まで
Windows 8.1 / 7
Windows Server
Mac 2台まで 2台まで
iPad / iPhone
Android
Excel
Word
PowerPoint
Outlook
Access
Publisher
1TB OneDrive

Office 2021の発売まではMicrosoft 365 Personalがお得

マイクロソフトOfficeの現在のバージョンは2019ですが、発売されたのは2019年1月です。

2021年後半にはOffice 2021のリリースが予定されています。

そのため、今購入するのであればMicrosoft 365 Personalの1年版がお得です。

Microsoft 365 Personalとは以下の機能が使えるサービスです。

  • ワード、エクセル、パワーポイント、アウトルック、アクセス、パブリッシャー
  • 1TBのOneDrive(マイクロソフトのオンラインストレージ)
  • Windows、Mac、iPhone、iPad、Androidで使える

Microsoft 365 Personalはバージョン(2019や2021)などに縛られないため、無料バージョンアップによってOffice 2021の機能を先取りできます。

Microsoft 365 Personal
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows / Mac / iOS / Androidで利用可能
スポンサーリンク
備忘録
備忘録

コメント