Windows7のサポート

2020年1月14日にWindows7の延長サポートが終了します。

たとえ、会社のシステムがWindows7にしか対応してなくても、新しいWindowsに移行するのが嫌でも、2020年1月14日にWindows7の延長サポートは終了します。

スポンサーリンク

延長サポートとは?

WindowsやOfficeといったマイクロソフトのソフトウエアには2種類のサポート期間が存在します。

  • メインストリームサポート
  • 延長サポート

メインストリームサポート

メインストリームサポートとはバグ(ソフトウエアの不具合)があったら修正する(Windows Updateで修正内容を配布)、という当たり前のサポートです。

Windows7のメインストリームサポートは2010年の発売後から開始され、2015年1月15日で既に終了しています。

つまり、もう基本的にはWindows7のバグ(後述のセキュリティバグを除く)は既に放置なわけです。

延長サポート

メインストリームサポート期間が終了すると延長サポート期間になります。

延長サポートではセキュリティバグのみを修正します。

セキュリティバグとはコンピューターウイルスの侵入を許してしまう脆弱性のことです。

コンピューターウイルスはこのセキュリティバグを探して作成されます。

つまり、コンピュータウイルス作成者によるセキュリティバグ発見とマイクロソフトによるセキュリティバグ修正のイタチごっこが延長サポート終了まで続くわけです。

Windows7の延長サポートは2020円1月14日に終了予定です。

延長サポート終了で何が起こるか

延長サポート終了の2020年1月14日を過ぎてもWindows7が使えなくなるわけではありません。

しかし、ウイルス作成者によるセキュリティバグ発見は続きます。

セキュリティバグを突いたウイルスが登場しても延長サポートは終了しているのでもうセキュリティバグの修正はありません。

せっかく作ったウイルスがセキュリティバグ修正によって無駄になってしまうこともなくなりますから、ウイルス作成者のモチベーションも上がることでしょう。

つまり、コンピューターウイルスに感染するのは時間の問題ということになります。

マイクロソフトOffice 2010を使っているのでは?

Windows7を使っているということは同時期に発売されたマイクロソフトOffice 2010も使っているのではないでしょうか。

Office 2010の延長サポートは2020年10月13日に終了しますので、もし使っていればWindows 7のサポート終了と合わせて考える必要があります。

選択肢は2つ

延長サポート終了に対応するための選択肢は2です。

  • Windows10にアップグレードする
  • Windows10搭載パソコンに買い換える

Windows10にアップグレードする

現在使っているWindwos7パソコンでWindows10が動くのであれば、Windows10にアップグレードするのがお手軽、かつ費用も少なくすみます。

Windows10が動作するか否かは以下で確認できます。

Windows10アップグレードチェッカー |

Windows 10にはWindows 10 HomeとWindows 10 Proの2種類があります。

現在使っているWindows7のエディションがHome PremiumであればWindwos 10 Home、それ以外のエディションであればWindows 10 Proを選べば無駄がありません。

Windows 10 Home
マイクロソフト
Windows 10 Pro
マイクロソフト

Office 2010を使っている場合は対応が必要

Office 2010を使っている場合、Windows 10へのアップグレードしてもOfficeが最新版になるわけではないため、別途対応が必要です。

Windows10搭載パソコンに買い換える

現在のパソコンでWindows10が動かなければWindows10搭載パソコンに買い換えるしかありません。

おすすめはWindows10に加えて最新のOfficeも搭載されているSurfaceなどです。

コメント