Windows Serverの購入

NASなどでは到底実現できない多機能で安全なファイル共有ができるのがWindows Serverです。

簡単に購入でき、わかりやすく本業の片手間でもサーバー管理できるのがWindows Serverの魅力です。

スポンサーリンク

クラウドのWindows Serverを借りるという選択肢

Windows Serverを自力で運用するのでなく、Windows Server 2019をクラウド経由で借りるという選択肢があります。

リモートデスクトップ接続して使えるWindows Server 2019を提供しているConoHa for Windows Serverです。

ハードウエアを管理する必要がないため、自力でWindows Serverを運用するよりおすすめです。

EssentilasとStanard

Windows Server 2019 EssentilasとWindows Server 2019 Stanardはどちらを選べばいいのでしょうか(Windows Serer 2019には他にもDatacenterエディションがありますが、これは購入も運用も簡単とは言い難いためこの記事では無視で・・・)。

Windows Server 2019 Essentials

Essentialsは小規模企業向けのエディションです。

CALが不要

CALとはクライアントアクセスライセンスです。

Windows Serverはどういうわけかサーバーだけでなく、クライアントにもライセンスが必要なことになっていて、Essentials以外のエディションではユーザー数、またはデバイス数分のCALを購入する必要があります。

しかし、EssentialsだけはこのCALが不要なのです。

そのため、Essentialsは他のエディションよりコストを大幅に抑えられます。

ただし、Essentialsには25ユーザーかつ50台までの制限があります。

この制限の範囲であればEssentialsがお得です。

ただ、制限を超えるとStandardに移行する必要があるため、近い将来に超えるのがわかっているのであればEssentialsは無駄になります。

FoundationかSBSからの移行

Windows Server 2019にはWindows Server 2012 Foundationに該当するエディションがありません。

そのため、Foundationから移行する場合、一番近いのがEssentialsになります。

また、既にサポートが終了しているSmall Business Server(SBS)から移行する場合も、このEssentialsです。

2プロセッサで1ライセンス

Essentialsは2プロセッサ(物理的なCPU)につき1ライセンスを購入します。

もし、4プロセッサのマシンで使用する場合は2ライセンスが必要になります。

Windows Server 2019 Standard

Essentialsの制約ではダメな場合、高価なStandardを選択するしかありません

CALが必要

前述の通り、StandardエディションではCALが必要になります。

大きく(特定用途別CALを除き)、ユーザーCALとデバイスCALがあります。

デバイス(PC)を共有で使ってる、つまりデバイス数よりユーザー数が多ければ、デバイスCALを購入したほうがお得です。

逆に複数のデバイスを使ってるユーザーが多ければデバイスCALのほうがお得になります。

16コアライセンスにつき1購入

Standardエディションのダウンロード購入では16コアライセンスにつき1購入が必要です。

コアライセンスとはプロセッサ(CPU)のコア数に応じて必要となるライセンスで、以下の購入条件があります。

  1. サーバー1台につき最低16コアライセンス
  2. プロセッサ1個につき最低8ライセンス

例えば2コアのCPUを2つ搭載したサーバーの場合、総コア数は4です。

しかし上記購入条件1があるため、必要なコアライセンス数は16になります。

もし、3つのプロセッサを搭載したサーバーであれば、たとえ2コアのプロセッサであっても上記購入条件2により、24コアライセンスが必要になります。

コメント