タブレットの使い道

今の世の中、ほとんどの人がパソコンかスマホを持っています。

いや「パソコンもスマホも持っています」と言ったほうが正しいかもしれません。

それなのになぜパソコンほと大画面でなく、スマホのように常に携帯できないタブレットを買うのでしょうか?



コンテンツ

その理由は動画、写真、電子書籍、音楽などの「コンテンツ」をパソコンやスマホ以上に楽しみたいからではないでしょうか?

パソコンはたとえノートパソコンであっても基本的に机において椅子において使うように設計されています。

つまり、ソファーやベッドでくつろぎながらコンテンツを見るのにはパソコンは向いていません。

かといってスマホでは画面が小さすぎます(音楽だけならいいかもしれませんが)。

それでタブレットを購入しようと!となったのではないでしょうか。

コンテンツはどこから?

パソコンやスマホと違い、ソファーやベッドで大画面で楽しめるタブレットを使い出すと感じることがあります。

  • YouTubeなどの無料動画にはもう飽きた。映画やドラマを観たい。
  • パソコンとスマホに散らばっている写真をタブレットでも観たい(でもファイル転送とかは面倒)。
  • 画面の小さなスマホでは読みづらい雑誌をタブレットで読みたい。
  • パソコンとスマホに散らばっている音楽をタブレットでも聴きたい(でもファイル転送とかは面倒)。

そういった要望に対する各タブレットOSの提案がこれです。

Fire
タブレット
iPad Android
タブレット
Windows
タブレット
映画
ドラマ
Amazonプライムビデオ
音楽 Amazon Prime Music Apple Music Google Play Music
(All Access)
電子書籍 Kindleストア
Kindleオーナーライブラリー
iBooks Google Play Books
写真 Amazonプライムフォト iCloudフォト Googleフォト OneDrive

映画/ドラマ

iPadもAndroidもWindowsも標準では映画やドラマは提案していません。

見放題の動画配信サービスを契約すればいいのですが、お金がかかります。

利用料(税込)
Amazonプライムビデオ  3,900円/年 (Amazonプライム)
(325円/月換算)
Hulu 1,007円/月
dTV 540円/月
プレミアムGYAO! 864円/月
U-NEXT 2,149円/月
ビデオパス 606円/月

上の表からはFireタブレットが提案するAmazonプライムビデオのコストパフォーマンスの高さがわかります。

音楽

昔はCDを購入してパソコンで取り込んだ曲や、ネットで購入した曲を「自分で管理」していました。

基本的にはパソコンに曲を保存して必要に応じてスマホにコピーするという大変面倒なことをしていたわけです。

しかし現在、音楽は定額で聴き放題が主流です。

定額聴き放題ならクラウド(インターネット)上の膨大な曲をスマホでもタブレットでもパソコンでも聴くことができます。

利用料(税込)
Amazon Prime Music 3,900円/年(Amazonプライム)
(325円/月換算)
Apple Music 980円/月
Google Play Music (All Access) 980円/月

電子書籍

iBooksやGoogle Play Booksで電子書籍を購入しますか?

大多数の人はKindleストアや楽天Koboで購入すると思います。

FireタブレットでKindleストアを利用できるのは当然ですが、それに加えてKindleオーナーライブラリが利用できます。

KindleオーナーライブラリとはKindleオーナーライブラリー対象本を月に1冊無料で読めるサービスです。

対象本には漫画や高額なベストセラーも含まれています。

写真

自分で撮影した写真と動画をアップロードしてパソコン、スマホ、タブレットすべてで見れるようにするオンラインストレージです。

無料で最低限の容量は使えるのですが、すべての写真をアップロードしようとすると結局有料で容量を買う必要があります。

利用料(税込)
Amazonプライムフォト  3,900円/無制限/年(Amazonプライム)
(325円/月換算)
 iCloudフォト  2,400円/1TB/月
 Googleフォト 9.99ドル/1TB/月
OneDrive 12,107円/1TB/年
(Office 365含む)

ここでもAmazonプライムフォトは圧倒的とも言えるコストパフォーマンスです。

 Amazonプライム

上記のAmazonプライムビデオ、Amazonプライムフォト、Kindleオーナーライブラリー、Amazon Prime MusicはすべてAmazonプライムというサービスの一部です。

Amazonの電子書籍やタブレットと切っても切れないのがです。 また、話題のAmazonプライムビデオを視聴するためには、Am...

そしてFireタブレットはそのAmazonプライムのサービスが利用しやすいように最適化されています。

逆に言えばAmazonプライムが合わない人はFireタブレットもおそらく合いません。

Kindleオーナーライブラリー以外のAmazonプライムのサービスはパソコンやスマホでも使え、30日間は無料体験ができます。

そのため、Fireタブレットを購入する前に手持ちのパソコンかスマホでAmazonプライムが自分にあっているかどうか見極めるのがいいと思います。

もし、Amazonプライムが気に入ったならFireタブレットは本当におすすめです。

上のリンクから30日間の無料体験を終えると4,000円引きでFire HD 10を購入できるようになります。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック
Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック