ARM版のWindowsを搭載したSurface Pro X

Surface Pro X

一般的なWindowsはx86/x64と呼ばれる系統のCPU向けです。

それに対し、ARMと呼ばれる系統のCPU向けのWindowsを搭載したのがSurface Pro Xです。

スペックと価格

CPU Microsoft SQ2 Microsoft SQ1
価格 8GB / 128GB 125,010円
8GB / 256GB 146,790円
16GB / 256GB 198,060円163,504円
16GB / 512GB 241,780円181,335円
画面 サイズ 13インチ
解像度 2,880 x 1,920
グラフィック Adreno 690 Adreno 685
重量 キーボード込 1.1kg弱
本体のみ 774g
サイズ 287mm x 208mm
バッテリー駆動時間 13時間
USB Type-C x 2
ソフト OS ARM版 Windows 10 Home
Office Office Home and Business 2019

ARM版Windows

Surface Pro XにはMicrosoft SQ2(8GBモデルはMicrosoft SQ1)というARM系のCPUが搭載されています。

ARMはiPhoneやAndroidなどで使われているCPUです。

x86/x64に比べて消費電力が低くモバイルにはピッタリです。

そのため、かなり昔からARM CPUに対応したWindowsは存在することはしました。

Windows CEのARM版やWindows RTです。

組込向けのWindows CEはそこそこ長寿を全うしましたが、パソコン向けのWindows RTは短命に終わりました。

理由は簡単でARM CPUではx86/x64向けに作られた通常のWindowsアプリが動作しなかったからです。

マイクロソフトはそんな失敗にめげず、Surface Pro Xに新しいARM版Windows(なぜかWindows CEやWindows RTといった名前がありません)と搭載してきました。

現在のARM版Windowsは通常の(x86の)WindowsアプリをWOA(Windows On ARM)の「Dynamic Binary Translator」によってARM用に変換しながら動作させることができます。

ただ、変換できるのはx86アプリだけで今の所、x64アプリ対応はマイクロソフトが開発中です。

まあ、Surface Pro Xでない32bit版WindowsのPCでもx64アプリが動作しないのは同じです(Surface Pro X以外のSurfaceはすべて64bit版Windowsです)。

Surface Pro X 通常のWindows
64bit版 32bit版
x86アプリ
x64アプリ 開発中
ARMアプリ

ほとんどのアプリはx86のみ、またはx86とx64の両方を提供しています。

しかし、少数ですがx64のみでx86を提供しないアプリ(PhotoshopやLightroomなど)も存在します。

そのようなアプリはSurface Pro X(と32bit版Windows)では動作しません。

ちなみに2020年11月にはApple M1というARM CPUを搭載したMacが登場しています。

常時LTE接続

外出先で通常のPCを使う際、何らかの方法でインターネット接続する必要があります。

でもスマホなら何も考えずにインターネット接続できますよね。

それはスマホが常時LTE接続しているためです。

Surface Pro Xはスマホと同じ常時LTE接続に対応しています。

そのため、外出先であってもスマホのようにインターネット接続について何も考える必要はありません。

Surface Pro Xで使えるnanoSIM(携帯電話会社との契約情報が書き込まれたカード)とeSIM(Surface Pro Xに内蔵されている書き換え可能なSIM)はIIJmio(格安SIMの会社)で契約できます。

初期費用1円

スリムペン付きのキーボード

Surface Pro Xはキーボードが別売りです。

本体だけ購入してタブレットとして使うこともできなくもないですが、そういう人は少数派かと。

Surface Pro Xの別売りキーボードにはスリムペンが付属しています。

ペンはキーボードに収納でき、収納すると充電されるのは地味に便利です。

コメント