グローバル通信が使えない国でPOCKETALKを使う

翻訳機を超えた夢の通訳機、POCKETALK(ポケトーク) W

POCKETALKとはドラえもんの「翻訳こんにゃく」のように実用レベルで使える翻訳機(通訳機)です。

翻訳こんにゃくが実現! POCKETALKのレビュー

翻訳こんにゃく(ほんやくこんにゃく)とはドラえもんのひみつ道具です。

コンニャクという名前の通り、見た目もコンニャクで食べられます。

そしてこの翻訳コンニャクを食べるとどんな言語を話す相手とも会話ができるようになるという...

スポンサーリンク

グローバル通信とは

POCKETALKが実用レベルに使える理由は翻訳エンジンを小さな本体に内蔵せず、インターネット上の翻訳エンジンを利用するためです。

逆に言えばネットに接続できないと使えないため、POCKETALKは通常、グローバル通信とセットで使います。

グローバル通信とは世界の携帯電話回線を使って無料ネット接続できるPOCKETALK専用の通信機能です。

グローバル通信が使えない地域では

グローバル通信が世界中どこでも使えるのが理想ですが、現実には以下の地域以外は使えません。

グローバル通信の対応地域

そのため、POCKETALKはWi-Fi(無線LAN)機能を内蔵しています。

グローバル通信が使えない地域ではWi-Fiでネットに接続するというわけです。

Wi-Fi設定は難儀

グローバル通信は対応地域にPOCKETALKを持ち込むだけで何の設定も必要なく使うことができます。

しかし、グローバル通信非対応地域では、まずWi-Fiアクセスポイント場所を探し、なおかつアクセスポイントのパスワードをPOCKETALKに設定する必要があります。

パスワードを矢印キーで小さな文字選択して入力するのはなかなか面倒です。

一度設定したWi-Fiアクセスポイントは記憶されるため、設定操作はアクセスポイントにつき一度だけです。

グローバル通信が使えない地域ではWi-Fiアクセスポイントを探して設定する手間が必要なため、残念ながら翻訳こんにゃくからは遠くなります。

非対応地域でもグローバル通信付きがおすすめ

POCKETALKにはグローバル通信の有無によって2つのモデルがあります。

価格(税抜)
グローバル通信2年付き 29,880円
グローバル通信なし 24,880円

グローバル通信非対応地域で使うからグローバル通信なしでいい、

と思うかもしれません。

しかし、たとえ非対応地域でもグローバル通信付きがおすすめです。

なぜならグローバル通信は日本でも使えるからです。

グローバル通信付であればWi-Fiアクセスポイントの場所等を気にする必要なく、日本中どこでも通信料無料でPOCKETALKを使うことができます。

コメント