パソコンの初心者は何を購入すればいいのか?

初心者のパソコン選びというのは結構難しいものがあります。

初めてパソコンを購入する、または初めて買ったパソコンがどうも合わないので買い換えたい。

そんなパソコン初心者は一体何を基準にどんなパソコンを購入するのがいいのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンで何をするかがわからない

通常、機種選定の基準となるのはパソコンで何をするか、です。

  • インターネット(ブラウザ)
  • メール
  • 表計算(エクセル)
  • 文書作成(ワード)
  • ノート(OneNote)
  • ゲーム
  • 動画編集
  • などなど・・・

インターネット(ブラウザ)だけなら低性能のパソコンでもいいでしょうし、動画編集なら高性能が必要なのでノートパソコンでなくデスクトップ(本体とディスプレイが分離したタイプのパソコン)を選択せざるを得ないかもしれません。

ゲームは種類によってパソコンへの要求スペックがまるで異なります。

しかし、「パソコンで何をしたいんですか」の質問は初心者には酷かと思います。

その質問に答えられる人は初心者とは言えないのではないでしょうか。

マイクロソフトOfficeという「基準」

マイクロソフトOfficeとは表計算、文書作成、ノートなどの汎用ソフトをセットにした製品です。

マイクロソフトOfficeは表計算や文書などの事実上の標準になっています。

会社などビジネスで文書作成や表計算をする場合はもちろん、大学などビジネス以外でも使われています。

今すぐ必要でなくても仕事や勉強でマイクロソフトOfficeを使う可能性は高いです。

インターネットやメールができればいいという基準でパソコンを購入すると、仕事や勉強でマイクロソフトOfficeを使い始めてから後悔することになります。

また、マイクロソフトOfficeが「快適に」動くパソコンであれば特殊なゲームや動画編集等以外、大抵のことはできます。

MacBook + マイクロソフトOffice

世の中のパソコンは大きくWindowsとMacの2つに分けられます。

会社などビジネス使われてるパソコンのほとんどはWindowsです。

そのため、昔はわからない時に聞ける人が多いから初心者にはWindowsがいいというのが普通でした。

しかし、現在のWindowsのUI(ユーザーインターフェイス)は迷走している感があり、少なくとも現時点ではMacのほうが使いやすいです。

また、WindowsとMacでアプリの共通化が進んだことで「WindowsかMacか」よりも「どのアプリを使うか」のほうが重要な時代になっています。

マイクロソフトOfficeはMacでもWindowsでも使える定番中の定番アプリです。

MacBook Air

Windowsパソコンの場合、現行機種であってもマイクロソフトOfficeが快適に動かない性能のものはたくさんあります。

上級者であればそうした低性能パソコンでも工夫して使いこなせるでしょうが、初心者だとそうは行きません。

それだけWindowsパソコンを選ぶのは難しいということです。

しかし、Macならそんな地雷のような機種などなく、現行機種であればどれを選んでもマイクロソフトOfficeは快適に動きます。

Macの現行機種で最も安価(本体のみのMac miniを除く)なのはMacBook Airです。

マイクロソフトOffice

マイクロソフトOfficeがプリインストール(付属)していない場合(Macにはプリインストールされていません)、マイクロソフトOfficeの価格も考慮する必要があります。

Office Personal 2019
マイクロソフト
Excel / Word / Outlook
2台までのWindows PCで利用可能
Office Home and Student 2019 for Mac
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint
2台までのMacで利用可能
Office Home and Business 2019
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook
2台までのWindows PC / Macで利用可能

Surface Laptop 2

Surface Laptop 2とはマイクロソフトのWindowsパソコンです。

マイクロソフトOfficeがプリインストールされています。

マイクロソフトはWindows OS開発元であり、マイクロソフトOfficeの開発元でもあります。

つまり、マイクロソフト1社でハードウエア、OS、Officeのすべてが開発された製品です。

前述の通り、Windowsパソコンを初心者が選ぶのは難しいものがありますが、マイクロソフトのパソコン(Surface)にはさすがにOfficeが快適に動かないものはありません。

ただ、マイクロソフトは本体とキーボードが分離してタブレットとしてもパソコンとしても使える2in1を推しています。

2in1は便利ではありませんが、タブレットUI(ユーザーインターフェイス)とパソコンUIの切り替えがややこしいため初心者向けではありません。

そのため、マイクロソフトのSurfaceで唯一のクラムシェル型(貝殻のように開くタイプ、MacBookもクラムシェル型)であるSurface Laptop 2が初心者にはおすすめです。

コメント