オンラインストレージとは?

オンラインストレージ

オンラインストレージ(online storage)とはパソコンやスマホなどのファイル(写真、文書、音楽など)をインターネットのサーバーに保存するサービスです。

クラウドストレージ(cloud storage)とも呼ばれます。

有名なオンラインストレージにはDropboxやOneDriveなどがあります。



オンラインストレージの特徴

わざわざインターネット上にファイルを保存するメリットは何でしょうか。

ファイルならUSBメモリやパソコン内のハードディスクなどの記憶装置に簡単に保存できます。

にもかかわらずオンラインストージを使うのは以下のようなメリットがあるためです。

  • 記憶装置が壊れてもファイルが失われない
  • スマホや異なるパソコンなどとファイルを共有できる
  • 複数人でファイルを共有できる

記憶装置が壊れてもファイルが失われない

USBメモリもパソコンのハードディスクなどの記憶装置はいつか必ず壊れます。

特にハードディスクは内部で磁気ディスクをモーターで高速回転させるという構造のため、平均4年程度で寿命を迎えると言われてます。

つまり、記憶装置の故障に備えてファイルを「バックアップ」しておく必要があります。

そして記憶装置が故障したら、バックアップしたファイルを新しい記憶装置に復元します。

しかし、ファイルのバックアップは面倒です。

ちゃんとファイルをバックアップしている人が一体、どれだけいるでしょうか?

たとえ記憶装置が壊れても当然オンラインストレージ上のファイルが失われることはありません。

スマホや異なるパソコンなどとファイルを共有できる

  • パソコンにある動画をスマホで観たい
  • スマホで撮影した写真をパソコンで観たい
  • WordやExcelのファイルを別のパソコンで編集したい

こうしたことはスマホとパソコンをケーブルで繋いだり、USBメモリでファイルをやりとりなどすればできなくもありませんが、面倒です。

オンラインストレージにファイルが保存されていれば、あるパソコンで保存したファイルはスマホでもすぐに見ることができます。

複数人でファイルを共有できる

会社などでは社内サーバーの特定フォルダのファイルを複数の人が編集しながら仕事を進めることがよくあります。

オンラインストレージでも同じように特定のフォルダを複数人で共有することができます。

社内サーバーを社外から使うのはネットワークの設定等が大変ですが、オンラインストレージなら社内か社外かに関係なくそうした共同作業が簡単にできます。