クラウドストレージ(オンラインストレージ)の比較

オンラインストレージはインターネット上に写真、音楽、文書などのファイルを保存できるサービスのことです。

同じオンラインストレージでもプランによってだいぶ性格が異なるため、オンラインストレージをコストパフォーマンスのいいプランを中心に比較してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オンラインストレージとは

オンラインストレージ(online storage)とはパソコンやスマホなどのファイル(写真、文書、音楽など)をインターネットのサーバーに保存するサービスです。

クラウドストレージ(cloud storage)とも呼ばれます。

有名なオンラインストレージにはDropboxやOneDriveなどがあります。

オンラインストレージの特徴

わざわざインターネット上にファイルを保存するメリットは何でしょうか。

ファイルならUSBメモリやパソコン内のハードディスクなどの記憶装置に簡単に保存できます。

にもかかわらずオンラインストージを使うのは以下のようなメリットがあるためです。

  • 記憶装置が壊れてもファイルが失われない。
  • スマホや異なるパソコンなどとファイルを共有できる。
  • 複数人でファイルを共有できる。

記憶装置が壊れてもファイルが失われない

USBメモリもパソコンのハードディスクなどの記憶装置はいつか必ず壊れます。

特にハードディスクは内部で磁気ディスクをモーターで高速回転させるという構造のため、平均4年程度で寿命を迎えると言われてます。

つまり、記憶装置の故障に備えてファイルを「バックアップ」しておく必要があります。

そして記憶装置が故障したら、バックアップしたファイルを新しい記憶装置に復元します。

しかし、ファイルのバックアップは面倒です。

ちゃんとファイルをバックアップしている人が一体、どれだけいるでしょうか?

たとえ記憶装置が壊れても当然オンラインストレージ上のファイルが失われることはありません。

スマホや異なるパソコンなどとファイルを共有できる

  • パソコンにある動画をスマホで観たい。
  • スマホで撮影した写真をパソコンで観たい。
  • WordやExcelのファイルを別のパソコンで編集したい。

こうしたことはスマホとパソコンをケーブルで繋いだり、USBメモリでファイルをやりとりなどすればできなくもありませんが、面倒です。

オンラインストレージにファイルが保存されていれば、あるパソコンで保存したファイルはスマホでもすぐに見ることができます。

複数人でファイルを共有できる

会社などでは社内サーバーの特定フォルダのファイルを複数の人が編集しながら仕事を進めることがよくあります。

オンラインストレージでも同じように特定のフォルダを複数人で共有することができます。

社内サーバーを社外から使うのはネットワークの設定等が大変ですが、オンラインストレージなら社内か社外かに関係なくそうした共同作業が簡単にできます。

オンラインストレージの比較表

オンライン
ストレージ
プラン 容量 料金
(税込)
月あたり料金
(税込)
備考
Dropbox Dropbox Plus 2TB 15,552円/年 1,296円 対応アプリが多い
Basic 2GB 無料
OneDrive Office 365 Solo 1TB 12,744円/年 1,062円 マイクロソフトOfficeが使える
無料 5GB 無料
SugarSync 500GB 個人 500GB 1,900円/月 1,900円 任意フォルダを同期できる
Google One 2TB 13,000/年 1,084円 利用規約を受け入れられるか?
任意フォルダを同期できる
200GB 3,800円/年 317年
100GB 2,500円/年 209円
無料 15GB 無料
ドライビー ビジネス 100GB 38,880円/年 3,240円 法人向け
WebDAV・FTP
IPアドレス制限

写真と音楽ファイル

オンラインストレージの容量を比較する前にちょっとだけ。

オンラインストレージに保存したいファイルのほとんどが写真か音楽ファイル(MP3やAAC等)という人は多いのではないでしょうか。

この2つについてはアマゾンプライム(またはその学生版のAmazon Student)を利用すると容量を気にする必要がなくなります。

写真なら無制限

アマゾンプライムのサービスの1つにAmazonプライムフォトという写真専用のオンラインストレージがあります。

JPG(一般的な写真ファイル形式)に加え、RAW(高級デジカメ等で使われているサイズの大きな写真ファイル形式)までも無制限に保存できる写真専用のオンラインストレージです。

このAmazonプライムフォトに写真を保存することにすれば、一般の(写真専用でない)オンラインストレージに必要な容量はごっそり減らせるのではないでしょうか。

配信される音楽を持っておく必要はない

アマゾンプライムにはAmazon Prime Musicという音楽配信サービスも含まれています。 Amazon Prime Music

Amazonのクラウドに保存されている音楽をストリーミング(ファイルをダウンロードすることなく)再生することができます。

車で音楽を聞くのも簡単です。

つまり、アマゾンプライム(またはPrime Student)会員であれば、Amazon Prime Musicにある曲をわざわざ自分でファイルとして保存しておく必要はないのです。

ただ、Amazon Prime Musicが100万曲聴き放題とはいってもにない曲はあり、そうした曲だけは自分でファイルとして持っておく必要がありますが。

それでも音楽ファイルのためにオンラインストレージに必要な容量はかなり減らせるのではないでしょうか。

高ければ話は別ですが・・・

アマゾンプライムの料金は年間4,900円、月あたり409円です。

学生版のPrime Studentなら年間2,450円、月あたり205円です。

写真の無制限保存と100万曲聴き放題以外にもAmazonプライムビデオなど様々なメリットがあります。

料金が高ければ話は別ですが、この金額でこの内容であればアマゾンプライムに写真と音楽ファイルを「逃がす」ことは十分に検討に値するのではないでしょうか。

Amazonプライム
30日間無料体験
Prime Student
プライム特典を半額で利用できる学生のためのプログラム
6ヶ月無料体験

高速で定番のDropBox Plus

オンラインストレージの先駆けと言えばDropBoxで、現在でもオンラインストレージと聞いて多くの人が思い浮かべるのがDropBoxです。

同期速度や対応アプリ数でもOneDriveやGoogle Driveを凌ぎます。

無料のBasicプランは容量が2GBしかないため事実上使い物になりません。

さらにBasicプランでは同期できるデバイス(スマホやパソコンなど)も3台までです。

しかし、Dropbox Plusであれば2TBの容量が使えます。

同期できるデバイスも無制限です。

Dropboxはファイルの同期も速く、対応アプリも多く定番中の定番です。

Dropbox Plus
Dropbox, Inc.
公式価格より8,400円お得

1TB OneDrive + マイクロソフトOffice = Office 365 Solo

Office 365 SoloとはOneDriveとマイクロソフトOfficeが使えるサービスです。

OneDriveとはマイクロソフトのオンラインストレージです。

Windowsに統合されたOneDrive

マイクロソフトはなんとOSであるWindowsにオンラインストレージであるOneDriveを統合してしまいました。

DropBoxもGoogle OneもWindowsに対応していますが、アプリをインストールしなければ使えません。

それに対して、Windows 8以降のWindowsに普通にファイルを保存すると何もしなくてもOneDriveに保存されます。

そのため、知らない間にOneDriveを使っている人も多いと思います。

だからといってOneDriveはWindows専用というわけではなく、MacでもAndroidでもiOSでも使えます。

このOneDriveは無料だとわずか5GBの容量しかないのですが、Office 365 Soloを購入することで1TB(1024GB)に増えます。

Office 365 SoloならマイクロソフトOfficeがおまけについてくる

Google OneではマイクロソフトOfficeのような「Googleドキュメント」というアプリを使うことができます。

しかし、GoogleドキュメントはあくまでGoogle One上のファイルだけを編集できるWebアプリにすぎません。

それに対してOneDrive(Office 365 Solo)にはなんと本物のマイクロソフトOfficeがついてきます(OneDriveの無料プランにはついてきませんので注意)。

本物のOfficeですからOneDriveに保存したWordやExcelのファイルはもちろん、ハードディスク上のWordやExcelファイルも編集できます。

このマイクロソフトOffice + OneDriveの組み合わせはOffice 365 Soloと呼ばれます。

Office 365 Soloとは月単位、または年単位で1TBのOneDriveと最新のマイクロソフトOfficeのすべてのアプリ(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher)を使える契約のことです。

しかも、WindowsでもMacでも使うことができます。

1TBのOneDriveがおまけなのかマイクロソフトOfficeのほうがおまけなのかよくわかりませんが、本物のマイクロソフトOfficeが事実上タダで使えるというわけです。

マイクロソフトOfficeなら購入したパソコンに付属していたよ、という人もいるかもしれません。

しかし、パソコンに付属のOfficeはPowerPoint等が含まれない廉価版ではないでしょうか。

しかも最新バージョン(現在は2019)より古いのではないでしょうか。

Office 365 Soloでは以下のOfficeアプリの最新バージョン(現在は2016、将来新しいバージョンが発売されればそのバージョン)を最大2台のWindowsかMacにインストールして使うことができます。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • Access (Windowsのみ)
  • Publisher (Windowsのみ)

マイクロソフトOfficeとオンラインストレージの両方が必要であればこのOffice 365 Soloが最もコストパフォーマンスが高いです。

Office 365 Solo
マイクロソフト
Excel / Word / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher / 1TB OneDrive
Windows PC / Mac / iOS / Androidで利用可能

任意のフォルダを同期するならSugarSyncかGoogle One

DropboxやOneDriveでは同期できるのは予め決めた特定フォルダ(“マイドキュメント¥Dropboxなど”)の中のあるファイルだけです。

例えば”C:¥Windows”フォルダを同期したい、”マイドキュメント¥社内資料”フォルダを同期したい、、、といったことはできないのです。

そうした特定フォルダ以外の任意のフォルダを同期できるオンラインストレージとしてはSugarSyncかGoogle Oneがあります。 SugarSync

ただし、Google Oneについては後述の規約の問題があります。

Googleの利用規約は受け入れられるか?

無料でオンラインストレージを使いたいを考えている人にとって、15GBを無料で使えるGoogle Oneは魅力だと思います。

しかし、Googleの利用規約には以下の記述があります。

本サービスにユーザーがコンテンツをアップロード、提供、保存、送信、または受信すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。

つまり、GoogleOneにファイルをアップロードするということは、Googleにそのファイルを全世界に配布するライセンスを付与することになるのです。

この利用規約を受け入れられるでしょうか?

特に仕事でオンラインストレージを使うつもりなら、この規約はかなり難しいものがあるのではないでしょうか。

法人ならドライビー

ドライビーとは法人向けのオンラインストレージサービスです。

ユーザー管理やIPアドレス制限などのセキュリティ機能が充実しています。

FTPとWebDAVの両方に対応しているため、自社のFTPサーバーやWebDAVサーバーでファイルを管理している場合でも既存のクライントソフトを変更することなく自社サーバーからクラウドストレージに移行できます。 オンラインストレージサービス ドライビー for Business

コメント