コンビニのFAX

FAX

子供が小学校にあがるとFAXが必要になることがあります。

学校への欠席や遅刻の連絡はFAXで、という学校があるからです。

でも今時FAXなんてある家はどれだけあるでしょうか。

FAXどころか電話回線は携帯だけで固定回線がないなんて家庭も珍しくありません。

学校への連絡のためだけにFAXを買って固定回線を引くのはあまりにも馬鹿げています。

コンビニからFAXを送信する

このFAX問題を安く解決する方法はコンビニです。

多くのコンビニではマルチコピー機を設置しています。

マルチコピー機とはコピー、FAX、印刷などができる大きめの機械でコンビニ内のATMの隣あたりに設置されていることが多いようです。

このコンビニのマルチコピー機からは1枚50円程度でFAXを送信できます。

コンビニ  FAX送信料金 クロネコFAX
セブンイレブン 50円/枚
ローソン 50円/枚
ファミリーマート 50円/枚
ミニストップ ノーマル 50円/枚
ファイン 60円/枚
サークルKサンクス 50円/枚
スリーエフ 50円/枚
ポプラ 50円/枚
コミュニティストア 白黒 50円/枚
カラー 90円/枚
セーブオン 50円/枚
デイリーヤマザキ 50円/枚

クロネコFAXとは

上の表のクロネコFAXとはコンビニでFAXを受け取れる(受信できる)サービスです。

スマホやタブレットからFAXを送る

コンビニのマルチコピー機でFAXを送るのは安いのですが、FAXのためにわざわざコンビニまで行くのは面倒です。

スマホ(iPhone/Android)やタブレット(iPad/Android)にはFAXを送受信できる「メッセージプラス」をいうアプリがあります。

このアプリを使うとスマホやタブレットで撮影した写真をFAX送信できるのです。

ただし、このアプリを使うためにはメッセージプラスの契約をする必要があります。

メッセージプラスとは次の機能を提供するサービスです。

FAX送信

  • スマホやタブレットから写真をFAX送信できます。
  • パソコンからWordやExcel等のファイルをFAX送信できます。

FAX受信

メッセージプラスでは自分専用の電話番号(050で始まる番号です)がもらえます。

その番号で受信したFAXはインターネット上のサーバーに保存されます。

そしてスマホやパソコンから受信したFAXを閲覧できるのです。

つまり、自宅にFAXの機械は不要です。

留守番電話

自分専用の電話番号にFAXでなく人間がかけてきた場合、メッセージプラスは留守番電話として機能します。

電話の音声はインターネット上のサーバーに保存されます。

そしてスマホやパソコンから留守盤電話の録音を聞くことができます。