個人事業主の経費

会社員を辞めて個人事業主になり収入は上がっても会社員より税金が高くなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

経費と税額の関係

個人事業主は会社員と違って収める税金の金額を自分で計算します。

  1. 所得 = 売上 – 経費
  2. 課税所得 = 所得 – 38万円(基礎控除) – 所得控除
  3. 税額 = 課税所得 × 税率

この式からわかることは税額を下げるためには経費か所得控除の金額を上げることです。

所得控除とは生命保険料や医療費控除で会社員でも年末調整や確定申告で申告できる控除です。

経費は売上を得るためにかかったお金で会社員は自分では申告できませんが、個人事業主は自分で経費を計算して申告します。

この経費がたくさんあればあるほど税額が減るわけです。

スポンサーリンク

使ってもいない経費が控除される給与所得控除

会社員は仕事のための経費を給与収入から控除することはできないのでしょうか?

会社員が個人事業主になれば経費を控除できるから会社員より得なのでしょうか?

会社員の所得は売上から経費でなく、給与収入から給与所得控除を差し引いて計算します。

  1. 所得 = 給与収入 – 給与所得控除
  2. 課税所得 = 所得 – 38万円(基礎控除) – 所得控除
  3. 税額 = 課税所得 × 税率

この給与所得控除額は給与収入に応じて決まっているため、会社員が自分で申告する必要はありません。

給与収入 給与所得控除額 計算例
180万円以下 給与収入×40%
65万円に満たない場合には65万円
年収180万円なら
控除額は72万
180万円超~360万円 給与収入×30%+18万円 年収300万円なら
控除額は108万円
360万円超~660万円 給与収入×20%+54万円 年収500万円なら
控除額は154万円
660万円超~1,000万円 給与収入×10%+120万円 年収700万円なら
控除額は190万円
1,000万円超~1,500万円 給与収入×5%+170万円 年収1,000万円なら
控除額は220万円
1,500万円超 245万円 年収1500万円以上は
控除額は245万円

例えば、年収500万円の会社員であれば154万円が経費として収入から控除されます。

しかし、実際に154万円の経費を使っている年収500万円の会社員がいるでしょうか?

会社員なら通常、通勤費すら会社が支払っています。

ほとんどの場合、使ってもいない経費が収入から控除されているはずです。

法人化して自分に給与を払う

個人事業主の経費は会社員の給与所得控除と違い、実際に使った金額しか計上できません。

これに納得できなれれば、個人法人を設立してそこから給料をもらう形にすれば給与所得控除は受けられます。

しかし、会社には法人税や税理士報酬などの安くない維持費がかかるため、どこで法人化するか悩むことになると思います。

スポンサーリンク
マネー
備忘録